気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

色や重さにも関係!? 素材にもこだわる結婚指輪の選び方

ずっと身に着ける結婚指輪。デザインや色味はもちろん、着け心地や耐久性などは気になるところ。着け心地や耐久性、色味などに関わってくるのが指輪の素材。この記事では、結婚指輪で用いられる金属の特長についてご紹介。素材に注目した結婚指輪の選び方をお教えします。

4_260323670

【結婚指輪で人気があるのはプラチナ】
ジュエリーに使用される金属としてあげられるのが、プラチナ、ゴールド、シルバー、ステンレスなどです。結婚指輪に限って言うと、一番人気があるのはプラチナ。プラチナは白く輝く美しさが特長です。希少性が高く、変質や変色の心配が少ないことから、愛を誓う際に交換される結婚指輪に相応しいとされているのです。

金属はジュエリーに加工される際、他の金属(割り金)を混ぜて、強度や耐久性を高めたり、加工しやすくしたりします。プラチナには主にパラジウムが割り金として使われます。日本に出回っているプラチナジュエリーは割り金の割合が5%か10%がほとんどで、とても純度が高いのも特長。Pt950やPt900という表示を見たことがある人もいるかもしれませんが、これは純度95%あるいは純度90%のプラチナという意味です。

【混ぜる金属によって色が異なるゴールド】
最近はゴールドの結婚指輪を選ぶ人も増えつつあります。ゴールドも希少性が高く、柔らかくて細工がしやすいので、ジュエリーによく使われる金属といえます。ゴールドというといわゆる金色を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はさまざまな色みがあるのです。この色は割り金の金属によって決まります。ゴールドといわれて普通にイメージする金色のイエローゴールドは銀と銅を半々ずつ、日本人の肌に馴染むといわれ人気のあるピンクゴールドは銅をメインに銀をちょっぴり、プラチナのように白く輝くホワイトゴールドはパラジウムや銀などを混ぜています。なお、ゴールドの場合は割り金の割合が25%のものが多く、K18(18金)と表示されます。

【プラチナとホワイトゴールド、どう違うの?】
プラチナとホワイトゴールド(18K)では、見た感じはほぼ同じ。ただ、身に着けているうちに、ホワイトゴールドは表面のロジウムコーティングがはげてきて、やや黄みがかった色みになってきます。

重量はプラチナの方が重く、同じデザインのプラチナとホワイトゴールド(18K)のリングを持ち比べてみると、プラチナの方がずっしりとした感じがあります。重さは人により好みが異なり、ずっしりしている方が指輪の存在感が感じられていいという人もいれば、重いと気になるので軽い方が好きという人も。なお、金額はホワイトゴールドよりもプラチナの方が高くなります。

デザインに気を取られがちな結婚指輪ですが、素材にも注目して長く愛せるリングを探してくださいね。