気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

結婚式におすすめの時期は?

プロポーズが成功したら、次に考えるのは入籍と結婚式の時期ですよね。特に結婚式は早めに日程を決めて、準備にとりかかることが必要です。どの季節を選ぶか次第で、式の雰囲気やスタイルにも影響がありますし、費用感もかなり変わってきます。今回は、結婚式におすすめの時期についてご紹介します。


■結婚式に人気のシーズンは? 費用感や季節の影響を考えよう
結婚式に人気のシーズンは、参列者が爽やかに、快適に過ごしやすい春や秋。屋外での式や演出を思い描いているのであれば、これらの快適な季節を選んだほうが間違いはないでしょう。一方、寒さや暑さの厳しいシーズンは予約がしやすく、式場代を抑えられるというメリットがあります。費用のメリットを優先してオフシーズンを狙うのもひとつです。年間を通してのメリット・デメリットをご紹介していきます。

【3月〜5月】
温かくなってくるこの時期は、結婚式でも人気のシーズン。3月末〜4月初旬は年度の変わり目で多忙な時期のため、会社勤めの人は避ける傾向もありますが、4月後半からGWにかけては連休も多いので休暇も繋げやすく、ハネムーンなども合わせたいカップルにとっても人気の高いシーズンです。その分、費用感は一年のなかでもかなり高めのシーズンとなります。

【6月】
「ジューンブライド」を叶えたいという人にとっては、外せないのが6月。ただ、日本では梅雨シーズンのため避けたいという人も。春や秋ほどではないものの、一定の人気はある月となります。

【7月〜9月前半】
真夏のこの時期は、費用を抑えたい方には魅力のシーズン。ガーデンウェディングなど長時間、直射日光のもとで行うような式スタイルには向きませんが、お盆休暇や夏季休暇を利用できるメリットもあるので、長期日数が必要な海外でのリゾートウェディングなども叶えやすい季節。考えようによっては式を行いやすいシーズンとも言えるでしょう。

また近年は、涼しくなってからの時間帯で「ナイトウェディング」プランも打ち出している会場も増えています。夜は装花が少なくて済むので、さらに全体の費用を抑えられる可能性もあり、魅力を感じる方は検討してみてはいかがでしょうか。

【9月後半〜11月】
晴れの日が多く、最も過ごしやすい秋は国内挙式のハイシーズン。晴天下でガーデンウェディングを行いたい場合や、紅葉した日本庭園が美しい会場などの場合、費用が高くても選ぶ意味のあるシーズンです。人気の会場は1年以上前から埋まっていることもあるので、希望会場がある方は早めの予約が肝心です。

【12月〜2月】
寒さも本格的になり、年末年始もかぶるこの時期になってくると、同じ会場でも割安になるところが多く、費用が抑えられるシーズンです。長期休暇をかぶせやすいメリットもあるので、クリスマスウェディングや身内だけの式を行いたい場合は、あえてこうしたシーズンを狙ってみるのもひとつ。ただし、屋外の演出は難しく、地域によっては雪天候の影響を受けてしまう可能性もあるので、参列者の交通手段には十分な配慮をしておきましょう。

■直前や仏滅の日はお得!?
季節だけでなく、カレンダーでよく見る「六曜」も価格感に影響します。一番人気はやはり古くから縁起がいいとされる「大安」。本人たちは気にしていなくても、家族や親戚の意見でどうしてもこの日に、というケースも少なくありません。その分、縁起があまりよくないとされる「仏滅」や「赤口」は割引やおトクなサービスを受けられる会場も。本人たちも家族も異論がなければ、あえてこうした日を狙ってみるのもひとつです。

長い準備期間は不要というカップルの場合、あえて3ヶ月前くらいに申し込んでみるのも一案です。結婚式の予定は変更も出やすく、キャンセル日はほぼ確実に出てきます。会場側としてはできるだけ空きを出したくないので、急な空き日を狙えば、かなり費用を抑えられるケースも。短期間で準備をする慌ただしさはあると思いますが、3ヶ月もあれば準備は可能なので、参列者がそう多くない場合や費用を抑えたい場合は、直前予約を試してみるのもひとつです。

■平日に行うのも費用的には狙い目!
土日開催が多い結婚式。参列者の都合を考えると、やはり土日がベストでしょうが、費用感は曜日によっても変わってきます。家族や近しい友人だけで行う場合は、費用を抑えるために平日を選ぶのもひとつですが、仕事を休んできてもらう場合には、とにかく丁寧にお願いを。できれば休日前後の平日を選んだほうが、参列者の負担は少ないでしょう。

同じ会場・プランでも、シーズンや申込み時期によっては100万円単位で費用が変わってくることも珍しくありません。それぞれのシーズンのメリット・デメリットを考慮しながら、二人や両家族にとってベストなシーズンを選んでくださいね。