気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

プロポーズ前に知っておきたい「婚約指輪」と「結婚指輪」のこと

彼女へのプロポーズを考えている男性にとって、意外とわからないことが多いのが指輪のこと。結婚時に購入することになる「婚約指輪」と「結婚指輪」について、意味合いや選ばれる素材・デザインの違いなどをご紹介します。

付き合っている彼女にそろそろプロポーズしようかなと考える男性にとって、意外とわからないことが多いのが指輪についてではないでしょうか。「サプライズで指輪を用意しておく方がいいのかな?」・「どんな指輪を選んだらいいんだろう」・「ほんとに給料の3ヵ月分が相場なの?」などなど、いろいろと知りたいことが出てくるものですよね。そもそもその前提となる、「婚約指輪」と「結婚指輪」の違いについても、実はよくわからないという方もいるかもしれませんね。そんな疑問にお答えします!
01

【婚約の記念に男性から女性へ贈る「婚約指輪」】
「婚約指輪」というのは、婚約の記念として男性から女性へ贈る指輪のこと。エンゲージリングとも呼ばれます。婚約指輪には宝石のついた指輪を贈るのが一般的で、近年ではダイヤモンドの指輪が定番とされています。女性の誕生石の指輪を選ぶ方もいます。有名な「給料の3ヵ月分」というフレーズは、婚約指輪の価格のことを言ったものですが、実はこれはアメリカの宝石会社の広告に用いられた言葉が日本でも広まっただけ。この相場に特に根拠があるわけではなく、こだわる必要はありません。婚約指輪と聞いて真っ先に思い浮かべるシンプルなものから、ちょっとしたお出かけの際に身につけるような華やかなものまで、様々なデザインがあります。最近では、婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけるのも人気です。婚約指輪は「あらかじめ用意しておいてプロポーズの時に差し出すもの」というイメージがあるかもしれませんが、最近ではプロポーズが成功してから二人で選ぶケースも増えています。女性の方が指輪のデザインなどにこだわりがあることが多いので、二人で相談しながらゆっくりと選ぶのも良いかもしれませんね。
婚約の記念に男性から女性へ贈る「婚約指輪」

【永遠の愛を誓って二人で身につける「結婚指輪」】
男性から女性へ贈る婚約指輪に対して、結婚式での誓いの際にお互いに贈り合うのが「結婚指輪」です。マリッジリングとも呼ばれます。結婚指輪は、男女ともに既婚者である証として左手の薬指に日常的に身につけるものになります。このため、シンプルで普段使いしやすいデザインの指輪が好まれます。素材はプラチナや金が一般的です。結婚指輪には内側にお互いのイニシャルや短いメッセージなど、刻印を入れるカップルが多いです。この場合、納品まで1~2ヵ月かかることもあります。結婚式で結婚指輪の交換を予定しているなら早めに手配しておきたいですね。
永遠の愛を誓って二人で身につける「結婚指輪」

婚約指輪と結婚指輪、それぞれに意味があって選ばれる指輪のデザインなども違いがあることをおわかりいただけたでしょうか。彼女とお二人でよく相談して、お互いに納得出来る素敵な婚約指輪と結婚指輪を見つけてくださいね。