一生に一度の「プロポーズ」。女性にとっては憧れや期待に満ち溢れた瞬間であり、男性にとっても一世一代の大イベントになります。大切な人のためにも絶対に成功させたいものです。この記事では、プロポーズが2人にとって一生の思い出に残る素敵なイベントになるように、プロポーズまでの流れやおさえておきたいポイントを詳しく解説します。

プロポーズまでの流れ

愛する人に結婚を申し込む「プロポーズ」。それは、ほとんどの人にとって一生に一度の経験です。プロポーズで何といっても大切なのは、当日を迎えるまでの入念な準備です。事前に流れをしっかりリサーチしてやるべきことを知り、綿密に計画をたてておくことで、最高のプロポーズを演出することができます。大切なあの人の記憶に残るプロポーズを大成功させるためにも、プロポーズまでの流れややるべきことについて、しっかりおさえておきましょう。

(1)プロポーズのタイミングを決めましょう。
プロポーズを決意したらまず決めるのは、想いを伝える「タイミング」です。プロポーズをする日は、間違いなく2人の人生にとって決して忘れられない記念日になるため、プロポーズの決行日はよくよく考えるようにしましょう。2人の記念日にするか、彼女の誕生日にするか、クリスマスやバレンタインなどのイベントに合わせるのがいいのか迷いますよね。2人にとって最も良いタイミングになるように、ポイントを押さえてしっかり選びましょう。
(プロポーズのタイミングに纏わる記事のまとめは『こちら』から)

(2)婚約指輪を選びましょう。
プロポーズとともに贈られることの多い婚約指輪(エンゲージリング)。必ず用意しなければいけないわけではありませんが、プロポーズとともに受け取ることを期待している女性もたくさんいます。婚約指輪は決して安い買い物ではないので、彼女が受け取ったあとも身につけたくなる婚約指輪を選びたいものです。ただし、男性側はプロポーズのタイミングに初めて指輪を購入することになる人も多いので、選び方など検討もつかないと悩まれることも多いです。何も考えずにお店に行っても無駄足に終わることも多いので、気をつけるべきポイントをしっかりおさえて、彼女に最も似合う婚約指輪をセレクトしましょう。
(プロポーズのプレゼントに纏わる記事のまとめは『こちら』から)

(3)当日のプランを決めましょう。
「プロポーズ当日のプラン」は入念に練るようにしましょう。最初に考えるのは「コンセプト」です。ロマンチックなプロポーズにしたいのか、サプライズのあるプロポーズにしたいのかなど、目標とする方向性によって準備の仕方が異なってきます。
コンセプトが決まったら、それに合わせて場所や演出を考えましょう。例えば、ロマンチックなプランとしては、夜景の見える高級レストランでのプロポーズなどが鉄板です。サプライズのあるプランにしたければ、特別な演出に協力してくれるお店を探して予約したり、友人を巻き込んでフラッシュモブの連取をしたりする必要があります。そのほかにも、2人のお気に入りのデートスポットや自宅など、いつもの風景の中でさりげなくするカジュアルなプロポーズも粋なものです。2人の関係性を考慮したり、さりげなく彼女の意向をヒアリングしたりするなど、プランについては入念に練っておくと良いでしょう。自分で聞き出すのが難しければ、友人に協力を仰ぐのもよいでしょう。
プロポーズは男性にとっては最も緊張する瞬間の1つです。どれだけ計画していても急なハプニングはつきものですが、それでも事前に計画を練っておくことは、あなたの緊張を和らげることにもつながります。最高のプロポーズにするためにも、予測できる不安の芽は事前に摘み取っておきましょう。
(プロポーズの方法に纏わる記事のまとめは『こちら』から)

