気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

婚約指輪をドラマチックに渡すアイデア

愛する人のために心を込めて用意した婚約指輪。ぜひとも渡し方にも工夫を凝らして、彼女を喜ばせたいもの。いくつか渡し方のアイデアを紹介しますので、これを参考に自分なりの渡し方を考えてみてはいかがでしょうか?

1_245163835

【アイデア1 定番のひざまずきポーズで】
婚約指輪の渡し方として真っ先に思い浮かぶのが、彼女の前にひざまずき「結婚してください」の言葉とともに指輪のケースを差し出すもの。2016年のリオオリンピックでも、中国選手が行って話題になっていましたね。ベタなやり方ですが、そのベタさ加減が逆に受け、喜ぶ女性は意外に多いのではないでしょうか?みんなの前では少し恥ずかしいという人は、ふたりだけの場所で行ってみてください。

【アイデア2 さりげなく着けてあげる】
「あれ、手どうしたの?」などと言って、さりげなく彼女の手を取り、すっと婚約指輪を着けてあげるというのはどうでしょう。彼女が驚いたところで、プロポーズの言葉を。あまり大げさにしたくはないけれど、印象的に渡したいという人にオススメです。

【アイデア3 デザートとともにサーブ】
たとえば、ふたりでディナーに出掛けたとき、デザートのタイミングで「お連れ様からの特別プレゼントです」と、お皿に飾った婚約指輪をスタッフからサーブしてもらうのもドラマチックです。彼女が指輪に気付いたところで、プロポーズの言葉を。少しキザな感じもしますが、なかなかインパクトがありますね。

【アイデア4 メッセージで誘導して】
自分の部屋やホテルの一室の引き出しなどに婚約指輪を隠しておき、メッセージカードなどで誘導して、彼女に婚約指輪を探し当ててもらうのも面白いアイデア。たとえば、彼女が部屋に入ったときに目に付く場所にメッセージカードなどを置いておき、「●●を見て」などの指示を書いておきます。いくつかの指示をたどっていくと、婚約指輪にたどりつくという仕掛けに。ワクワクドキドキしながら探し当てた婚約指輪に彼女は驚き、喜んでくれるはずです。

婚約指輪はふたりにとって掛け替えのないもの。渡す瞬間も素敵な思い出になるよう、工夫してみてくださいね。