気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

0.7カラットは大きすぎ? 大きいダイヤのメリット・デメリット

婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)を購入する際、ダイヤモンドのサイズ感というのはかなり重要になってくるポイント。「可能なら、できるだけ大きなダイヤモンドが欲しい」という女性も少なくないと思いますが、大きいダイヤモンドの指輪にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

■カラット数の高いダイヤは、それだけで価値が高い!
ダイヤモンドの価値を決める基準には、「カラット」「カラー」「クラリティ」「カット」という4つの基準があります。中でもカラット数は価格や見た目に直結するため、購入の際、まずはカラット数を決めてからデザインを選ぶ…という方も少なくありません。

最新の「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によれば、婚約指輪で選んだダイヤのカラット(ct)数は、「0.2ct〜0.3ct未満」が39%と最も多く、次いで「0.3ct〜0.4ct未満」が27%。それより大きめの「0.4〜0.6ct」の層は約15%となっており、「0.7ct以上〜」を選んでいる人は全体の4.7%とかなり少数になります。

他の人があまり持っていない、特別な大きさのダイヤのリングが欲しいという方は、0.7ct以上にすると間違いはないでしょう。

カラット数と値段は概ね比例しており、目安としては、0.1ct大きくなるごとに、約10〜20万円ほど価格も上がる、と考えるとよいでしょう(1ct未満の場合)。0.2ctが10〜20万円、0.3ct〜が約30万円、0.5ct〜が約50万円。その上のクラスになると、0.7ct〜で約80万円、1ct〜で約100万円となっていきます。このあたりのクラスになると宝石としての価値がかなり高まるため、わずかなカラット数の差でも価格に現れてきます。

■年令を重ねた指にも似合うため、大人の女性にも人気
0.7ct以上のダイヤモンドの魅力は、何と言ってもその存在感。「大きなダイヤモンドだな」と一目見ただけでも分かるため、着ける本人の満足感が高いだけでなく、周囲にも「素敵なリングをパートナーにもらったのだな」と認識されやすく、婚約や結婚の喜びをいっそう実感できる機会が多くなります。

また、大きめのダイヤは大人の女性に選ばれている傾向もあります。上記調査で最も選ばれているカラット数を女性の年齢別で見ると、24歳以下と25歳~29歳未満では「0.2ct~0.3ct未満」、30歳~34歳では「0.3ct~0.4ct未満」、35歳以上では「0.4ct〜0.5ct未満」が最多となっており、年齢とカラット数が比例している状況です。実際に0.7ct以上のダイヤモンドを選んだ割合で見ても、やはり35歳以上が全世代のなかで9.1%と最多となっています。

年齢を重ねると経済的に余裕が出てくる傾向も関係しているのでしょうが、大ぶりの宝石は年齢を重ねた指にとても似合う、という点も見逃せません。ダイヤモンドに限りませんが、若いときには少し華美に思えてしまうような大きな宝石でも、加齢による肌の質感や肌色、髪色の変化などにより逆にしっくりと似合うようになる、ということが知られています。

そういった意味では、「指輪や宝石を、一生長く大切に使っていきたい」という場合には少し大きめのダイヤモンドを選んでおくのもおすすめです。0.7ct以上のダイヤとなると価値も高いため、娘や孫世代に引き継いだり、リフォームしてデザインを変えたりしながら末長く愛用されていく方も少なくないようです。

■7ct以上を購入する場合のデメリットや注意点は?
ただ一方で、大きなダイヤは「日常使いしにくい」というデメリットもあります。デザインにも寄りますが、一般的には大きなダイヤのリングは高さが出るので、引っかかったりぶつけたりするリスクが増えますし、カジュアルなファッションの際に浮いてしまう可能性も。輝きも強いので、「ビジネスシーンで着けにくい」と感じる人もいるようです。そのあたりが気になる方は、ワンランク下の0.5ctあたりを検討する、あるいは大きなダイヤは婚約指輪のみで採用する、といった棲み分けをするのも一案です。

また、「大きいダイヤが欲しいけれど、できるだけ価格は抑えたい」という場合、カラーやクラリティ、カットなど他の基準(グレード)が少し低めのものを探すと見つかりやすくなります。一方、「大きさだけでなく、透明さや輝き、カットの美しさにもこだわりたい」という方は、他のグレードも高いダイヤを選んでおくと、大きさも質もしっかりと満足のいくダイヤを手にすることができるかと思います。

0.7ct以上となると、資産としての価値も上がってきますので、4Cすべての基準について購入前に一度は確認しておき、宝石鑑定書がついているダイヤモンドを購入されることを強く推奨します。0.7ct以上のダイヤモンドを検討されている方は、ぜひご参考くださいね。