(4)プロポーズのセリフを考えましょう。
「プロポーズのセリフ」もしっかり考えておく必要があります。女性にとってその言葉は、一生涯忘れることのできない特別な言葉になります。彼女に感動の瞬間をもたらし、思い出に深く刻むイベントにするためにも、全身全霊を込めて素敵な言葉を用意しましょう。そうはいっても初めての体験なので、いい言葉が全く思いつかないと悩んでいる人もいるかもしれません。プロポーズで鉄板の言葉を参考にしながら、2人にとって最良の言葉になるようにアレンジを加えて準備するのもオススメです。
(プロポーズの言葉に纏わる記事のまとめは『こちら』から)

(5)プロポーズを決行しましょう。
ここまで準備ができたら、あとは当日を迎えるだけです。当日は緊張して当たり前ですが、当日まで何度も何度もその瞬間を思い描きながら、シミュレーションを重ねることで、少しでも心に余裕をもつことができるようになります。大切な人のためにどれだけ準備ができるか、それが最高のプロポーズの瞬間を迎えられるかどうかを左右します。
(プロポーズのエピソードに纏わる記事のまとめは『こちら』から)

プロポーズを決心してから決行するまでの流れは以上です。意外にもやることが多いなと感じた人もいるのではないでしょうか。せっかく良い演出や計画をたてても、希望の場所が予約できなかったり、婚約指輪などのプレゼントが間に合わなかったりしては元も子もありません。なるべく時間に余裕を持って、プロポーズの準備を進めるようにしましょう。

プロポーズのタイミングはいつがいいの?

いざプロポーズするときに迷うのが、想いを伝える「タイミング」。プロポーズのタイミングは2人にとって一生の思い出に残る記念日になるため、かなり悩むでしょう。タイミングの選び方は人それぞれですが、人気のタイミングがいくつかあります。ここでは、よく選ばれるおすすめのプロポーズのタイミングを、それぞれのメリットとともにご紹介します。

・2人の記念日
プロポーズのタイミングとしてわかりやすく、2人の思い入れもある日が「記念日」です。2人が出会った日や付き合った日、初めてデートした日など、2人だけの思い出がつまった記念日はプロポーズのタイミングに選ばれることも多いです。記念日なら、一緒に過ごしたり出かけたりが自然とできます。そのため、プロポーズの流れを自然と作りやすいという利点があります。付き合いが長いカップルの場合は、彼女が「そろそろかな?」と期待をしている場合もあるかもしれません。付き合った記念日が、プロポーズによって新しい記念日として上書きされるというのも、特別感が増した素敵な演出になります。

・彼女の誕生日
「彼女の誕生日」は、サプライズのプロポーズを演出するのにオススメの日。誕生日祝いの名目で、おしゃれなレストランを予約したり、旅行を計画したりするなど、あなた主導でプロポーズのきっかけがつくりやすいためです。「誕生日をお祝いしてもらえるのかな」と思ってやってきた彼女に対し、もうひとつのプレゼントとしてプロポーズを贈るというのも素敵ですね。お祝い事が2つ重なることで彼女の思い出により深く刻まれます。数年後に「〇歳の誕生日にプロポーズしてくれた」と、一緒に思い出すのもロマンチックです。

・クリスマス
聖なる夜である「クリスマス」のプロポーズも、雰囲気がよくロマンチックでオススメです。クリスマスイブは夜まで共に過ごす予定のカップルも多いため、プロポーズが終わった後の時間も一緒に過ごせるのもポイントのひとつです。また、街がイルミネーションで綺麗に彩られたり、レストランやカフェにもスペシャルディナーの用意があったりと、特別な日を演出しやすいという利点もあります。多くのカップルが聖なる夜に結ばれてきました。

・バレンタインやホワイトデー
恋人の日である「バレンタインデー」や「ホワイトデー」もプロポーズのタイミングにオススメです。特にバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートを渡す習慣があるため、彼女には彼から何かをもらえるという期待がありません。油断している彼女に対してプロポーズのプレゼントがあれば、予期せぬ喜びから忘れられない日になること間違いなしです。またクリスマスと同様に、レストランなどで特別ディナーが用意されている場合も多く、ロマンチックな演出がしやすい日でもあります。

