気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

彼女のタイプ別! おすすめプロポーズの言葉

プロポーズするタイミングやシチュエーション、演出などと合わせて、忘れずに考えておきたいのが「プロポーズの言葉」です。プロポーズする時はどんな言葉で気持ちを伝えるのが良いのでしょうか。彼女のタイプ別におすすめの言葉をご紹介します。

この人と結婚しよう! と心を決めたら、どんな風にプロポーズするのが良いかいろいろと考えますよね。プロポーズするタイミングやシチュエーション、演出ももちろん大切ですが、忘れずに考えておきたいのが「プロポーズの言葉」です。どんな言葉で想いを伝えるのかはとても重要。「どんな言葉でプロポーズされたの?」というのは、のちのち話題に上ることも多いものです。あなたの気持ちがしっかりと伝わるプロポーズの言葉を考えてみましょう!
20

【プロポーズの言葉を考える時のポイント】
どんな言葉でプロポーズするのが良いのかは、二人の関係や性格などによって変わって来ます。今の素直な気持ちをあなたらしい言葉で伝えるのがもちろん良いのですが、気をつけたいポイントとして「プロポーズであることがはっきりとわかる言葉を選ぶ」のが大切です。「ずっと一緒にいたいな」「毎朝ごはんを作ってほしい」などの言葉は、たとえ結婚したいという想いを込めて言ったとしても、それだけではプロポーズの言葉だと思ってもらえない可能性があります。演出でプロポーズだと伝えるのも良いですが、できれば言葉でもプロポーズだということをしっかりと伝えたいですね。

【彼女のタイプ別! おすすめプロポーズの言葉】
では、具体的にどんな言葉でプロポーズするのが良いのか、彼女のタイプ別におすすめの言葉をご紹介します。
・年上の彼女へ
僕があなたをずっと支えていきます」彼女が年上の場合、普段はあなたが甘えるような場面も多いかもしれません。だけど、プロポーズの場面ぐらいは男らしいところをアピールしましょう。頼りになるところを見せて彼女を安心させてあげてくださいね。

・年下の彼女へ
一生幸せにします。僕についてきてください」年下の彼女には、この先もずっとさまざまな面でリードし、守っていきたいという気持ちを伝えるのが良いですね。この人となら一生幸せになれそう!と思わせる言葉を選びましょう。

・付き合いの長い彼女へ
出会えて本当に良かった。これから先もずっと一緒にいよう」付き合いが長くなればなるほど、二人で過ごした思い出の数はたくさんあるはず。プロポーズの時には、そんなこれまでの日々への感謝の気持ちと、この先も二人でいろいろないろいろな思い出を作っていきたいという気持ちを伝えるのが素敵です。

・同棲中の彼女へ
結婚しよう!」結婚前に同棲していると、はっきりとしたプロポーズの言葉を伝えるきっかけがないままになることも多いものです。でも、二人の未来を考えるのなら、改めてプロポーズするのが大切です。ここはストレートに「結婚しよう」と伝えたいですね。
以上、彼女のタイプ別におすすめのプロポーズの言葉をご紹介しました。参考にして、自分たちにぴったりな素敵なプロポーズの言葉を考えてみてくださいね。
21