気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

結婚後も一緒に着けたい、婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪、別々に着けるものだと思っていませんか? 実は一緒に身に着けるという行為には、とても素敵な意味が隠されているんです。婚約指輪と結婚指輪は重ね着けを意識して選ぶのがお勧め!

②shutterstock_296785115

【婚約指輪は結婚後には身に着けられない?】
婚約の際に彼から贈られ、婚約期間に身に着けるのが婚約指輪。結婚式でお互いに交換し、結婚してから日常的に身に着けるのが結婚指輪。このように考えている人が多いのではないでしょうか。
婚約指輪はダイヤモンドをあしらうのが定番で華やかなデザインが多いため、日常的に身に着けるのはちょっと……と、思うのも無理のないことかもしれません。ですが、婚約期間だけ身に着けるのが婚約指輪ではありません。せっかく彼から贈られたこだわりの指輪、たんすの肥やしにするのはもったいない!結婚してからも折りに触れて身に着けたいものです。

【幸せを閉じ込めるエンゲージカバーのセレモニー】
挙式時に行われるセレモニーとして、「エンゲージカバー」が話題を集めています。これは、結婚指輪を交換した後に新郎から新婦へ改めて婚約指輪を贈り、はめてあげるという儀式のこと。実はこの儀式にはふたりが誓った愛に婚約指輪で蓋をして、幸せを閉じ込めるという意味があるのです。
結婚指輪に婚約指輪を重ね着けすることは、単なるファッションではありません。こんな素敵な意味があることを知ると、結婚後も積極的に重ね着けをしたい気持ちになりますよね。

【重ね着けでずっと長く愛用しよう】
婚約指輪を結婚後も身に着けるには、デザインや着け心地に注意を払うことが大切です。普段の装いに馴染むデザインかどうか、ずっと着けていても気にならない着け心地かどうかなど、じっくり検討しましょう。
また、結婚指輪を選ぶ際には、重ね着けを意識することもポイントに。婚約指輪と結婚指輪がセットでデザインされているものを選ぶと、綺麗に重ね着けすることができるのでオススメです。セットで購入していない場合は、ショップへ行く際に婚約指輪を着けて行き、ショップスタッフに重ね着けしたい旨を相談すれば、ふさわしいデザインをセレクトしてくれるはずです。

重ね着けを意識した指輪選びで、ぜひ結婚後も婚約指輪を日常生活で活躍させてくださいね。