気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

余裕を持って費用の準備を!結婚式までの賢い貯金法

結婚式にはたくさんお金がかかります。希望通りの結婚式が行えるよう、余裕をもって費用を準備しておきたいですね。結婚式の費用を計画的に貯めるために、どんなことをしたらいいのかをご紹介します。

どのくらいの規模で結婚式を行うかにもよりますが、結婚式は莫大なお金がかかるものです。ご祝儀である程度まかなえるとはいえ、予算がないとウエディングドレスが着られなかったり、料理のグレードを落とさなければいけなくなったりしてしまいます。素敵な会場で希望の挙式、披露宴が行えるように余裕をもって費用の準備をしておきましょう。
105


【結婚式までにいくら準備するべき?】
結婚式を実際に行った人たちは、いくらくらい結婚式の費用を準備していたのでしょうか?結婚式にかかる平均予算はおよそ400万円。そのうちご祝儀で200万円ほどいただけたとしても、自分たちで200万円は準備しておかなくてはいけません。親からの援助がない場合は、新郎新婦で合わせて300万円ほど結婚式の費用を準備できていれば安心でしょう。


【まずはおおまかな目標金額を決める】
どんな結婚式にするかは、実際に会場の下見に行き始めてから考えると思います。どのくらいの費用が必要かは分からないと思いますので、まずは大体の目標金額を決めましょう。半年で50万円貯める、1年で200万円貯めるなど、目標の金額を決めることでどれくらい節約をしていけばいいかなどが分かってきます。
106


【共通の口座を作って一緒に貯金】
結婚式の費用を確実に貯金するためには、2人で共通の口座を作るといいでしょう。お互いに別々に貯金するのもいいですが、結婚式の費用のための共通の口座を作って目標金額を決めることで、2人の結婚式に対する意識が高まります。結婚式場の下見をしながら「あの会場で結婚式をするなら、あと○○万円は貯めたいよね」など、貯金と結婚式にかかる費用を照らし合わせることもできます。


【家計簿アプリを使って貯金】
便利な家計簿アプリは、レシートを読み込むだけで自動的に家計簿をつけてくれるというものです。あらかじめ食費にいくら、交際費にいくらというように月の予算を決めておき、その金額に近づいてきたらお知らせしてくれます。自分が毎月何にどれくらい使っているのか分かりやすくなり、その月の予算の中に結婚資金も加えておけば生活費をうまくコントロールできるようになります。


【デートは外食や旅行を控える】
結婚式は2人のことなので、デートのときは外食を控えその分を貯金に回しましょう。お金がかかる旅行も控えたほうがいいですね。外食や旅行を我慢するだけで、目標金額に近づくことができるでしょう。

結婚式の費用の目標額が決まれば、いつから、どのくらいのペースで貯金をしていけばいいのかが見えてきます。あとは家計簿や通帳などで貯金額が見れるようにしていけば、スムーズに結婚式の費用を貯めることができるでしょう。