・大晦日や元旦
大晦日や元旦は、人生の節目としてわかりやすくオススメです。新しい年を迎えるとともに、2人の気持ちをひとつに新しい生活をスタートさせるというのも粋ですね。一緒に年越しをして新たな年を迎える瞬間にプロポーズをすれば、彼女の思い出に残ること間違いなしです。海外では年越しの瞬間に花火をあげる習慣のある地域もあるため、そうした特別な演出のある場所でプロポーズするのも記憶に残って素敵ですね。家族公認であれば、そのまま両家にご挨拶をするという流れもありかもしれません。

イベントに合わせたプロポーズを計画する場合は、レストランの予約など場所の確保も早めに行いましょう。クリスマスやバレンタインデーなど人気のタイミングは、素敵なお店や特別な席は早々に予約で埋まってしまう可能性が高いです。
ただし、実はあえて特別な記念日ではない普通の日を選んでプロポーズをする人も多いようです。「なんでもない日が新しい記念日になる」というのもとても素敵な演出です。他にも綿密な計画を立てていたのに、気持ちが高まったために、勢いで普通の日にプロポーズしてしまったという人もいるようです。2人の思い出に残るプロポーズになるように、タイミング選びは慎重に行いましょう。

指輪選びでおさえておきたいポイント!

プロポーズするとき、彼女に贈る婚約指輪。彼女のために指輪を選ぶのは初めてというかたも多いのではないでしょうか。指輪を選ぶポイントはもちろん、その種類や出来上がるタイミングなんて全くわからないですよね。ここでは、彼女のための指輪選びでおさえておきたいことをご紹介します。

・彼女の好みをしっかりリサーチしましょう。
婚約指輪を選ぶにあたり、まずリサーチしたいのが「彼女の好み」です。せっかく時間をかけて婚約指輪を選んでも、彼女が全く身につけてくれなかったということにならないように、彼女が素敵だと思う指輪をプレゼントしたいですよね。実際にもらった指輪を気に入らないという例もあるので、慎重に選びたいものです。
まず、婚約指輪には「既製品」「セミオーダー」「フルオーダー」と買い方にも大きく分けて3種類があります。もちろんフルオーダーの指輪は割高ですが、彼女が「世界で唯一」というポイントにこだわる人なら、オーダー形式にしてデザインから作り上げるのもよいでしょう。
石についてもダイヤモンドを選ぶ場合が多いですが、形や色、透明度などにこだわりを持つ人もいます。一粒ダイヤの婚約指輪が割と一般的ですが、日常使いを優先する場合にはエタニティリングなど使い勝手の良い形を希望する場合もあります。
さらに、婚約指輪のブランドも数多くあります。全く検討をつけずに百貨店などに探しに行くと、その数の多さに圧倒されてしまうでしょう。婚約指輪のブランドについては女性が具体的な憧れを持っていることも多いので、リサーチしておきたい点のひとつです。

・彼女の指のサイズを調べましょう。
婚約指輪の準備に欠かせない情報が「彼女の指のサイズ」です。確実なのは直接彼女に聞くことですが、サプライズでプロポーズをしたい場合にはそういうわけにもいかないでしょう。また、自分の指のサイズを把握していない女性も多いので、聞き出せない場合もあります。
代替案として、正確性は落ちますが、彼女が寝ているときに糸でサイズを測ったりするかたもいるようです。一緒にお出かけしたときに、雑貨屋さんなどで指輪の試着をしてもらうと、サイズの参考になります。もちろん左右で指のサイズには差があるので、必ず左の薬指のサイズを測りましょう。
正確なサイズがわからなくても諦めることはありません。指輪はデザインによってはサイズ直しができるものもあるので、ご安心ください。婚約指輪に関しては、サイズのお直しを無料でやってくれるお店もあるようです。彼女の指のサイズに自信がない人は、サイズのお直しができるかどうかを購入時にお店で確認しておくとよいでしょう。

