準備コラムPreparing

結婚前に多いマリッジブルー、実は男性もアノ時期になる?

結婚を控えた男女が情緒不安定になるマリッジブルーは、乗り越えなくてはならない最初の壁かも知れません。特に男性のマリッジブルーは女性とは違う時期に発症します。今回は、男性のマリッジブルーについてお話します。

  • 5割も?男性がマリッジブルーになるって本当?

    マリッジブルーとは、結婚を前にした男女が結婚や恋人に対して不安・不満を抱えている状態のこと。結婚するという自覚が芽生えることで、家庭を築くことへの不安や迷いが現れてしまい、本当にこのまま結婚していいのかと精神的に落ち込んでしまう状態のことを指します。結婚を決めた女性の約7割、男性は5割が経験していると言われており、症状の重さはそれぞれ違いますが重度の場合精神病や結婚破棄に発展してしまうことも少なくありません。女性は恋人の苗字になることや生活環境の変化が大きいことでマリッジブルーになりやすいとされていますが、上記でも紹介したように男性でも5割の方がマリッジブルーに悩まされています。一見女性の負担の方が多い結婚に思えますが、同じ月収のまま人を養うことや家庭の主になることへの不安、また本当に自分でいいのかと思い悩む男性は少なくありません。女性は結婚式の直前やプロポーズ承諾後など、結婚前の段階でマリッジブルーを発症されるケースが多いですが、男性の場合は結婚を承諾してもらうプロポーズ前に発症される方が多いです。結婚を決断することへの恐怖や断られるのではないかという不安など、プロポーズ前の男性はネガティブな思考に陥ることがあります。

  • 様子がおかしいはサイン? 男性のマリッジブルーの症状

    女性のマリッジブルーは、結婚が決まった後に訪れるので周囲もその変化に気付いて励ますことができます。しかし、男性のマリッジブルーは結婚が決まるもっと前、本人の中で葛藤が続いている時に起こるのです。「最近彼の様子がおかしい……」と感じることがあれば、それは彼のマリッジブルーかもしれません。男性がマリッジブルーの際に出すサインには、以下のようなものが挙げられます。

    ・イライラしている、短気
    ・自分を卑下する
    ・すぐに落ち込む
    ・思い悩んだ様子が多い
    ・接触を少し避けるようになった
    ・食欲不振、過食気味
    ・頭痛、睡眠不足
    ・疲れやすく集中力がない
    ・結婚の話を極端に避ける

    マリッジブルーはライトなものに見られがちですが、ストレスが溜まって情緒不安定な状態に陥っているので、場合によっては破局・浮気にまでことが進んでしまうこともあります。彼の様子がおかしいと思ったら、追求しすぎずにそっと寄り添い、可能であれば話し合いの場を設けて真剣に話し合うのも良いでしょう。マリッジブルーの時にプレッシャーや不満をぶつけられると彼がふさぎ込んでしまうこともあるので、周囲の人間は注意して接する必要があります。マリッジブルーになるということは、男性がそれだけ真剣に結婚について考えているからこそ。多くのカップルがこのマリッジブルーを乗り越えて結婚式を迎えます。新しい生活の一歩を開くためにも、パートナーと支え合いマリッジブルーを乗り切りましょう。

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter

Back to Index

指輪選びなら

I-PRIMO 5つのこだわり

一生大切にするリングだからこそ
選ぶのはブライダルリング専門ブランドで

結婚のきもち準備室はI-PRIMOが運営する
“結婚に向けたカップルの悩みに寄り添い
応援するサイト”です。

I-PRIMO

I-PRIMOはブライダルジュエリー専門ブランドです。そのリングは、一生に一度の大切なもの。
だからこそ、きっと運命の出会いがあるはずです。
リング選びも、おふたりにとって幸福な時間であることを願っています。