気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

婚約指輪をいらないという女性の本心は?

婚約指輪は、必ずしも結婚に必要なものではありません。現に、約半数の方が婚約指輪を貰っていないというデータもあります。ただし、「婚約指輪はいらない」という女性の言葉にはさまざまな意図がある場合もあるため、「準備しなくていいかな」と考えるのは早いかもしれません。今回は、女性の本心についてご紹介します。

婚約指輪をいらないという女性の本心は?
約半数の方が婚約指輪を貰っていないということはご存じでしょうか。
「婚約指輪はいらない」という女性が存在するのは確かですが、その言葉の裏にはさまざまな思いが潜んでいることも少なくありません。「婚約指輪はいらない」という女性の気持ちを深く考えず、その言葉を鵜呑みにしてしまうと後悔する可能性があります。そこで今回は、「婚約指輪はいらない」という女性の本心についてご紹介します。

婚約指輪を貰う割合は?

婚約指輪を貰う割合は?

カップルに向けたアンケートでは「約50%の女性が婚約指輪をもらっていない」という調査結果が出ていることをご存じでしょうか。

参考:Hanayume

婚約指輪といえば「プロポーズをするときに男性から女性に贈られるもの」であるという認識がありますが、現実は約半数の方が婚約指輪をもらっていないという状況です。

「できちゃった結婚だったため、きちんとしたプロポーズをしていない」
「婚約指輪を買う金銭的余裕がなかった」
「彼女からいらないといわれた」

上記のように、婚約指輪を贈っていない男性側からはさまざまな意見がありますが、今回注目したいのは「彼女からいらないといわれた」場合です。婚約指輪をいらないといった、女性の本心について詳しくご紹介します。

婚約指輪はいらないという女性の本心は?

単純に考えると「貰って嬉しい」はずの婚約指輪ですが、なぜ「いらない」という女性がいるのでしょうか。ここでは、女性が婚約指輪をいらないという理由についてご紹介します。

彼を気遣っている

アンケートによると、婚約指輪を貰わなかった理由には「金銭的な事情」が深く関係していました。婚約指輪はダイヤモンドをあしらったデザインが多く、金額も30万円程度するものが一般的です。

プロポーズの際に婚約指輪を渡されたのであれば、そのまま喜んで受け取ることができるでしょう。しかし、「婚約指輪はどうする?」などと聞かれてしまうと、彼の経済状況を気遣うあまり「いらない」といってしまう場合もあります。「これから始まる結婚生活のために少しでも節約したい」という堅実的な理由もありますが、女性の中には「本当は欲しいけど遠慮している」というケースも少なくありません。

そこで、「いらない」といった女性の言葉の裏にある本心を見抜くためには、いらないと言われた後の言葉かけが重要です。

「遠慮しなくてもいいんだよ。」
「他に欲しい物があるの?」

このように、相手の気持ちを思いやりつつ本心を探るような声かけをすると、女性の本当の気持ちを引き出しやすくなります。
初めから「女性は遠慮をするものだ」と思って接すると、「婚約指輪はいらない」といわれた後もフォローしやすく、女性の本心を聞き出すことにつながるでしょう。

指輪を着ける習慣が無い

ジュエリーやアクセサリーに目がない女性もいる中で、反対に「指輪は普段着けない」「あまり指輪に興味がない」という女性も存在します。そのような女性からすると、婚約指輪に数十万円も使ってしまうのがもったいなく感じてしまうものです。
また、普段からアクセサリーを身に着ける習慣のない女性は、高価な婚約指輪を無くしてしまうことを懸念して「いらない」と断る場合もあります。

婚約指輪の代わりは?

先ほどもお伝えしたように、女性は男性の経済状況を気にして遠慮してしまう場合もあります。「いらない」と言われてもそれを真に受けてしまうのではなく、婚約指輪の代わりになる贈り物を提案するなどといった配慮を心がければ好感度もアップします。
ここでは、婚約指輪の代わりになる贈り物について、いくつかご紹介します。「婚約指輪は高くて買えない」「彼女が指輪を欲しがらない」という場合は、ぜひ参考にしてみてください。

花束

「婚約指輪にお金を使うのはもったいない」という価値観の女性には、婚約指輪の予算で花束を贈ってみましょう。指輪にあまり興味がない女性でも、目の前に差し出された豪華な花束にはきっと感動してしまうはずです。花束は形に残らないからこそ儚く思い出にも残りやすいため、プロポーズの際に利用するのもひとつの方法です。

アクセサリー

指輪を着けることに抵抗がある女性には、ピアスやネックレスなど、婚約指輪に代わるアクセサリーを贈るのもおすすめです。記念日などの大切な日に贈る「アニバーサリージュエリー」として贈ってみてはいかがでしょうか。
婚約指輪の代わりになるように、ダイヤモンドが使用されたアクセサリーなら申し分ないでしょう。また、ペアで身に着けることができる腕時計なども婚約指輪の代用品として注目を集めています。

結婚指輪の予算へまわす

婚約指輪を贈る代わりに、その金額を結婚指輪のグレードアップに利用してみてはどうでしょうか。
結婚指輪の予算がアップすれば、カラット数の大きなダイヤモンドがついた指輪を購入することも十分に可能です。婚約指輪をやめてグレードの高い結婚指輪を購入するというアイデアは、満足のいく結婚指輪選びにもつながるでしょう。

新婚旅行のために利用する

婚約指輪の代わりに、新婚旅行の旅費として予算を使うカップルもいます。
婚約指輪を貰うことよりも「経験のためにお金を使いたい」と感じる女性も、近年では少なくありません。婚約指輪の平均予算は30〜40万円程度ですが、それくらいの金額になれば海外旅行に行くことも可能です。婚約指輪がいらないと言われた場合、「婚約指輪の代わりに海外旅行へ行こうか?」「新婚旅行先のホテルをアップグレードしてみようか?」など提案してみてはどうでしょうか。

まとめ

まとめ

「婚約指輪はいらない」という女性の言葉に隠された思いをよく考え、後悔しないようにしましょう。また、本当に婚約指輪がいらないと考えている女性には、婚約指輪の代わりになるアニバーサリージュエリーなどを提案するのもいいですし、花束を使用した演出にチャレンジしてみるのも素敵です。

I-PRIMOでは、アニバーサリージュエリーを数多く取り扱っています。華やかなデザインのネックレスやピアスなどを豊富に取り揃えていますので、婚約指輪の代わりに是非贈ってみてください。