気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

自分の肌の色に似合うリングデザイン・形とは?

一生モノの想いを込めて購入する、婚約指輪や結婚指輪。せっかくなら、見るたびに幸せな気分に浸れるような心から納得のいくリングを選びたいですよね。無数にあるデザインの中から、自分に最も似合う1本を見つけるためには、自分の指に似合うデザインや形を知ることも重要です。


■まずは手や指の特徴をチェック!
「自分に似合うリング」を知るためには、まず自分の手をよく知ることが肝心です。例えば、手の肌色はどんな具合か、手の大きさは大きめか小さめか、指の長短や太さ・細さ、関節が目立つかどうか、骨ばっているか肉付きがいいか…などなど。自分の手の傾向がわからない場合は、友人知人などと比較してみると、より特徴が理解できると思います。

■ 肌色別・どんなリングが似合う?
・青みがかった色白肌の場合
陶器のように真っ白で血色が薄い方は、肌色に馴染むプラチナやホワイトゴールドなどの素材のリングがオススメです。透きとおるような白い肌の美しさをいっそう引き立ててくれ、明るくも見せてくれるでしょう。逆にゴールド系の素材は少し似合いにくい肌色で、特にイエローゴールドは避けたほうが無難ですが、ピンクゴールドであれば肌色に温かみをプラスしてくれ、似合う可能性もあります。

宝石については、透明感のあるクリアなダイヤモンドがよく似合う肌色です。ダイヤモンド以外であればピンクダイヤモンドや、アクアマリンなど、薄い色合いの宝石が似合う傾向があります。この肌色の方の手はもともと女性らしい印象もあるので、それを引き立てる上品で繊細なデザインのリングがおすすめです。

・血色のいい色白肌、オークル系の肌の場合
比較的どんな素材や宝石でも似合いやすいのが、血色がいい肌色やオークル系の肌色の人。血色がいい色白肌の方は涼しげなシルバー、プラチナはもちろん、ゴールド系のリングも色味によっては似合う可能性があります。

オークル系の肌色の方も同様、比較的どんな地金素材・宝石でも似合いやすいので、希望のデザインのものから試着してみるといいでしょう。落ち着きがあるので、重厚感やマットな質感があるアンティークゴールドなどもマッチしやすい肌色になります。

・小麦色の健康的な肌色の場合
健康的な小麦色の肌の方は、イエローゴールドが断然おすすめです。肌にナチュラルに馴染み、かつ健康的で華やかな輝きを放ってくれます。一方、シルバー系の素材やピンクゴールドはくすんで見えてしまい、似合いにくい可能性があります。どうしてもこの素材をリングに用いたい場合は、ゴールド系とミックスしているコンビネーションリングなどを選ぶのがおすすめです。

宝石に関しては、ダイヤモンドはもちろん、エメラルドやサファイアなど濃い色合いのものや、ビビッドカラーの宝石が似合う肌色です。逆に淡色系の宝石は似合いにくい傾向があるので、できるだけハッキリした色の宝石を選ぶのがおすすめです。

■ 指タイプ別・どんなリングが似合う?
・ふっくらして短めの指の方は
ふっくらと丸い手で指も短い場合、最も避けるべきは極細デザインのリング。食い込んだ様に見えてしまい、指の太さを際立たせてしまうこともあります。かといって、リングの幅やボリューム感がありすぎると、存在感が大きくなりすぎて美しさに欠けるので、普通〜少し太めくらいでスッキリとしたラインのリングが最適です。指を細く長く見せてくれる効果を持つV字やS字のリングも、ぜひ試してみるといいでしょう。大きなセンターストーンが配置されたデザインも視線を2分割し指の細見え効果があり、おすすめです。

・手が大きく、長い指の方は
大きく長い指の人は比較的、どんなデザインも似合いやすいです。ただし、あまり華奢なリングになると、バランスが悪くなってしまうことも。宝石も含め、ある程度ボリューム感のあるリングを楽しめる指なので、華やかなデザインのリングがおすすめです。華奢なデザインが好きな方は、結婚指輪などと重ねづけをしてボリュームアップさせるといいでしょう。

・関節が太めの人は
関節や骨ばった感じが気になる人も、それなりに存在感や華やかさのあるリングが最適です。華奢すぎるデザインのリングは指の存在感にリングが負けてしまうため、避けたほうが無難でしょう。関節のサイズで選ぶと指の付け根でリングが回ってしまう可能性もあるため、エタニティリングなど回っても大丈夫な円周デザインを選ぶのもおすすめです。

・細い指の方は
細い指の方は、ボリューム感がありすぎるリングでなければどんなデザインも似合いやすいです。指とのバランスさえ考慮すれば、あとは好きなデザインを選んで大丈夫でしょう。指は細いけど短い、手全体が小さいという場合は、V字やS字リングなど、指を長く見せてくれる視覚効果があるデザインも試してみるといいでしょう。宝石も同様、指とのバランスを見て、適度なサイズ感でデザインされたものを選ぶとベストでしょう。

自分の手を美しく見せてくれるリングについては、こちらのページ(https://www.iprimo.jp/columns/cc_3/column92.html)でも紹介していますので、ご参照ください。

男性は特に結婚指輪で初めて指輪を着ける方も多いので、試着してみて初めて、自分の手や指の個性に気づく……というケースも少なくありません。購入してから後悔しないよう、ぜひ購入前に一度は試着してみることをおすすめします。

尚、当サイトを運営しているアイプリモでも、様々なタイプの手に似合うデザインを揃えています。満足いくまで試着をした上で、自分だけの最高の1本を見つけていただければと思います。