気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

彼に「婚約指輪が欲しい」と伝えるテクニック

男性から女性へ贈る婚約指輪。「欲しいけど、彼はあまり買うつもりがないみたい……?」そんな時に、あなたの気持ちを彼に伝える方法をお伝えします。 婚約の証に、男性から女性へ贈る「婚約指輪」。普段使いしやすい結婚指輪と違って、華やかなデザインを選ぶことの多い婚約指輪は、考えようによってはちょっと贅沢品かもしれません。でも、子どもの頃から、婚約指輪をもらうことに憧れていたという女性は多いのではないでしょうか。たとえ高価なものでなくても、プロポーズされた記念に指輪が欲しいと思うのは自然な気持ちですよね。 「婚約したのだから婚約指輪を贈るのが当然」と思ってくれる彼なら安心ですが、無関心だったり、必要ないと思っていそうだったりする場合には、「婚約指輪が欲しい」というあなたの気持ちを伝える必要があるかも。そんな気持ちを彼に伝えるための方法を考えてみましょう。

「婚約したのだから婚約指輪を贈るのが当然」と思ってくれる彼なら安心ですが、無関心だったり、必要ないと思っていそうだったりする場合には、「婚約指輪が欲しい」というあなたの気持ちを伝える必要があるかも。そんな気持ちを彼に伝えるための方法を考えてみましょう。
彼に「婚約指輪が欲しい」と伝えるテクニック

【ストレートに伝える】
まずは、あなたの気持ちをストレートに彼に伝えるという方法。シンプルだけど実はこれが一番かもしれません。彼の貯金のことなどを考えてなかなか欲しいと言い出せなかったり、「婚約指輪はなくてもいいよ」と辞退してしまったりする女性は多いもの。でも、あとになって「やっぱり欲しかったな……」と後悔するのは避けたいですよね。あなたが心から欲しいと思っていることがわかれば、彼も意外とすんなりと買ってくれるかもしれませんよ。

【さりげなくアピール】
そもそも婚約指輪と結婚指輪の違いもあまりわかっていなそうな彼の場合、ストレートに「婚約指輪が欲しいな」と伝えたとしても、「えっ、結婚指輪のほかに婚約指輪もいるの? 2つも必要なくない?」と言われてしまうかも。別にお金が惜しくて言っているのではなくて、自然にそう思っているのだとしたらその考えを改めてもらうのが先決です。そんな展開が予想される場合は、下準備として、「婚約したら男性から女性へ婚約指輪を贈るのが一般的」・「世の中の女性は、婚約指輪を欲しいと思っているもの」・ということを知ってもらうように仕向けましょう。結婚雑誌の特集記事や、ウェブのアンケート記事などをさりげなく彼の目に留まるようにしてみるのがおすすめ。
それをふと目にした彼から、「やっぱり婚約指輪って欲しいものなの?」と聞かれたらしめたもの。そこであなたの素直な気持ちを伝えましょう。

さりげなくアピール

【さりげなくジュエリーショップに連れていく】
彼に指輪の購入をイメージしてもらうためには、実際にジュエリーショップに行って実物を見てもらうのもひとつの手です。ストレートに「ジュエリーショップに行こう」と伝えると構えてしまうかもしれないので、デートの途中にさりげなく寄ってみましょう。

デートで駅から目的地に向かう途中や、他愛のない会話を交わしながら街中を歩いている時に、ふと立ち寄ってみるのがおすすめです。何ということはない日常のなかでジュエリーショップなどに訪れることで、女性の気持ちや「結婚したい」という男性自身の想いに自然と気づき、彼が「指輪を買ってあげよう」と決意するきっかけになるかもしれません。

「どうしても彼に感づかれたくない」という場合は、友達を巻き込んで行くのも良いでしょう。「友達の結婚指輪を一緒に選ぶ」という流れであれば、不自然でない上に「結婚」を意識させる大きなきっかけにもなります。彼を置いて、つい女友達同士でジュエリー選びに夢中になってしまっても大丈夫です。目を輝かせてジュエリー選びに夢中になっているあなたの姿を見て、彼も指輪の購入を決意するのではないでしょうか。

