気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

先輩夫婦はどうだった? 結婚指輪の支払いについて

二人で身につける「結婚指輪」の支払いって誰がするのが一般的? 先輩カップルたちの結婚指輪の支払い方の傾向についてご紹介します。

プロポーズに成功して結婚に向けて準備を始める時、男性がふと感じる疑問の一つに「結婚指輪って、男が全額支払うのが普通なの?」というものがあると思います。男性から女性へ贈る「婚約指輪」は当然のごとく、男性が全額支払うのが一般的です。一方、夫婦二人で身につける「結婚指輪」の支払いについては男性だけが負担しなくても良いような気もするし、とは言えそこはやっぱり男性が支払うものなのかなという気もするし……。気になる「結婚指輪の支払い」について、先輩カップルたちの傾向をお伝えします。
先輩夫婦はどうだった? 結婚指輪の支払いについて

【やっぱり多数派!「男性が購入」】
結婚指輪の支払いを誰がするかについて、明確な決まりごとはありません。カップルの考え方によってそれぞれだと言えるでしょう。それでも、やはり最も多く見られるのは「新郎となる男性が全額支払う」というケースです。理由としては、男女ともに「当然そういうものだと思っていたから」という方が多いようです。結婚指輪は男性も身につけるものだとは言え、やはりデザインなどのこだわりや思い入れは女性の方が強い場合が多いものです。そうした女性の望みをかなえてあげようと思ううちに、自然と「男性から女性へプレゼントする」という雰囲気になるのかもしれませんね。
やっぱり多数派!「男性が購入」

【意外と多い「二人で購入」】
男性が全額支払うのが多数派と言いましたが、夫婦となる二人で折半する形で支払いをするカップルも意外と少なくありません。結婚指輪は二人とも身につけるものです。新婦から新郎へ、新郎から新婦へと贈り合うのは自然なことだと言えるでしょう。この場合は、男女それぞれが個人の貯金から相手の分の指輪を購入したり、結納金や二人で貯金しているお金からの支払いしたりといった形が多いようですね。結婚後に二人の共通のお財布から購入というケースもあるようです。
意外と多い「二人で購入」

【婚約指輪のお返しに「女性が購入」】
「男性が全額支払う」「二人で折半する」といったケースと比べると少数派ですが、「女性が全額支払う」というケースも見られます。男性から女性へ贈る婚約指輪は、一般的に結婚指輪よりも高額なものであることが多いです。「婚約指輪のお返しに、結婚指輪は私が払おう」という考えを持つ女性はどうやら少なくないようです。結婚費用のそれぞれの支払いを互いに分担していく中で、結婚指輪の支払いを女性が持つことになったというカップルも見られます。

結婚指輪は一生ものです。決して安い買い物ではないですし、二人でよく話し合って自分たちの事情に合った支払い方を選びたいですね。