準備コラムPreparing

「番地」とは?書き方は?婚姻届にある住所欄の書き方を丁寧にご紹介!

婚姻届の書き方で間違いやすいのが「住所欄の書き方」です。記入ミスがあると受理してもらえず入籍日がズレてしまうこともあるので、間違いのないようにしておきたいものです。住所欄の書き方で注意すべき点とは?番地やマンション名はどのように書けばいいの?そんな疑問に詳しくお答えします!

  • 婚姻届の住所欄に書く住所とは?

    婚姻届では「住所」と「本籍」の2ヶ所に住所を記入します。それぞれの住所の書き方を説明します。

    ●住所欄に書く住所、世帯主とは?

    住所欄には、現在の住民登録をしている住所を書きます。今住んでいる所と思いがちですが、正確には「住民票に記載されている住所」になります。例えば「実家を出て夫の部屋に引っ越しをしたけれど転入・転出届を出していない」というときは住民票の住所は実家のままです。

    住所欄の下には「世帯主」の記入欄があります。世帯主とは一緒に住んでいる家族の代表者のこと。実家であれば父親が世帯主として登録されていることが多いです。一人暮らしをしているのであれば、世帯主は自分になっている可能性もあります。

    住所や世帯主は住民票に記載されているとおりに記入します。「住民票の住所がどうなっているのかよく分からない」「世帯主の名前が分からない」などというときは、役所で住民票を交付してもらいましょう。記入ミスのない婚姻届に仕上げるためにも、住民票を手元に置いて確認しながら書くのがオススメです。

    ●住民票どおりの住所を書かない場合も!

    住所欄は住民票のとおりに書くと説明しましたが、例外もあります。婚姻届の提出と同時に新居へ転入・転居届を出す場合は、新居の住所を記入します。この場合、世帯主の欄は夫か妻の名前を書きます。

    婚姻届と転入・転出届の同時手続きについて、詳しくは下記の「入籍と同時に新居に住所変更をする方法」をご参照ください。

    ●本籍の欄に書く住所は?

    本籍の住所は、住民票ではなく戸籍謄本に記載されている住所を書きます。住民票の住所と本籍の住所は必ずしも同じではありません。本籍を記入するときは戸籍謄本を見ながら正確に書くようにしましょう。ちなみに本籍地にマンションやアパート名は存在しません。戸籍謄本のとおり番地まで記入すればOKです。

    住所の記入欄の下には「筆頭者の氏名」の記入欄があります。筆頭者とは戸籍謄本の最初に記載されている人です。住民票の世帯主と異なることもあるので注意してください。

  • 要チェック!間違いやすい「番地やマンション名」の書き方

    婚姻届の住所は、公文書に記載されている表記のまま記入します。

    ●番地をハイフンでつながない
    住所は「住民票」、本籍は「戸籍謄本」のとおりの住所を書きますが、ここで注意したいのは番地の書き方です。

    番地は「丁目」「番」「号」などを省略して、ハイフンでつなげて書くことが当たり前です。しかし婚姻届では省略せずに書きます。

    例えば、番地が「三丁目二番一号」であるなら、「3-2-1」といった書き方はNGです。数字やハイフンを使わずに住民票または戸籍謄本の表記どおりに書きましょう。番地が漢数字でなく「3丁目2番1号」とあるなら、数字で記入しても大丈夫です。

    ●マンション、アパート名の書き方

    住民票にマンションやアパート、部屋番号が書かれているなら、婚姻届にも同じように書きます。

    婚姻届によって書き方の形式が違うこともあります。
    住所欄の下に「マンション・アパート」の記入欄があるものや、欄外に「住所方書」があるものなどがあるので、用紙の形式に沿って書きましょう。

    「住所方書」の欄があるときはそこにマンション、アパート名、部屋番号を記入してください。

  • 婚姻届を提出するとき、住所変更ってどうすればいいの?

    結婚と同時に新生活がスタートするふたり。このタイミングで新居に引っ越しをするカップルも多いことでしょう。婚姻届を出すとき、住所変更の手続きはどうすればいいのでしょうか。

    ●入籍と同時に新居に住所変更をする方法

    婚姻届を出すのと同時に住所変更をしたいときは、婚姻届の住所欄に新居の住所を書き、「転居届」を提出します。住所変更を行う場所が市区町村をまたぐ場合は「転出証明書」と一緒に「転入届」提出します。転出証明書は、前の住所地の役所であらかじめもらっておきます。転出届は引っ越しの14日前から届け出るか、引っ越し後14日以内に届け出ます。届け出を行うと、窓口で転出証明書が発行されます。

    転出証明書に有効期限はありませんが、転出証明書をもらってから14日以内に転入手続きを行うようにしましょう。婚姻届は時間外でも提出が可能ですが、住所の変更は役所の開庁時間しか受け付けてもらえません。同時に手続きを行いたいときは役所を訪れる時間にも注意しましょう。

    ●入籍前に住所変更を行っていたときは?

    入籍より前にふたりとも新居に住所変更を済ませていたら、婚姻届によって住民票の内容が自動的に変更になります。結婚前は同居人だったふたりが夫婦に変更され、名字や本籍地も婚姻届の内容にそって統一されます。

    ただし婚姻前のふたりの住所が同じでも、住民票が別世帯になっているときは婚姻届を提出後に「世帯合併」の手続きが必要です。役所で届出用紙をもらって記入し、運転免許証やパスポートなどの身分証明書を提出して申請を行います。世帯合併の手続きは、婚姻届を提出してから14日以内に行うようにしましょう。

  • 慣れない部分だからこそ、入念なチェックを!

    婚姻届は公的な手続きになるので、記入ミスや間違いがあると受理されません。特に番地の表記は普段と異なり、慣れない書き方をするので戸惑いそうです。婚姻届を記念にコピーして取っておくカップルもいます。ふたりの一生の思い出に、書き間違いのないキレイな婚姻届が作成できるといいですね。

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter

Back to Index

指輪選びなら

I-PRIMO 5つのこだわり

一生大切にするリングだからこそ
選ぶのはブライダルリング専門ブランドで

結婚のきもち準備室はI-PRIMOが運営する
“結婚に向けたカップルの悩みに寄り添い
応援するサイト”です。

I-PRIMO

I-PRIMOはブライダルジュエリー専門ブランドです。そのリングは、一生に一度の大切なもの。
だからこそ、きっと運命の出会いがあるはずです。
リング選びも、おふたりにとって幸福な時間であることを願っています。