プロポーズはいつすべき?カップルが結婚を意識するタイミングとは

プロポーズ相談

プロポーズ知恵袋

「そろそろプロポーズかな?」と思ったときに、実際に何から準備してよいのかわからないという方も多いと思います。「婚約指輪の価格は?」「どんな言葉を伝えれば喜んでもらえる?」「プロポーズの場所はどこで?」など、プロポーズを準備する方の様々な疑問を解決する記事をご覧ください。

プロポーズはいつすべき?カップルが結婚を意識するタイミングとは

結婚は人生において重要な決断です。そのため、プロポーズは2人にとって適切なタイミングで行うことが大切です。しかし、明確に「この時期がベスト!」という指標があるわけではないため、プロポーズをするタイミングは判断しにくく、なかなか結婚に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、大切なパートナーとの将来設計にも関わってくる、プロポーズのタイミングについてご紹介します。

 

世のカップルはどう考えているの?結婚を意識するタイミングについて

カップルが結婚を意識するタイミングとして最も多いのは、付き合ったその日から数えて2年〜3年後です。

その理由には、「1年ではパートナーの人間性がまだ分からない」「2年ほど付き合って、パートナーのことを理解した上で結婚を考えたい」という男女共通の意見が大きく関係しています。

次に多かったのは1年未満です。この結果から、パートナーの性格や趣味を知る中で「相性が良い」と感じた場合には、付き合い始めたばかりでも結婚を意識する方が多いということが分かります。特に30代前半の女性は、結婚後の妊娠や出産を考慮し、なるべく早く結婚したいと考える傾向にあります。

次に多かったのは3年〜5年後です。「重要な選択なので勢いに任せたくない」「結婚資金を貯めたい」という理由から、結婚するにあたりなるべく長く付き合うこと前提としているカップルも多いようです。

参考URL:https://cancam.jp/archives/156559/2

 

結婚するタイミング別にご紹介!それぞれのメリット・デメリット

カップルにより結婚のタイミングは異なり、出会って1ヶ月で結婚するカップルもいれば、数年かけて結婚を意識するカップルもいます。付き合ってから結婚するまでの期間として「半年以内」「1年以上、3年以内」「3年以上」をピックアップし、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

半年以内

付き合い始めて半年以内で結婚するカップルは、男女共に結婚を強く意識している可能性が高いと考えられます。お互い結婚に対して前向きなので駆け引きをするが必要なく、プロポーズをするタイミングに気を使わなくて良いというメリットがあります。

その反面、周囲からは「すぐに別れるのではないか」という目で見られやすいというデメリットもあります。周りの人に納得してもらえるよう、半年以内で相手をしっかりと見極めることが大切です。

1年以上、3年以内

付き合い始めて1年以上、3年以内という期間は、一般的には理想の年数といわれています。そのため周囲から理解を得やすく、いざというときに協力してもらいやすいというメリットがあります。また春夏秋冬を一緒に過ごしているため、相手の魅力はもちろん、欠点まで把握してから結婚できるという点もメリットです。

ただし、彼女が30歳以上の場合、交際期間が長すぎると相手に焦りが生まれる可能性があります。女性は結婚が遅くなると妊娠・出産に影響してしまうので、男性よりも結婚のタイミングにシビアといえます。「この人は結婚する気がないんだ」と見切りをつけられないよう、交際期間が長い場合は結婚する意思があることを事前に伝えておきましょう。

3年以上

付き合い始めて3年以上が経つと、老後まで一緒にいられる相手なのかどうかを見極めることができます。また、結婚に必要な資金を貯められるというメリットもあります。中には、期間中に同棲するカップルもおり、毎日の生活を共にすることで相手との結婚生活をイメージしやすくなります。

しかし3年以上もの長い月日が経つことで「タイミングがつかめず、数年が経ってしまった」となかなか結婚に踏み切れないカップルもいます。1年以上、3年以内と同様、結婚を先延ばしにすることで彼女がしびれを切らし、愛想をつかされる可能性があるので注意が必要です。

 

きっかけ作りならコレ!イベントとプロポーズのタイミングを合わせよう

男性の中には、きっかけがないとプロポーズに踏み切れないという方もいるのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、イベントとプロポーズのタイミングを合わせるという方法です。

彼女の誕生日

誕生日に対し、「定番だから避けたい」などとマイナスなイメージを抱いている方もいるかもしれませんが、実はプロポーズにうってつけの日です。いつものように彼女の誕生日をお祝いするだけでも2人にとっては特別な一日になりますが、サプライズでプロポーズをすることで、忘れられない思い出を作ることができます。

2人の記念日

出会った日や付き合った日、初めてデートに行った日など、2人だけの記念日があれば、そのときにプロポーズするのもおすすめです。もともと記念日だった日にプロポーズをすることで、さらなる特別な要素をプラスすることができ、2人にとって忘れない一日にすることができます。

クリスマスやバレンタインデーなどのイベント

1年の中でも、特にカップルに重要視されているイベントがクリスマスやバレンタインデーです。例えばクリスマスを選べば、イルミネーションのきらびやかな光が輝く中、ロマンチックにプロポーズできます。多くの女性が憧れるシチュエーションを実現しやすいので、特別な思い出として残すことが可能です。

 

以上3つが、プロポーズに最適なイベントです。「結婚の意思は固まっているけれど、どのタイミングでプロポーズすればいいのか分からない」という方は、イベントの力を借りてロマンチックな雰囲気の中で想いを伝えてみましょう。

以下にプロポーズの成功事例とサプライズプロポーズの動画を記載しています。プロポーズのタイミングについてお悩みの方は、ぜひ御覧ください。

プロポーズ成功事例 | プロポーズ準備室 | 最高のプロポーズを知って相談できるサイト

サプライズプロポーズ動画 | プロポーズ準備室 | 最高のプロポーズを知って相談できるサイト

 

まとめ

カップルによって結婚を意識するタイミングは異なり、特に多いのは付き合った日から数えて2年~3年後です。パートナーの人間性を十分に把握できるだけでなく、結婚資金もある程度貯められるので、プロポーズするには最適のタイミングといえます。

とはいえ、もちろん必ずしも2年~3年後が良いというわけではありません。2人にとって適切なタイミングはいつかをよく考え、プロポーズに踏み切ることが大切です。

 

アイプリモでは、指輪の購入からプロポーズまでの成功プランを提案しております。

以下の記事で詳細を記載しておりますので、「いつプロポーズしようか迷っている」「2人にとって最適な結婚のタイミングが分からない」という方は、一度御覧ください。

あなたのプロポーズを成功に導くプロポーズ相談窓口 | プロポーズ準備室 | 最高のプロポーズを知って相談できるサイト

婚約指輪選びと合わせて、
プロポーズ演出をサポートいたします