・注意!注文してから手元に届くまで1~2カ月ほどかかります。
婚約指輪を準備するときに気をつけたいのは「納期」です。「明日プロポーズしよう!」と急に決意してジュエリーショップに行っても、たとえ既製品であってもその日に持ち帰ることができるわけではありません。名前や日付などを刻印したり、サイズを直したり、新品を取り寄せたりするのに時間がかかるためです。注文してから手元に届くまでに1〜2カ月ほどかかると思って、早めに準備をするようにしましょう。フルオーダー品の場合は、デザインの打ち合わせから納品まで半年ほどかかる場合もあります。

アイプリモオンラインショップでは、お急ぎ対応可能な商品も取り揃えています。

婚約指輪の選び方がわかっても「選んだ指輪が、彼女が欲しい指輪かどうか」の不安は拭いきれないでしょう。婚約指輪の平均購入額は20〜50万円ほどと言われており、決して安い買い物ではありません。せっかくなら彼女が欲しいデザインのものをあげたいですよね。婚約指輪については、大きく分けて渡すタイミングを2つから選べます。どちらにもメリット・デメリットがあるので、2人の状況に合わせてよく考えて決めましょう。

・男性側が選ぶ:プロポーズの際にサプライズで渡す
プロポーズの言葉と一緒に婚約指輪をもらうのは、女性の憧れのシチュエーションでもあります。メリットとしては、プロポーズの感動をより一層引き立て、思い出に残る演出になること間違いなしです。ただし、プロポーズをサプライズ演出にしたい場合、プロポーズと同時に渡すには彼女の確認なしに婚約指輪を購入する必要があります。そのため、彼女が気に入らない指輪を贈ってしまう可能性があることがデメリットです。

・女性とともに選ぶ:プロポーズ後に2人で選んで渡す
「とにかく彼女が気にいる指輪にしたい!」という人は、プロポーズ時点では婚約指輪を準備しない選択肢もあります。プロポーズ当日は言葉だけで、後日2人で婚約指輪を買いにいく方法です。メリットとしては、彼女が自分で婚約指輪を選べるので、確実に彼女に身につけてもらえる気に入った指輪を選べることです。ただし、プロポーズとともに指輪を渡せないので、プロポーズ当日の演出としては弱くなる可能性があることがデメリットになります。あとから指輪を一緒に買いに行こうという気持ちを込めて、指輪ケースだけを贈るという演出をする場合もあるようです。指輪の代わりに、100本のバラの花束など別のプレゼントを用意するのも素敵な演出です。

また、女性によっては、婚約指輪自体をいらないと思う人もいます。結婚式以降は結婚指輪を身につけるため、婚約指輪を使う機会があまりないことや、婚約指輪にかかるお金で結婚式やハネムーンを豪華にしたいことなどが理由としてあげられます。
そうはいっても、やはり結婚の約束の証としての指輪をプレゼントされて嬉しくない女性はいません。せっかく婚約指輪をプレゼントするのであれば、しっかりと準備を進めておきましょう。

  • PPR
  • 婚約指輪

厳選!プロポーズの言葉

プロポーズを成功に導くために、ビシッと決めたいのが「プロポーズの言葉」です。それは2人の心に一生残り続ける特別な言葉で、結婚して何十年たっても忘れないという夫婦もいるくらい思い出に残る大切な言葉になります。特に女性は、昔からプロポーズの言葉に憧れや期待を抱いているという人も少なくありません。それだけ大切な一言をしっかりと決めるために、ここではオススメのプロポーズの言葉を厳選してご紹介します。大切な人の心に残る言葉を選ぶために、ぜひ参考にしてください。

・「結婚してください。愛しています。」
シンプルイズベストです。とにかく一番伝えたい「結婚して欲しい気持ち」だけを、飾らずにストレートに伝える言葉です。ストレートな言葉だけ伝えられても、女性は嬉しいものです。意外と女性は、着飾った言葉よりもシンプルな言葉を求めているかもしれません。近い言葉としては「一緒になろう」なども、グッとくる言葉でしょう。

