花嫁のジンクス

花嫁の幸せにまつわる、素敵な言い伝えや由来をご紹介します。幸せが永遠に続くことを願って古くから伝わってきた、ジンクスやおまじないを取り入れてみましょう。

結婚指輪はいつ買う?いつ着ける?購入から着用までのベストタイミングをご紹介!

結婚には、結婚式や入籍をはじめ様々なイベントが絡んでくるため、余裕を持ったスケジュールを組むことが大切です。今回は、結婚指輪を買うと決めてから納品までのスケジュール、結婚指輪の費用相場、指輪を着けるタイミングをご紹介します。結婚指輪の購入を考えている方は、この記事を参考に結婚までの余裕を持ったスケジュール、資金繰りを計画立てるようにしましょう。

結婚指輪はいつ買う?いつ着ける?購入から着用までのベストタイミングをご紹介!

結婚指輪を買いたい!いつまでに買えばいいの?

ある結婚情報サイトの調査によると、結婚指輪を買う時期の平均は結婚式の約6カ月前までという結果になりました。両家の顔合わせの際に披露したいと、婚約指輪と同時に購入するカップルや、結婚式前の前撮りの際に結婚指輪と一緒に写真に写りたいというカップルが多いようです。いずれにしろ、結婚式の直前は準備や準備で忙しくなるので早めに準備しておきたいものですね。

ハナユメ結婚式準備ガイド調べ

納品までにどれぐらい時間がかかるの?納品までのスケジュールは?

納品までにどれぐらい時間がかかるの?納品までのスケジュールは?

結婚指輪を初めて買う人にとっては、注文してから納品までどれぐらい時間がかかるのか予想がつかない方も多いと思います。そこで以下で、注文から納品までのスケジュールを既製品の場合、オーダーの場合の両方ご紹介します。

既製品の場合

既製品の場合は、極論当日持って帰ることが可能です。ただし、裏面に刻印を入れたい場合は2週間程度かかる場合もあります。購入までのスケジュールとしては、まず二人の好みを話し合い、指輪の情報サイトや雑誌などを見ながら指輪の購入先を決めます。付け心地やデザイン、実用性、何を重視するか、また大事な予算も話し合っておきましょう。欲しい指輪が決まったら、早速来店予約をし、指輪を見に行きましょう。

購入する指輪が決まったら、もし刻印したい数字や文字があれば刻印します。結婚記念日や、二人のイニシャルを入れる場合が多いようです。前述したように、刻印をする場合は納品までに時間が掛かる場合があるので、納品予定日をしっかり確認しておくようにしましょう。そして支払いをして、納品という流れになります。ダイヤモンド付きの指輪の場合は、店舗によっては保証書、鑑定書も付けてくれます。保証書はサイズを直したり壊れたときの修理を行ったりする際に必要になりますので無くさないように保管しておきましょう。またサイズ直しは購入から何ヵ月以内まで有効というような利用期限がある場合もありますので確認しましょう。また全国展開している店舗の場合は、どこの店舗でアフターサービスが受け付けてもらえるのかを聞いておくことも大切です。

I-PRIMOでは、どうしてもご来店が難しいお客様のために、オンラインショップでも実店舗と同じ品質の商品を販売しておりますのでご安心ください。

オーダーメイドの場合

オーダーにはセミオーダーとフルオーダーがあります。セミオーダーの場合は1~3ヶ月程度、オーダーの場合は3~6ヶ月程度時間がかかります。オーダーする店舗が決まったら来店予約をして来店し、素材、デザイン、刻印などをデザイナーと相談して決定します。作る指輪が決まり、見積もりに納得できたら正式に注文、支払いをします。その後、期間を置いて再度来店し、実際作ってもらっている指輪を見たり試着したりしてサイズやデザインを確認します。オーダーメイドだからこそ、自分の指のサイズに細かく合わせてもらうことも可能なため、妥協せずに要望するようにしましょう。

結婚指輪の費用相場は?

結婚指輪の平均予算は二人分で25.4万円だそうです。
詳しく見ていくと「20~25万円未満」が29%、「25~30万円未満」と「30~35万円未満」が13%、「10~15万円未満」と「15~20万円未満」が12%という結果になりました。
男女別の平均を見ていくと、は女性用が13.7万円、男性用が11.6万円という結果になりました。

ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ

結婚指輪を着けるタイミングは?

結婚指輪を着けるタイミングは?

婚約指輪はプロポーズ後に着け始めるのでタイミングが分かりやすいですが、結婚指輪はどのタイミングで着けるのが正解なのでしょう。以下で結婚指輪を着けるタイミングについて、いくつか例をご紹介します。着け始める時期を迷っている方は参考にしてみてくださいね。

挙式で指輪交換をした後

まず多いのが、挙式で指輪交換をしたタイミングです。参列者に指輪を初めて披露するタイミングでもありますので、この日を選ぶカップルも多いようです。

入籍日

入籍は法律的にも正式に夫婦と認められる日で、夫婦としての二人の門出でもありますので、この日を選ぶカップルも多いようです。

指輪を購入した日

指輪を購入した日に早速着け始めるというカップルも多いようです。

そのほかイベントに合わせて

そのほか、大事な人に結婚報告するタイミングだったり、誕生日、結納の日、家族顔合わせの日などのイベントに合わせるカップルもいるようです。結婚指輪を着けるタイミングに特に正解はありませんので、二人で相談して最適な日を決めていきましょう。

まとめ

結婚指輪の購入を決めてから納品までの期間は、既製品かオーダーメイドかによっても変わっていきます。結婚式や、入籍、結納、その他結婚までやらなければいけないこととの兼ね合いを考えながら、余裕をもって予定を立てていくようにしましょう。また、結婚指輪の資金繰りのスケジュールもしっかりと考えていきましょう。結婚指輪を着けるタイミングに正解は特になく、結婚式の有無、そのほかイベントとの兼ね合いで自分達が都合のいいタイミングで決定していけばいいでしょう。今回の記事を参考に、指輪を着けるタイミングはいつにするか、二人で相談してみてくださいね。