気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

プロポーズなしで結婚すると離婚率が上がるってホント?

なんとなく流れで結婚話を進めようとしているならちょっと待って。結婚前にきちんとプロポーズすることは実はとっても大切なんです! プロポーズと離婚率の関係や、その理由についてご紹介します。

付き合いが長く、お互いに気心が知れたカップルの場合、「この人と結婚するんだな」という意思もなんとなく通じ合っていることもあるものです。そんな場合、改めて大げさにプロポーズするのはちょっと気恥ずかしく感じたり、面倒に感じたりするという男性もいるかもしれませんね。だけど、ちゃんとしたプロポーズなしで結婚準備を始めようとしているなら、ちょっと考え直す必要があるかも!プロポーズなしで結婚したカップルは、ちゃんとプロポーズして結婚したカップルに比べて離婚率が高くなると言われているんですよ。
18

【プロポーズがなかったカップルは離婚しやすい!?】
結婚前のきっかけとして、時と場所を選び、改めてどちらかが相手へ結婚の意思を伝える「プロポーズ」。リクルートブライダル総研が2015年に行った調査によると、結婚前にプロポーズがあったと回答した人は、既婚者では7割を超えるのに対して、離婚経験のある独身者では56.4%程度と低くなっていることがわかります。つまり、プロポーズがあったカップルに比べて、プロポーズなしだったカップルは離婚率が高いというわけです。また、プロポーズ以外にも、離婚者は「婚約指輪の購入」「挙式」「結納」といった結婚にまつわるセレモニー要素を省略した割合が、既婚者に比べて低いことがわかっています。

【プロポーズは結婚の意思を固める大切なきっかけ】
離婚する事情は、カップルによってさまざまです。結婚前にプロポーズがなかったことが直接、離婚の原因になるというわけではないでしょう。ではなぜ、プロポーズがなかったカップルの離婚率が高くなってしまうのでしょうか。その理由として、プロポーズを省略することで、結婚に対する強い意思を確認するきっかけを得られないままに結婚してしまうということが考えられます。一世一代のプロポーズを決行しようと考えるにいたるには、「本当にこの人と一生一緒にいたいと思えるだろうか?」「自分はこの人を幸せにできるのだろうか」などと言った不安や迷いと向き合って、しっかりと心を決める必要があります。このステップを省いてしまうと、相手とずっと一緒に生きていくのだという気持ちが曖昧なまま結婚することになってしまうことになりかねないのです。
19

【結婚後の満足度にも関わる!】
女性には、プロポーズされることに幼い頃から憧れを持っていたという人も少なくありません。「ちゃんとしたプロポーズなしで結婚したけど、やはり心残りに感じている」という女性の声はとても多く聞かれます。一方で、勇気を出してしっかりとプロポーズしてもらった女性は、その幸せな記憶を思い出すことで、結婚生活でどうしても生じる相手へのちょっとした不満などもやり過ごすことができるとも言われます。きちんとプロポーズしておくことは、結婚後の生活を円満にやっていくことにつながると言えるかもしれせんね。

プロポーズの重要さ、おわかりいただけたでしょうか。もしも、なんとなく流れで結婚しようとしているなら、今からでも改めてきちんとしたプロポーズをすることをおすすめします。素敵なプロポーズで、彼女を喜ばせてあげてくださいね。