気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

今更聞けない!?  婚約指輪と結婚指輪の違い

結婚の際に用意する婚約指輪と結婚指輪。皆さんはその違い、ちゃんとわかっていますか? 「なぜ指輪を二つも用意するの?」と、不思議に思っている人もいるはず。今回は、婚約指輪と結婚指輪の違いをご紹介!

③-2shutterstock_95805376

【婚約の証として男性から女性に贈る婚約指輪】

婚約指輪は婚約の証しとして、男性から女性へ贈るものです。結婚の際に指輪を贈る習慣は古代ローマ時代に遡るといわれますが、日本でこの習慣が定着したのは戦後のことです。婚約指輪にはダイヤモンドをあしらうのが定番となっています。これは、ダイヤモンドが地球上に天然で存在する最も固い物質のため、揺るぎない愛を誓うのに最適だと考えられたから。また、きらきらと輝いて美しく、高価なものであるのも、婚約指輪にふさわしいとされました。とはいえ、婚約指輪には絶対にダイヤモンドを使用しなくてはならないという決まりがあるわけではなく、女性の誕生石や好きな宝石をあしらっても問題ありません。
婚約指輪は婚約の証しとなるものですから、プロポーズから結婚までの間に贈るのが望ましいでしょう。プロポーズ後にふたりで一緒に探しに行くのが一般的ですが、プロポーズの際に男性が内緒で用意して、女性を喜ばせるというケースもあります。

【結婚の記念にふたりで交換する結婚指輪】

一方、結婚指輪は結婚の記念にふたりで用意するもの。婚約指輪が女性だけのものであるのに対し、結婚指輪は男女それぞれが持ちます。婚約指輪は男性が購入しますが、結婚指輪は男女で贈り合うケースも目立ちます。
結婚指輪は基本的には日常的に身に着けます。ですから、常に身に着けていても気にならない、比較的シンプルなデザインを選ぶ人が多いよう。また、着け心地にこだわる人も少なくありません。なお、デザインは男女お揃いでも、全く異なるものでも、どちらでも構いません。
婚約指輪、結婚指輪共にリングの裏側に刻印を入れます。婚約指輪は「男性のイニシャルto 女性のイニシャル」などシンプルな刻印が多いのですが、結婚指輪の刻印は凝る人もいます。ふたりの好きな愛の言葉やマークを入れるなど個性的な刻印を入れるのも、結婚指輪の楽しみといえるでしょう。