結婚指輪・婚約指輪の通販サイト|I-PRIMOオンラインショップ

0120-622-630

来店予約

婚約指輪のダイヤモンドは何カラットを選ぶべき?

1

カラットとはダイヤモンドの重量を示す単位

ダイヤモンド画像

婚約指輪にあしらわれる石として定番のダイヤモンド。
天然の鉱物で最も硬度が高く、屈折率にも優れることから「永遠の輝き」をイメージさせることが、人気の理由です。
ダイヤモンドの品質を評価する基準のひとつとして、カラット(ct)があります。
カラットはダイヤモンドの大きさを示す単位と思われている方が多いですが、正しくはダイヤモンドの重量を表す単位。
1カラットは0.2gとなり、カラット数が増え、重量が増すほどダイヤモンドの価値、価格は高くなっていきます。

カラットサイズイメージ

※実寸サイズの表示ではありません

ダイヤモンドカラット解説画像

ダイヤモンド鑑定書

カラットサイズイメージ

このカラットに加えて、カラー、クラリティ、カットの4つを総合的に見て、ダイヤモンドの品質は評価されます。アイプリモでは厳しい基準を満たす最高レベルのダイヤモンドのみを使用しており、0.18カラット以上のダイヤモンドには全て鑑定書が付きます。

2

婚約指輪の印象を左右するダイヤモンドのカラット数

前述したように、ダイヤモンドのカラット数は大きさを表すものではありませんが、カラット数が大きくなると直径が大きくなるので、ひとつの目安にはなります。0.2カラットと1カラットのダイヤモンドではサイズはもちろん、見た目の雰囲気、インパクトも異なります。では婚約指輪にはカラット数の大きなダイヤモンドを選べばいいかと言うと、必ずしもそうではありません。

婚約指輪

前述したように、ダイヤモンドのカラット数は大きさを表すものではありませんが、カラット数が大きくなると直径が大きくなるので、ひとつの目安にはなります。0.2カラットと1カラットのダイヤモンドではサイズはもちろん、見た目の雰囲気、インパクトも異なります。
では婚約指輪にはカラット数の大きなダイヤモンドを選べばいいかと言うと、必ずしもそうではありません。

ダイヤモンドのカラット数で印象が変わる

大粒のダイヤモンドは強烈な存在感があるため、婚約指輪はエレガントかつ華やかな印象となります。婚約指輪をパーティやイベントなど特別な日に着けたいという方にお薦めです。一方、小粒なダイヤモンドには繊細な美しさがあり、控えめながら気品ある婚約指輪に仕上がります。婚約指輪を常に身に着けたり、結婚指輪との重ねづけをしたい方にピッタリです。
このようにダイヤモンドのカラット数によって、婚約指輪の印象、用途が大きく変わることは覚えておきましょう。

3

婚約指輪のダイヤモンドは0.3カラットが人気

婚約指輪

婚約指輪で選ばれるダイヤモンドのカラット数は、0.3カラットの人気が最も高く、次に0.2カラットになります。
0.3カラットのダイヤモンドは 大きすぎず小さすぎずとサイズ感が絶妙で、日本人女性の指に合いやすいことが人気の理由です。
またサイズのバランスの良さから、0.3カラットのダイヤモンドはさまざまなデザインと相性も抜群。
価格面から見ても、20~40万円とされる婚約指輪の価格相場に収まりやすいことも魅力のひとつです。

3

0.3カラットは細身でシンプルなリングと相性抜群

0.3カラットのダイヤモンドは、細身でシンプルなリングと特に相性が良いです。
アイプリモの数ある婚約指輪の中でも、王道なデザインとして圧倒的な人気を誇るシリウス
シンプルながら、ゆるやかなウェーブラインで女性らしさを兼ね備えたキタルファなどは、
0.3カラットのダイヤモンドとの調和性に優れ、特にお薦めです。
婚約指輪をどう選べばいいか分からないという人は、これらの組み合わせをまずチェックしてみてはいかがでしょうか。

シリウス

シリウス

> 詳細はこちら
キタルファ

キタルファ

> 詳細はこちら

page top