気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)。どちらにお金をかけると良いの?

結婚が決まったら購入する、結婚指輪(マリッジリング)と婚約指輪(エンゲージリング)。どちらも高価な買い物ですが、お金はどれくらいずつかけたら良いものなのでしょうか?詳しく調べてみました。

3_394250656

●結婚指輪(マリッジリング)は何円くらい?
マリッジリングは、夫婦で身につけるもの。ですから、価格も10~20万円前後で同じデザインで揃えるのが一般的です。
価格は、素材やダイヤモンドなどのクオリティで変わってきます。例えば、男性はプラチナのみ、女性はプラチナのリングにメレダイヤをあしらうとなると価格は女性のみ上昇します。

●婚約指輪(エンゲージリング)何円くらい?
昔はよく「給与の3ヶ月分」と言われていたエンゲージリング。現在の相場は、20〜40万円程度が多いようです。
エンゲージリングといえば、センターにダイヤモンドがあしらわれた豪華なデザインが主流です。そのダイヤモンドの大きさ等、クオリティやブランドによって大きく価格が異なります。

●エンゲージリングとマリッジリングを着けるシーンで決める
・エンゲージリングを着けるシーン
大きなダイヤモンドが輝くエンゲージリングは、ちょっとしたお呼ばれの席や後輩の結婚式、子供が生まれたら入園式など華やかな席に着けていくことができます。
普段も身につけたいと思う方は、少しシンプルなデザインにするか、パヴェやエタニティなど、小さなダイヤがふんだんにあしらわれたタイプにすると、ひっかかりが少なく仕事や家事の邪魔にならないので、日常生活にしっくりなじみます。

・マリッジリングを着けるシーン
マリッジリングは結婚式の指輪交換で最も注目されるポイントです。その後も、ずっと身につけるもの。生活の邪魔にならないシンプルなデザインを選ぶ人が多いようです。

●ふたりで話し合って決めて
上記のように着けるシーンを想像して選ぶと決めやすいはずです。

例えば、これから歳を重ねるにつれ、おめかしして出かける席が増えるので「マリッジリングはシンプルなデザインにして、エンゲージリングは映えるデザインに!」というふたりは、マリッジの価格を抑えて、エンゲージにお金をかけるとよいでしょう。反対に、「マリッジリングはいつも目に入るものだからこだわりたい」というふたりはマリッジリングにお金をかけてお気に入りのデザインを見つけてみて。

また、マリッジリングとエンゲージリングを重ねて着けることで華やかさが増すデザインもあるので、ぜひジュエリーショップでチェックしてみてください。

どちらのリングもふたりの愛の証として、ずっと大切にする宝物。よく話し合って決めてくださいね。