気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

指にぴったりくる指輪は何号?指輪の号数について

婚約指輪や結婚指輪を購入しようと思った時に、意外と把握していなくて戸惑うのが「指輪のサイズ」ではないでしょうか。お店にわざわざサイズを測りに出向くのが面倒なこともあると思います。そこで今回は、自宅ですぐに指輪のサイズを判断する方法をご紹介します。

指にぴったりくる指輪は何号?指輪の号数について

指の円周で何号かすぐわかる!指輪サイズの一見表

指の円周で何号かすぐわかる!指輪サイズの一見表

指輪のサイズは号数で表記されることが多いため、指のサイズを測ってもそのサイズの結婚指輪・婚約指輪を選べばいいのか、わからない方も多いでしょう。
そこでここでは、指の円周で何号かすぐにわかるように指輪のサイズをご紹介します。

【指の円周でわかる指輪の号数】

サイズ 円周
6号 46.1mm
7号 47.1mm
8号 48.2mm
9号 49.2mm
10号 50.3mm
11号 51.3mm
12号 52.4mm
13号 53.4mm
14号 54.5mm
15号 55.5mm
16号 56.6mm
17号 57.6mm

とくに女性は細い指の方も多いため、事前に調べておき、サイズが合わないといったトラブルが発生しないように注意しましょう。

海外は指輪の号の表記が違うので海外で購入の際は要注意!

海外は指輪の号の表記が違うので海外で購入の際は要注意!

日本の指輪の場合は、号表記であるため、上記の円周と号の関係性を見れば、指輪のサイズを把握することができます。しかし、海外の場合は、指輪のサイズ表記が異なるため、海外で結婚指輪や婚約指輪を購入する場合は、注意が必要です。

海外ではどのような表記になっているのか、アメリカとイギリスの表記の違いについてご紹介するので、参考にしてみてください。

【海外の指輪のサイズ表記】

【日本(号)】 【アメリカ】 【イギリス】
6号 3.5-4 G-H
7号 4-4.5 H-I
8号 4.5-5 I-J
9号 5 J
10号 5.5 K
11号 6 L
12号 6.5 L-M
13号 6.5-7 M-N
14号 7-7.5 N-O
15号 7.5-8 O-P
16号 8 P
17号 8.5 Q

このように、海外では国によって指輪のサイズ表記が異なります。海外産の指輪の場合は表記が国によって違うので、サイズ表記の違いをしっかり認識して、間違えないように注意しましょう。

家にあるもので簡単に指輪の号数を測る方法

結婚指輪や婚約指輪を購入するためには、指のサイズを事前に把握しておくことが大切です。ここでは、家にあるもので簡単に指輪の号数を測る方法をご紹介します。ぜひサイズチェックの参考にしてみてください。

【用意するもの】
・伸縮性の低いヒモ
・適当な幅で切った長い紙
・簡易測定キットのいずれか
・マーカー用のボールペン、または細いマジック
・計測用のものさし

【指のサイズの測り方】
① 測定したい指にヒモ、または紙を巻き付ける
測定したい指の最も太い部分(第2関節辺り)に用意したヒモ、または紙を巻きつけます。
この時のフィット感が指輪をつけた時の感覚に近いです。 指を曲げるなどしてキツくないかを確認し、巻き付け具合を調節しましょう。

無理に巻き付けてしまったり寝ている女性を起こさないように測ろうとして緩めて測ったりしてしまうと、正しい指のサイズを測定することができない可能性もありますので、適度な力加減が重要です。

② 1周巻き付けて重なった部分にペンで目印を付ける
1周紙やペンを巻きつけて重なった部分にペンで目印をつけます。
巻き付けた後にペンで印をつける際に、片方の手で目印をつけるため、巻き付けているヒモや紙が緩んでしまい、微妙に目印がズレてしまうことがあると思います。
目印の箇所を間違えてしまうと正しい指輪のサイズを測ることができないので、片方の手で巻きつけたヒモや紙をしっかり押さえるようにしましょう。

③ものさしを使って長さを測ります。
ものさしを使って目印を付けた2点間の長さを測ります。
2点間の長さが円周の長さとなるので、測り間違いがないか、慎重に確認していきましょう。

④上記に記載したサイズ一見表を参考にサイズを把握する
上記に記載したサイズ一見表から、円周と指輪の号数を確認し、結婚指輪・婚約指輪のサイズがどれになるのか参考にしてみてください。

指輪のサイズを測る時にはむくみに注意

結婚指輪や婚約指輪を購入する上で、指輪のサイズを測ることは重要です。しかし、人間の指はむくみが生じやすい箇所であるため、正確には測れない可能性があります。

ここではむくみの原因やそれによるサイズの変化、またむくみの発生しずらい時間帯をご紹介します。

・むくみの原因
むくみはリンパの流れが滞り、不要な水分や老廃物が蓄積されることで生じます。特に手などは、心臓から遠い場所であることから、むくみが発生しやすいため、指輪のサイズを測定する際には、むくみが発生していないかを確認することが大切です。
塩分の摂りすぎや水分の摂りすぎでむくみが発生する可能性が高く、お酒を飲んだ後などは、むくみやすい環境にあるため、指輪のサイズを測定するタイミングとしては適していません。
むくみが発生する可能性が低いタイミングで、指輪のサイズを測るようにしましょう。

・むくみよる指輪のサイズの変化
人間の体は水分が多く含まれていることから、むくみが生じると、大きく指のサイズが変化する方もいます。むくみやすい人では、0.5号~1号は変化する可能性があるので、測定するタイミングを間違えないようにしましょう。

・指輪のサイズを測る時間帯
指輪のサイズを測るためには、一番むくみが発生しにくいと言われる時間帯に測るのがおすすめです。一般的には、「10時~16時」の間が一番むくみが発生しにくいと言われているので、その時間帯に指のサイズを測定すれば、それほど指のサイズが変化することはないでしょう。

慎重に指のサイズを測りたいのであれば、むくみが発生している状況と発生していない状況の2度測定すれば、指輪のサイズを決める上で参考にすることができます。

そうはいっても彼女にサプライズをしようと考えている方であれば、10時~16時に測定するのは難しいでしょう。その場合は、彼女の指輪のサイズなどをさりげなく聞いたり、彼女が普段使用しているファッションリングのサイズを調べたりすることで、結婚指輪や婚約指輪のサイズを決めることができます。

まとめ

指輪のサイズ表記は号数となっていることがほとんどであるため、指の円周を測った上で、今回の一見表を確認する必要があります。また国産で購入する場合と、海外で購入する場合とでは、指輪の号表記が異なることから、指輪を選ぶ上ではサイズを間違えないことが大切です。

指輪のサイズを自分で測りたい場合は、測り方を参考に、間違えて測定しないように慎重に測っていきましょう。その際には、むくみにくい時間帯である10時~16時にサイズ測定を行い、間違いのないようにすることが重要です。指輪のサイズは何号なのか、事前にしっかり測定してから、結婚指輪や婚約指輪を購入しましょう。