もう悩まない・迷わない指輪選びのキホン

婚約指輪としても結婚指輪としても使える! 人気のエタニティリング選びのポイント

  • 1. エタニティリングとは

    ダイヤモンドが主役の指輪と聞いて、皆さんはどんなデザインを思い浮かべますか?アイプリモの「シリウス」のような、ひと粒のダイヤモンドが中央できらめく王道のソリテールリングという人も多いと思うのですが、最近、人気を集めているのが指輪の一周をぐるりと小ぶりのダイヤモンドで埋め尽くすエタニティリングです。

    エタニティリング

    ダイヤモンドひとつずつは小さいものの、全体をダイヤモンドで覆い尽くすそのゴージャス感はソリテールとはひと味違う、石の魅力を味わうことができます。「エタニティ」とは英語で「永遠」という意味。指輪の全周を同じカットのダイヤモンドで埋め尽くし、それが途切れることなく並ぶために、永遠の愛を象徴する指輪にはぴったり。
    “シンプルなライン+ダイヤモンドで埋め尽くす贅沢感”といった組み合わせは、日常使いできる婚約指輪としても、ラグジュアリー感たっぷりの結婚指輪としても重宝。重ね着けもしやすいため、ファッション性もありつつ、ダイヤモンドの魅力を堪能できるため、人気が高いのも納得です。

  • 2. ゴージャス感ならフルエタニティ

    エタニティリングには、指輪の全周に石を敷き詰めたフルエタニティと、あえて半周に抑えたハーフエタニティがあります。フルエタニティの魅力はなんといっても、指輪全体がダイヤモンドの輝きで覆われるゴージャス感です。どの角度から見てもダイヤモンドがキラキラと輝くその様子は、指にはめていつまでもうっとりと眺めたくなるくらいの幸せな気分に浸ることができます。
    一方、フルエタニティのデメリットとしては、サイズ直しが難しい点。指輪を途中でカットして、再び溶接するという加工が難しい造りなので、指のサイズが変わってしまった場合は、サイズ交換ということになります。そのかわり、指輪がクルクルと回っても変わらないデザインなので、サイズが多少、大きくても問題なくつけることができる点はメリット。

    また、ダイヤモンドをふんだんに使っていますから、その分お値段はお高め。とはいえ、その贅沢さこそ、ブライダルリングならではの醍醐味。指輪を見つめながら、いつまでも心がときめいていられるのなら、納得の価値と価格といえそうです。

  • 3. 普段使いに適したハーフエタニティ

    「エタニティのデザインはとっても好きなのだけれど、フルエタニティだとゴージャスすぎる…」。そう考えている人におすすめなのが石の並びをあえて指輪の半周程度に抑えたハーフエタニティです。
    アイプリモのハーフエタニティ「ウェスタリス」も人気が高く、職人技によって一つひとつ繊細にセッティングされたメレダイヤの輝きが指先に洗練されたインパクトを与えてくれると評判です。

    かしこまった席など指輪の華やかさが気になるときには、ダイヤモンドが敷き詰められた部分を手のひら側に回せば大丈夫。シンプルな地金部分が表面に出るので、人から見るとシンプルな指輪に見えます。また、堅いものを持ったり、握ったりしたときにダイヤモンドにぶつかる心配がないというメリットも。
    さらに、フルエタニティに比べてダイヤモンドの数が少ないため、お値段も控えめで、サイズ直しが可能なものも。仕事中もつけるなど実用面を重視する人は、普段使いしやすいハーフエタニティもぜひチェックしてみて。

  • 4. ダイヤの留め方もさまざま

    キラキラと輝くメレダイヤが直線状に並ぶエタニティリング。デザインとしては似ていても、ダイヤモンドの留め方で印象が随分と変わってきます。
    ダイヤモンドの留め方には大きく3種類あります。ひとつは「共有爪留め」。これは、ひとつの爪で両サイドのダイヤモンドを留める方法。爪が少ないため、ダイヤモンドの存在が際立ち、よりゴージャスな印象になります。
    ふたつめは「4爪留め」。ひとつのダイヤを4つの爪でしっかりと留める方法です。地金が見えるもののその分、ダイヤモンドが取れる心配がない安心感、安定感があります。
    3つめが「レール留め」。爪を使わずに上下のレールでダイヤモンドを留めるデザインです。地金、ダイヤモンド、地金と3層がすっきりと現れるスタイリッシュな印象を楽しむことができます。

    エタニティリングの結婚指輪ウェスタリス、セレーネ、カリス、マーニ・フル

    同じエタニティリングでも、留め方によって、ダイヤモンドの輝きがよりゴージャスになったり、スタイリッシュになったりとその表情もいろいろ。ぜひ、実際に指に通してその違いを見比べてみてください。

  • 5. 長く大切に使うための注意点

    エタニティリングの場合、全面がダイヤモンドだけに、地金部分が多いデザインに比べて繊細な造りになっています。日常使いするときは、むやみに物にぶつけないように気を配るなど、丁寧に扱うのも大切なポイント。

    エタニティリングのアストラをつけている女性

    とはいえ、日々、指にはめていたら知らないうちに指輪に負荷をかえて爪がゆるんでしまうことも。もし、性格的に大ざっぱだけれどエタニティリングを普段からつけたいという人には、高さのあまり出ないデザインを選ぶことをおすすめします。大切なダイヤモンドが取れてしまわないように、購入する際は、アフターサービスのしっかりしたお店を選び、定期的に指輪をチェックしてもらうのがいちばん。
    アイプリモでは、購入後もこうした指輪のケアもしっかりしてくれるうえ、ジュエリーコーディネーターが好みのデザインや日常での使い方などをヒアリングしながら、一人ひとりに合うエタニティリングをアドバイスしてくれます。ぜひ、プロの意見も聞きながら、永遠の愛の象徴にふさわしい指輪を選んでみてください。

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter

指輪選びなら

I-PRIMO 5つのこだわり

一生大切にするリングだからこそ
選ぶのはブライダルリング専門ブランドで

  • ― 01リングに宿る
    150のストーリー

    リングひとつひとつに託したロマンティックなストーリー

    コーディネートの夢が広がるセットリング

  • ― 02すべてのダイヤモンドに
    最高品質のこだわりを

    センターダイヤモンドはエクセレントカットのみを使用

    美しい輝きの証明“ハート&キューピッド”

  • ― 03すべてのお客さまに
    上質な商品とサービスを

    ふたりだけの想いを密かに刻むプロミスダイヤモンド

    おふたりの未来に寄り添い続ける充実したアフターサービス

  • ― 04日本全国70ヵ所以上、
    海外にも広がる店舗

    成約数70万組を誇る人気ブランド

    選びやすさを考え尽くした店舗空間

  • ― 05お客さまにとっての
    心強いサポーター

    プロのジュエリーコーディネーターがお客さまの悩みを解決

    プロポーズコンシェルジュがメモリアルな感動シーンをサポート

結婚のきもち準備室はI-PRIMOが運営する
“結婚に向けたカップルの悩みに寄り添い
応援するサイト”です。

I-PRIMO

I-PRIMOはブライダルジュエリー専門ブランドです。そのリングは、一生に一度の大切なもの。
だからこそ、きっと運命の出会いがあるはずです。
リング選びも、おふたりにとって幸福な時間であることを願っています。