気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

結婚指輪選びの際に気を付けたい,素材と金属アレルギーの関係

ジュエリーを身に着ける際に知っておきたいのが金属アレルギー。金属アレルギーとは特定の金属に反応して、アレルギー反応が起こることを言います。何らかの金属アレルギーを自覚している人もいるでしょうし、いままで金属製品を身に着けることがなかった人は、アレルギーがあるのに自覚していないということも。結婚指輪は日常的に身に着けるものですから、金属アレルギーは気になるところ。この記事では指輪の素材と金属アレルギーの対策についてご紹介します。

3_442811362

【金属アレルギーってなに?】
金属アレルギーは汗などで溶け出してイオン化した金属が体内に取り込まれ、体内のたんぱく質と結合してアレルギーの原因となる物質ができることから引き起こされます。アクセサリーを身に着けた部分にかゆみやかぶれなどの症状が現れ、金属アレルギーだと分かります。

【金属アレルギーを起こさない金属はあるの?】
残念なことに、絶対に金属アレルギーを起こさないと断言できる金属はありません。ただし、金属アレルギーを引き起こしにくい金属はあります。汗によって溶け出しにくい金属がアレルギーを引き起こしにくく、プラチナ、ゴールド、チタン、ジルコニウム、ステンレス、銀などがあげられます。

プラチナやゴールドは結婚指輪の定番素材ですので、これはありがたいところ。ただ、プラチナやゴールドのアクセサリーは加工や発色などのために他の金属を混ぜることがほとんどです。混ぜる金属(割り金)として使用されるのは、金属アレルギーを引き起こしやすいといわれる銅やパラジウム、ニッケルなど。これらの割り金によってアレルギーを引き起こすこともあるので注意が必要です。

なお、最近はチタンやジルコニウム、ステンレス素材の結婚指輪も見かけるようになり、金属アレルギーの人はもちろん、個性的なデザインの結婚指輪を探している人にも人気があります。

【金属アレルギーの対処法は?】
金属アレルギーがあるかどうかは、皮膚科で血液検査やパッチテストを行うことで分かります。ですから、気になるのであれば結婚指輪を購入する前に調べて、アレルギーを引き起こす金属の指輪を避けるのが望ましいと言えます。

また、金属アレルギーは汗で金属が溶け出すことで引き起こされるので、夏の暑い時期や運動をする時など、汗をかきやすい状況では事前に外しておくのがいいでしょう。さらに、汗をかいたらこまめに指輪と皮膚を拭き、常に清潔に保つようにするのもお勧めです。

結婚指輪はいつも気持ちよく身に着けたいもの。金属アレルギーの存在を知り、上手に付き合っていきましょう。