・「僕の家族として、ずっとそばにいてください。」
結婚というイベントだけでなく、その先まで見据えた素敵な言葉です。結婚は大切なイベントですが、その先に2人の家族としての新しい生活が長く広がっています。これから先の2人の未来まで考えていることが伝わるこの言葉は、あなたのプロポーズを受けることへの安心感につながるでしょう。ともに未来を歩んで行く気持ちをお互いに確認できるプロポーズの言葉も、とても素敵です。
相手との関係性によっては「毎日味噌汁を作ってほしい」や「同じ苗字で生きて行こう」といったような言葉も、未来を見据えたプロポーズの言葉としてはよいかもしれません。

・「世界で一番幸せにする。」
世界で一番という言葉に彼の強い愛がこめられていて、ストレートに胸に伝わって来る言葉ですね。「他の誰でもなく、あなたのことを幸せにする」という強い決意が感じられるので、彼女も安心してあなたとの結婚を受け入れられるでしょう。
ただし気をつけたいのは、決して上から目線にならないようにすることです。似たような言葉でも「幸せにしてやる」といった押し付けがましい言葉だと嫌がられることも多く、プロポーズの雰囲気を壊してしまう可能性もあります。

・「一生かけて守ります!結婚しよう。」
まるで騎士のような素敵な言葉ですね。彼女を大切にしたい気持ちへの覚悟がにじみでている強いプロポーズの言葉です。一生という言葉には遠い将来までも約束する強い意志が感じられ、彼女も「この人なら私のことを守ってくれそう」と安心してあなたと婚約することができます。一生忘れられない素敵な言葉として、彼女の心に刻まれること間違いないでしょう。甘えん坊な彼女の心には特に響く言葉かもしれません。

・「僕のお嫁さんになってくれますか?」
問いかけ形式のこの言葉は、彼の謙虚な気持ちの表れかもしれません。自分に自信はないけれど、あなたと結婚したいという謙虚だけれど強い意志が感じられます。この言葉を投げかけられると、つい彼女の方があなたを「守ってあげなきゃ!」と感じるかもしれません。女性の母性本能をくすぐる言葉です。
ただし、相手によっては歯切れの悪い疑問形を嫌う場合もあるので注意が必要です。また「そろそろお嫁さんになる?」「とりあえずお嫁さんになる?」といったように、仕方ないニュアンスが含まれる言葉も避けましょう。照れくさい気持ちから出てくる言葉かもしれませんが、彼女に失望される可能性もあります。

あなたにとって大切な人が言われて喜ぶ言葉を、ぜひ彼女の立場になって考えてみましょう。案外、彼女が求めている理想の言葉は、短くわかりやすい言葉なのかもしれません。
また、プロポーズの言葉を考えるときには、彼女への想いの丈をとにかく書き出してみるのもオススメです。考えれば考えるほど伝えたい言葉が溢れて、プロポーズの言葉が長くなってしまうかもしれません。ただし、あまりに長くて回りくどい言葉の場合、せっかくの雰囲気を損ねてしまう可能性もあります。伝えたい気持ちがまとまりきらない場合は、最終的にはプロポーズの言葉は短くまとめ、想いの丈は余すところなくお手紙に記して渡すのもオススメです。あなたの溢れる想いもお手紙なら、ずっと形として残しておくことができます。プロポーズの言葉で感動し、後でお手紙を読んで更に感動するという演出も素敵です。
しっかり準備していても、いざ伝えるときは緊張してしまうものです。あまり飾ろうとせず、素の自分をぶつけることができれば、あなたの気持ちはきっと大切なあの人に届くでしょう。

大切なあの人の記憶に残るプロポーズをしよう

一生に一度のプロポーズに向けて、やるべき準備が意外と多いと思った人もいるかもしれません。事前にどれだけ彼女のことを考えて入念に準備できるかが、彼女の思い出に残る素敵なプロポーズになるかどうかを左右します。
プロポーズの準備は大変ではありますが、苦労した分だけ大切な人の記憶に残る素敵なプロポーズというイベント自体をプレゼントすることができます。これから先、共に生きていく大切な人のためにも、しっかりと事前準備をしてプロポーズ当日を迎えましょう。