第7回 アイプリモ×千葉ロッテマリーンズ「始球式プロポーズ!」

プロポーズ相談

プロポーズ成功事例

感動のプロポーズ成功事例をご紹介します。プロポーズプランを利用したチャペルプロポーズや、プロ野球の始球式・水族館などとコラボレーションした限定コラボプロポーズなど、心温まる幸せの瞬間をご覧ください。

第7回 アイプリモ×千葉ロッテマリーンズ「始球式プロポーズ!」

2017610日(土)
今回で7回目の開催となったアイプリモ×千葉ロッテマリーンズ「始球式プロポーズ」がZOZOマリンスタジアムで行われました。


◆プロポーズをした男性
今年始球式プロポーズに挑戦したのは、東京都在住の富樫耀介(とがしようすけ)さん(24)。プロポーズのお相手は神奈川県在住の大日方絢香(おびなたあやか)さん(27)。交際1年半のお二人。絢香さんは耀介さんの大親友の従姉妹であり、年末の地元の忘年会で出会い、その後交際に発展されました。

 ◆始球式プロポーズに応募した理由
幼少の頃から、プロ野球選手になることを目指して野球に打ち込んだ耀介さん。高校、大学時代は寮に入り、野球漬けの毎日を過ごしました。ただ、プロの壁は高く、プロの道を断念。それでも野球に携われるよう、現在はスポーツトレーナーとして勤務されています。学生時代に練習をともにしたチームメイトがプロの道へ進んだ姿を見ると自身も「プロになって大観衆の前で思い切り投げたかった」そう思ったそうです。

そんな中、アイプリモが企画する「始球式プロポーズ」の動画を発見。その動画を見て、自分がプロポーズするときは、「自身が目指したプロのマウンドで、大切な彼女に思い切り投げる姿を見せ、プロポーズしたい」と思っていたそうです。そして、この企画の募集を見つけ応募。そして見事当選しました。当日までの間、ご友人にも協力いただき、プロポーズが成功するよう準備を進めていました。

 ▼当日の様子を動画でご覧ください

第7回 アイプリモ×千葉ロッテマリーンズ「始球式プロポーズ!」

■当日レポート

この日の舞台となるZOZOマリンスタジアム。着いて早々に「球場に職場の人が来ているから」と席を外す耀介さん。まさかプロポーズの準備に向かったとは思ってもいない様子。

そして始球式プロポーズのアナウンスが流れ、ビジョンに注目する絢香さん。

ビジョンには始球式プロポーズをする男性が紹介されます。富樫さんだと気づき驚く絢香さん。耀介さんはどこに!?

するとグラウンド後方の扉が開き・・・リリーフカーで登場した耀介さん!思わずロッテファンからも驚きの声が!

涙を流し感激する絢香さん。マウンドへ向かいます。

マウンドに着いた耀介さんは緊張しながらも堂々と投球前に絢香さんに宣誓。「このボールに思いを全て込めて鈴木選手にストライクを取りにいきます。もしストライクが取れたら、プロポーズさせてください!!」

絢香さんへの想いをボールに込めて、いざ、鈴木選手と対決へ。

渾身の1球は・・・・見事ストライク!

「絢香さん、あなたの笑顔、僕を好きでいてくれる気持ち、その他全て全部大好きです。僕と結婚してください」

絢香さんは笑顔で嬉しそうに「お願いします」と答えました。

そして、耀介さんが絢香さんのために選んだ婚約指輪が登場。緊張で震える耀介さんの手で、絢香さんの左手の薬指にとおされ、見事始球式プロポーズは大成功しました。

二人の喜びが溢れます。

◆プロポーズを終えて・・・2人のコメント 耀介さん 「大地さんが振ってくれてストライクをとれました。大地さんのような幸せな家庭を作りたいと思います。今日は緊張しましたが、本当にいい時間になりました。一生、忘れません。皆さまありがとうございました。」 絢香さん 「(耀介さんからプロポーズは)年内には、と聞いていましたが、まさかこんなに早く言われるなんて思っていなかったのでびっくりしました。100点満点のプロポーズです。いままで27年間生きてきて、泣いたし、嬉しかったし、一番幸せな日でした。」 球場には、サプライズでご両親やご友人が駆けつけていてたくさんの祝福の言葉をいただいたそうです! 耀介さん、絢香さん、本当におめでとうございます。末永くお幸せに

ご相談は無料ですので
お気軽にご相談ください。

プロポーズプラン相談の
ご来店予約はこちら