プロポーズの際に指輪は必要か?用意するときの注意点

プロポーズ相談

プロポーズ知恵袋

「そろそろプロポーズかな?」と思ったときに、実際に何から準備してよいのかわからないという方も多いと思います。「婚約指輪の価格は?」「どんな言葉を伝えれば喜んでもらえる?」「プロポーズの場所はどこで?」など、プロポーズを準備する方の様々な疑問を解決する記事をご覧ください。

プロポーズの際に指輪は必要か?用意するときの注意点

プロポーズをする際に、「結婚指輪があるのだから婚約指輪まで用意する必要はあるの?」と思っている男性は多くいます。たしかに安い買い物ではありませんし、結婚したら結婚指輪があるのだから婚約指輪は一時的なもので特に必要ではないのでは、と疑問に思うかもしれません。では、女性の本音としてはどうなのでしょうか。

3人に2人は欲しいと回答

調査によると、女性の3人に2人は婚約指輪を欲しいと回答しています。ありがちなように思われますが、映画のワンシーンにあるようなすてきなレストランで、2人で食事を楽しんだ後にそっと小さな箱を渡されるとか、指輪の箱を隠しておいて「その引き出しに入っているあれとって」とさりげなく言われて開けてみたら指輪を見つける、というようなプロポーズを理想のプロポーズと考えている女性も多いのです。
「プロポーズのときに指輪をもらいましたか?」では、「というアンケートで実際にもらった人は約60%という結果がでています。もちろん、婚約指輪がなくてもプロポーズはできます。しかし、多くの女性は本気で結婚をしたいという気持ちの証としてプレゼントしてもらえるのが理想だと考えています。女性は好きな人からプロポーズされるだけでもうれしいものですが、婚約指輪が高価なものでなかったとしても、自分と結婚をしたいという決意の表れとしてプレゼントして欲しいと思っています。

いらないという人の意見

婚約指輪はいらない、必要ないという人も少なからずいますが、これには女性なりの理由があります。たとえば、サプライズ的に渡されてもサイズがあっていなくて、せっかくもらってもサイズをなおさなければつけられなかったり、プロポーズはうれしかったけれど指輪のデザインが気に入らなかったらがっかりしたりするからというのが多くの理由です。なかには、結婚式や今後の生活にお金がかかるので、欲しいけれども結婚指輪だけでがまんしようという理由からいらないという人もいます。
ただ、婚約指輪は欲しいという女性が多いのは事実です。たしかに、せっかく勇気をだしてプロポーズしても、大喜びどころかちょっとがっかりさせてしまっては残念です。つまり、女性が婚約指輪は必要ないと言っても、プロポーズの段階ではいらないというだけであって、一生物だからこそ自分好みの婚約指輪を一緒に選びに行こうと誘ってもらえたら嬉しいと思っているのが実際のところなのです。

渡せずに後悔している男性もいる

多くの女性がやっぱり婚約指輪を欲しいと思っていますが、なかなか自分から言い出しにくいという場合もあります。そのため、既婚男性のなかにはプロポーズをしたときに、婚約指輪を渡せずにそのまま結婚してしまったことを後悔している人もいます。男性からすると、婚約指輪について相手がどう考えているのか、女性の本音がなかなかわからないものです。

「婚約指輪なんていらないわ」と言われたために渡さず結婚して、それでいいものだと思っていたら、結婚後に「どうせ指輪ももらっていないから」と事あるごとに言われているという男性などは、やっぱり指輪をあげておけばよかったと後悔しています。なかには、結婚後に「本当はこういうシチュエーションで婚約指輪を渡してプロポーズして欲しかった」と言われたけれど、プロポーズは一生に一度で取り返しがつかないので後悔しているという男性もいます。

婚約指輪の費用はどれくらいが相場?

