気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

男性が喜ぶ婚約指輪のお返しは?

婚約した証しとして男性から女性へ贈られる婚約指輪。婚約指輪を頂いた女性は男性に対し、何らかのお返しをするのが望ましいでしょう。ここでは、婚約指輪のお返しの基本的なマナーや喜ばれる品物についてご紹介します。

④shutterstock_382766899

【お返しの金額の目安と時期は?】
お返しの金額の目安は婚約指輪の半額程度といわれます。ふたりで一緒に買いに行ったのなら価格はわかると思いますが、サプライズでプレゼントされた場合は、彼にさりげなく聞いてみるか、購入店(ブランド)のサイトなどで見当をつけるといいでしょう。婚約指輪の価格相場は30万〜50万円程度ですので、お返しは15万〜25万円程度になるでしょうか。
また、お返しの時期ですが、結納や顔合わせなどを行う場合は、それに合わせて男性は婚約指輪を、女性はお返しを準備します。結納や顔合わせをしない場合は、婚約指輪を頂いてからあまり間をおかずにお返しをするのが望ましいでしょう。

【お返しにふさわしい品物は?】
婚約指輪のお返しとしては、お金ではなく、品物で返すのが一般的です。身に着けるものの人気が高く、15万〜25万円程度という金額を考えると、時計が選ばれることが多いよう。また、スーツなど洋服類も人気です。
このほか、財布や筆記用具、手帳なども常に使うものとして、お返しの品物として選ばれます。かつては、ネクタイピンやカフスボタンなどを贈ることも多かったのですが、最近はこれらを身に着ける人が少なくなったということもあり、減少しています。
ただ、相手が気に入らないもの、必要ないと思うものを贈っても宝の持ち腐れに。相手の希望なども聞きつつ、品物を選ぶのがお勧めです。最近では、パソコンやカメラ、AV家電などを贈るケースもあるようです。また、自転車やサーフボートなど、趣味のものを贈ることも。

なお、婚約指輪のお返しは絶対に必要というものではなく、お互いの話し合いでお返しなしにするケースも。親とも相談して、ふたりにとって最もふさわしい形になるように調整してください。