気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

最高のウエディングを彩る!カラードレスの選び方

カラードレスはバリエーションが豊富なため、ウエディングドレスを選ぶときよりも悩んでしまう方も多いです。ここでは、カラードレスの選び方をご紹介していきます。

披露宴のお色直しのときに着るカラードレス。カラードレスはバリエーションが豊富なため、ウエディングドレスを選ぶときより悩んでしまう方も多いようです。そこで今回は、式の雰囲気や自分に合ったカラードレスの選び方をご紹介していきます。
84

【披露宴の雰囲気で選ぶ】
会場の雰囲気やインテリアなどとの一体感を重視して選ぶ方も多くいます。例えば自然光が溢れる明るい会場やガーデンパーティなどでは、パステルカラーなどの淡くて優しい色合いのドレスが映えます。また、ホテルのバンケットルーム(宴会場)やモダンな雰囲気の会場では、ビビットな赤やネイビーなどのエレガントなドレスが似合うでしょう。

【ウエディングドレスとのギャップで選ぶ】
ウエディングドレスとのギャップを考えて選ぶのもひとつの方法です。例えば、ウエディングドレスがクラシカルなAラインなら、カラードレスはスレンダーラインやマーメイドラインのドレスを選びます。そうすることでスタイリッシュに見え、違った雰囲気を楽しむことができるでしょう。
85


【与えたい印象別で選ぶ】
○赤やピンク系
ピンク系の色は日本人の肌色に良く合う色で、とても人気があります。ピンクは温かく、清純さを感じる色なので、優しく可愛い印象を与えることができます。
しかし、ピンク系の色は膨張色なので、体型が気になるという方は注意しましょう。
○ブルーやグリーン系
清楚な印象を与えることができ、広い世代に人気のあるブルー、グリーン系のドレス。体型が気になるという方でもキレイに着ることができるのがポイントです。ただ、濃い色のドレスを選んでしまうと暗く見えがちになるので、ブーケやメイクは明るめな色を取り入れましょう。
○黄色やオレンジ系
どんな肌色にも合う黄色は明るく元気な印象を与えることができます。また、自然と表情も明るく見せてくれるので、健康的にも見えて良いですね。
○黒や紺、パープル系
濃い色のドレスは他のカラードレスとは違い、シックで上品な印象を与えます。また最近では、スパンコールやレースを使ったデザインも増えていて、大人っぽいエレガントなイメージも与えているようです。ただ、選んだ色ひとつで表情が大きく変わってみてしまうので、顔の近くにくる色には気を付けましょう。ドレスショップや式場のスタッフにはカラーコーディネーターがいるケースもあるので、プロの意見を聞きながらチョイスするのをオススメします。

今回は、カラードレスの選び方をご紹介しました。
自分たちらしい素敵な1日を過ごせるように、お気に入りの一着を見つけてみてはいかがでしょうか。