いざプロポーズ、といっても婚約指輪に必要な費用はいったいどのくらいなのでしょうか。「婚約指輪は給料の3カ月分」という言葉はよく耳にしますが、婚約指輪の平均購入価格、相場を見てみると約35万円で、20代で結婚した人のなかには20~30万円台で購入している人もいます。どうしてもこのブランドの物が欲しいという場合には高価になることもあるでしょうが、低価格の婚約指輪も豊富にあります。

素材も、ダイヤモンドとの相性も抜群と呼ばれるプラチナは、酸化しにくいという特徴から一生物の指輪にはぴったりですし、ゴールドは女性の肌に良くなじみ、温かみのある雰囲気を作り出すという特徴があります。また、ゴールドにもピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドなどと種類もあります。さらに、結婚後にブライダルリングと重ねづけできるデザインのものも多くありますので、素材や色、デザインと2人が気に入るものを、平均購入価格を参考に選ぶとよいでしょう。

20代が選ぶデザインの傾向は?

婚約指輪のデザイン選びに悩んだ際は、相手の年齢に合わせて検討しましょう。女性の年代によって好みのデザインの傾向が異なるため、選択肢を絞りやすくなります。
婚約指輪のデザインで一般的なものは「メレ」「ソリティア」「パヴェ」「エタニティ」の4つです。「メレ」はセンターのダイヤモンドの周りに「メレダイヤモンド」という小さなダイヤモンドがあしらわれているデザインで、「ソリティア」はダイヤモンドがセンターに1粒あしらわれているデザインを指します。

20代の女性は「メレ」「ソリティア」のどちらにおいても控えめなサイズのダイヤモンドがあしらわれた指輪を好む傾向にあり、ダイヤモンドが指輪の半周または全周にあしらわれている「エタニティ」の中では細いデザインを選ぶ人が多いようです。

30代が選ぶデザインの傾向は?

30代の女性からの人気が高い「パヴェ」はセンターダイヤモンドの周りに隙間なくメレダイヤモンドがあしらわれたデザインで、ボリュームのある指輪です。その他に、大ぶりのダイヤモンドがあしらわれた「ソリティア」や、ダイヤモンドが指輪の全周にあしらわれている「フルエタニティ」などの華やかなデザインが30代女性に人気です。
30代に差し掛かるとダイヤモンドの品質や大きさ、数にこだわる女性が増加し、華やかな指輪が選ばれる傾向にあります。このような傾向の差はそれぞれの相場にどのような影響を与えているのでしょうか。20代、30代と年代別に婚約指輪の相場をご紹介します。

20代の婚約指輪の相場は?

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ(首都圏版)」によると調査対象者全体の相場は約42万円ですが、女性が24歳以下の場合は約26万円、25~29歳の場合は約42万円となっています。ただし、前述した通り20~30万円台の婚約指輪を購入するケースもあり、20代においては平均相場より少し低い価格のものが選ばれているようです。30代と比べて控えめなデザインを選ぶ傾向にあることや、経済的な状況がこの結果の背景にあると言えます。

30代の婚約指輪の相場は?

同じく「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ(首都圏版)」によると、女性が30~34歳の場合は約43万円、35歳以上の場合は約46万5,000円という結果となっています。どちらも全体の相場を上回っており、比較的高価な婚約指輪が選ばれていることがわかります。
30代の女性に人気のある大ぶりのダイヤモンドや、複数のダイヤモンドがあしらわれた指輪はその分価格も上がる傾向にあります。30代は経済的に安定しやすい年代であることに加え、より婚約指輪の品質を求めるようになることがこの結果の背景と言えます。

気持ちを伝えることが大切

婚約指輪を渡さずに結婚した既婚男性は、「あのときに、もっとしっかりと気持ちを聞いておけばよかった」と後悔している人もいます。前述のように、口には出さなくても、多くの女性が本当は婚約指輪を欲しいと思っています。ただ、女性のほうではなかなか自分からは言い出しにくいということもありますし、男性のほうでは女性の本音がなかなかわからないものです。もちろん、プロポーズの際に本気で結婚して欲しいという気持ちを伝えることがなにより大切ですが、女性の気持ちを尊重するのであれば、婚約指輪は用意したほうがいいでしょう。

婚約指輪選びと合わせて、
プロポーズ演出をサポートいたします