プロポーズの日って何?実行すべきタイミングやポイントとは?

プロポーズ相談

プロポーズ知恵袋

「そろそろプロポーズかな?」と思ったときに、実際に何から準備してよいのかわからないという方も多いと思います。「婚約指輪の価格は?」「どんな言葉を伝えれば喜んでもらえる?」「プロポーズの場所はどこで?」など、プロポーズを準備する方の様々な疑問を解決する記事をご覧ください。

プロポーズの日って何?実行すべきタイミングやポイントとは?

結婚したい人が心に決まっている場合は、いつどんな風に相手にプロポーズをしたらいいかを悩んでいる人も多いのではないでしょうか。日本では、プロポーズの日と定められている日があります。プロポーズの日とはどんな日なのでしょうか。また、プロポーズをするタイミングはいつがいいのか、どんなことに気を配ればいいのかを解説します。

プロポーズの日はいつ?どんな日?

日本では、6月の第1日曜日がプロポーズの日と定められています。2018年では6月3日でした。提唱者はブライダルファッションデザイナーであり、全日本ブライダル協会の会長でもある桂由美さんです。1994年に全日本ブライダル協会がこの日をプロポーズの日と制定しました。プロポーズの日は、プロポーズをすることを推奨している日ということではなく、なかなかプロポーズに踏み切ることができない男性の背中を押すきっかけになるようなイベントが企画されたりしています。また、既婚者やプロポーズをされたことのある人に対しては、プロポーズをされたときのことを思い出す日にして欲しいという願いが込められている日でもあります。

6月の花嫁「ジューン・ブライド」は幸せになれる花嫁の象徴として広く知られています。「ジューン」は、ギリシャ神話に登場する女神の「ジュノー(Juno)」が由来です。Junoは6月の守護神とされており、最高神ゼウスの妻でもあります。また、Junoは結婚や出産を司る神でもあるため、そこから転じて「ジューン・ブライド」の言い伝えが広まりました。プロポーズの日が6月に定められたのは、こうした経緯も配慮されています。

女性がされたいプロポーズの日はいつ?

プロポーズの日は、される側にとっても申し込む側にとっても特別な一日となるのは間違いありません。また、クリスマスはカップルにとって1年の中でも大きいイベントのひとつ。街全体が華やかなムードに包まれ、イルミネーションで彩られてロマンチックな雰囲気に溢れています。そんなロマンチックな日にプロポーズをされたら、一生忘れられない記念になるでしょう。

プロポーズをする場所としては、レストランや高級ホテルなどが女性に人気です。レストランやホテルは、相手のために前もって準備をしたという特別感を出すことができます。実際、この時期には各レストランやホテルでクリスマス用のプランが用意されていることも多いので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

つづいて、女性の誕生日も人気がある記念日です。誕生日という特別な日にプロポーズをされたら、生まれて出会えた喜びを改めて感じられ、思い出に残る素晴らしい日となるのは間違いないでしょう。また、2人が初めて付き合った日にプロポーズをする男性も多くなっています。付き合い始めた日は2人にとって特別な日なので、その日にプロポーズをすると特別感が出せます。また、相手もその日を大切にしてくれているという思いと、プロポーズをされた喜びが重なって、女性にとってもより一層嬉しい日になるでしょう。

一方でこうした特別な日以外にも、未婚女性に意外と人気があるのがなんでもない普通の日です。アンケートによるとクリスマスや誕生日、2人の記念日などを抑えて、普通の日が一番人気になっています。どんなタイミングでも、プロポーズは嬉しいという女性の気持ちが表れているといえるでしょう。

プロポーズをするまでのステップは?

