気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

婚約指輪・結婚指輪の相場は?

婚約指輪・結婚指輪を購入するときに気になるのは、みんなはどれくらいの価格で購入しているのか、いわゆる相場の金額です。相場通りのものを選ぶ必要はありませんが、知っておくと選ぶ際の目安になるでしょう。

①118082938

【婚約指輪は30万〜50万円が相場】

婚約指輪に関してはよく「給料の3カ月分」と言われますが、これはかつて欧米から日本に婚約指輪という考えが持ち込まれた際、とあるジュエリーブランドが目安として掲げていた数字。実は、現在にはあまり当てはまりません。

20代後半の男性の平均的な月収は20万〜30万円くらいと思われますので、「給料の3カ月分」というと60万〜90万円という数字に!婚約指輪はダイヤモンドをあしらうのが一般的とはいえ、少し高過ぎるのではと感じるという人も多いのではないでしょうか。でも、ご安心を。現在の婚約指輪の相場は30万〜50万円程度。一般的な男性が少し背伸びすれば届く金額になっています。

婚約の証しとして贈る婚約指輪は、価格ではなく、気持ちが大切。その人それぞれの経済状況に合わせて問題ありません。婚約指輪は10万円台から揃っていますので、相場に躍らされずにふたりにふさわしいものを選んでくださいね。

【結婚指輪はふたりで15万〜30万円が相場】

一方、結婚指輪の価格相場はどうなっているのでしょうか? 結婚指輪はふたりで交換して揃えるもので、ふたり分で15万〜30万円が相場といわれています。購入方法は相手の分をそれぞれが購入したり、ふたりの結婚の予算から捻出したり、カップルによってさまざまのようです。

ちなみに、同素材、同デザインでふたり分を揃える場合、男性の指輪の方が高くなることがあります。これは一般的に男性の方が指が太く、使用する金属の量が多くなるため。けれども、最近ではメレダイヤをあしらった華やかな結婚指輪も増えてきており、女性がダイヤ入り指輪、男性が装飾なしのシンプル指輪を選んだ場合は、女性の方が金額は高くなることも。

結婚指輪はこれからずっと長く身に着けていくもの。価格はもちろん重要ですが、着け心地やデザインなどもこだわって選びたいものです。