ジュエリーショップに行ったあとの流れ
ジュエリーショップに行くことに成功したら、実際の値段やデザインを見て、指輪の購入をイメージしてもらいましょう。「婚約指輪が欲しい」という想いがしっかりと伝われば、その場で買ってもらえる可能性もあります。

【婚約指輪の必要性を伝える】
婚約指輪の必要性を伝える
結婚指輪に比べて、婚約指輪の重要性は男性には伝わりにくいようです。もし彼が婚約指輪を買う気がないように見えるのであれば、単純に婚約指輪のことをよく知らないからかもしれません。

婚約指輪はそもそも、婚約の証として男性から女性に贈るものです。男性自身にも関わりのある結婚指輪と異なり、意識しにくいのも当然と言えるかもしれません。

婚約指輪は「絶対に必要なもの」だとは言い切れませんが、歴史においては結婚指輪と同じくらい古くまでさかのぼります。婚約指輪は、古代ローマ頃に「男性が女性を妻にした証」として使われたのが始まりと言われています。世界中で根付いている習慣のひとつでもありますし、多くの女性にとっては現代でも憧れの記念品です。ですが、婚約指輪の歴史について詳しく知っている男性は多くはないでしょう。男性と女性とでは重きを置いている部分が異なるということも、女性は知っておかなければなりません。

その上で、婚約指輪がどのような意味を持つのか、二人の結婚にとってどれほど大切なのかを、きちんと伝えることが大切です。女性にとっては憧れである婚約指輪ですから、「男性からもらいたい」という気持ちがはやることもあるでしょう。ですが、どうしても彼から贈られたいのであれば、彼自身が婚約指輪について現実的に考え、婚約指輪の必要性や必要な理由について把握できるように手助けしてあげましょう。

まずは、「女性が婚約指輪を着ける」ことには、「婚約していると周囲に知らせる意味」があることを男性に伝えましょう。お互いの同意の上婚約が決まるのは喜ばしいことですが、周囲にあえて自ら伝える機会は少ないという方も多いかもしれません。婚約指輪を着けることで、周囲の人が気づいて婚約の話題を振ってくれることもあるでしょう。

「婚約指輪は結納の場に必要となる」ということを伝えてみるのもおすすめです。一般的に結納は結婚式の前に行われます。対して結婚指輪は、結婚式の最中になって初めてお互いに着ける人が大半です。つまり婚約指輪を用意しておかないと、指輪がない状態で結納を行うことになります。婚約指輪は結納に必ずしも必要ではありませんが、しきたりによっては婚約指輪も結納品のひとつとされます。そのため、「結納の時には用意しておくもの」と認識している親御さんも少なくありません。

近年では結納を行わないカップルも増えていますが、やはりその場合でも両家顔合わせの際に婚約指輪がないと気にする親御さんもいます。「どうしても婚約指輪が欲しい」という女性は、そうした結納のタイミングや結納品としての婚約指輪の存在をしっかりとアピールしてみましょう。両親の気持ちなどもあわせて伝えておくと、理解してもらいやすいかもしれません。

【「価値あるもの」をおねだり】
「価値あるもの」をおねだり

結婚には何かとお金がかかるし、結婚後の生活のことも考えたら抑えられる出費はできるだけ抑えたいと考えている男性もいると思います。そういう堅実で先のことを考えるところが彼の魅力だとは思いますが、婚約指輪は抑えるべき出費などではない!ということをわかってもらいたいですよね。こうした男性は、本当に価値のあるものにお金を使いたいと考える人が多いです。

婚約指輪についても、あえて手間のかかった高級感のあるものを選んで「一生使うものだし、こういう良いのが欲しいな」と伝えてみるのが良いかもしれません。その価値を彼がわかってくれれば買ってもらえるかも。婚約の証に質の良いものを贈るという意味では、あなたから彼へ何か婚約の記念品を先に贈ってしまうのも手かもしれませんね。

婚約指輪

カップルによっては、「婚約指輪はなし」という選択をする場合もあると思います。二人で納得してそう決めたのなら良いですが、「本当は欲しかったのに……」という気持ちをひきずることになるのはできれば避けたいものです。あなたの気持ちを上手に伝えて、二人でよく考えて決めてくださいね。