おふたりにとって一生の思い出に残るようなプロポーズをするためには、入念な準備が必要です。まずは、どんなシチュエーションでプロポーズをするのかを具体的に考えましょう。つづいて、ジュエリーショップに出かけて婚約指輪を選び手配します。なお、ジュエリーショップに出かける際には来店予約をするのがおすすめです。来店予約をしておけば時間を気にせずに相談することができ、じっくりと指輪を選ぶことができます。

また、婚約指輪には取り寄せたり刻印を入れたりすることも多いため、予約をしてから実際に受け取れるまで1~2カ月ほどかかるのが一般的です。そのため、準備や手配は余裕をもって早めに行いましょう。最近では、プロポーズを行うときに指輪だけでなくプレゼントも一緒に贈る男性が増えています。そのプレゼントを用意したり、女性にどんな言葉をかけるのかを考えたりすることも重要です。そして、すべての準備が整ったら予約したレストランや思い出の場所などでプロポーズしましょう。

絶対にされたくないプロポーズの内容

女性が絶対にされたくないプロポーズのスタイルもいくつかあります。まずは、道端でひざまずくプロポーズです。ドラマなどによく出てくるシチュエーションですが、周りの人の目が気になり恥ずかしいと感じる女性が多くなっています。つづいて、食べ物の中に指輪を入れる方法。こちらもドラマや映画などでは見かけるシーンですが、うっかり気づかずに飲み込んでしまったときが怖い、そもそも衛生的に嫌、という意見が出ています。

また、フラッシュモブでプロポーズをされるのも敬遠される傾向があります。フラッシュモブとは、街中などで突然に仕掛け人が歌やダンスを始めるのをきっかけとして、周りにいる人たちも合わせて歌ったりダンスをしたりします。それが最高潮になったときに、プロポーズを行うというものです。相手の女性は、今までデートしていた男性が急に歌いだしたり踊り出したりするのでびっくりしてしまいます。また、それに合わせて周りの人たちも歌ったり踊ったりするわけですから、何が起こっているのか分からない状態になるでしょう。プロポーズにフラッシュモブを使うことは、周りを巻き込むことや公衆の面前でのプロポーズの恥ずかしさを理由に嫌がる女性が多くなっています。

また、メールやSNSツールでのプロポーズも止めた方がいいでしょう。メールやラインは便利はツールですが、プロポーズの手段としては誠実さに欠け、好まれません。これは、プロポーズの言葉は直接聞きたいという女性の気持ちの表れともいえるでしょう。

女性が本気で喜ぶ理想のプロポーズとは?

プロポーズは一生に一度であることから、シチュエーションにもこだわりたいものです。プロポーズを行うシチュエーションとしておすすめの場所が3つあります。一つ目はテーマパーク。夜になるとイルミネーションが輝きロマンチックな雰囲気になるテーマパークは、プロポーズをするシチュエーションとしては絶好の場所といえるでしょう。テーマパークがお好きな2人であれば、とくにおすすめです。

二つ目は夜景のきれいな場所です。デートスポットとしても人気があり、ロマンチックな雰囲気に溢れている夜景スポットは、プロポーズをするのにうってつけといえます。三つ目は、レストランです。これまでにデートをしたことがある思い出のお店や、予約が取りづらい話題のレストランなどでのプロポーズは、特別感を出すことができます。レストランでは、サプライズ演出をサービスとして行っているところもありますので、相談してみるといいでしょう。

日取りを決めてプロポーズをしよう!

プロポーズは多くの人にとって一生に一度。であればこそ、思い出に残る素敵な日にしたいものです。まずは、いつ行うかを決めましょう。「プロポーズの日」などもありますが、必ずしもそうした日にする必要はありません。相手の誕生日や2人の記念日など、思い出になりそうな日に合わせられるとよいでしょう。婚約指輪の準備には2カ月程度はみておきたいので、時間に余裕を持って手配するのがポイントです。プロポーズを行う場所もしっかりと考え、予約が必要な場合は早めに予約を行うなど、入念に準備を進めたうえでプロポーズをしましょう。

婚約指輪選びと合わせて、
プロポーズ演出をサポートいたします