気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

リングの裏側に愛を込めて。結婚指輪の刻印アイデア集

マリッジリングは結婚を決めた二人の愛の証。せっかくだから二人のイニシャルや、お気に入りの言葉を刻印して個性的な演出をしたいと考えているカップルも多いのではないでしょうか?そこで、刻印についての基礎知識とアイデアをご紹介します。

②shutterstock_351329888

【刻印を入れるときに気をつけること】
・文字数制限がある
リングの裏の限られたスペースに刻印するのですから、文字数制限がある場合がほとんど。デザインによっては刻印自体できないこともあるので、事前に確認を取っておきましょう。

結婚指輪の内側には、ダイヤモンドのカラット数、ブランドのマークや素材の表記などが表記されます。希望の刻印の他にこれらの文字が記載されるため、刻印ができる範囲は限られます。指輪のサイズによっても刻印ができる文字数は異なるため、先にサイズを決定してからショップへ相談に行くことをオススメします。

・かかる日数
結婚指輪に刻印をする場合、ある程度の日数がかかります。結婚指輪の購入と同時に刻印を依頼する場合は1~2ヵ月、既に持っている結婚指輪に刻印をしてもらう場合は1~2週間かかることが多いようです。ショップに工房が併設されている場合や、職人が常駐している場合は即日刻印をしてもらえる場合もあるため、購入を検討しているショップに問合せをしておきましょう。特に急いでいる場合はショップに相談することで対応してもらえる場合もあるため、一度話してみることをオススメします。

・かかる料金
ショップやブランドによって、刻印にかかる料金は異なります。どのような刻印をするかによっても料金が変わるため、何店舗かに相談をしてトータルで適切な価格で注文できるショップを探しましょう。結婚指輪の購入と同時に刻印を依頼すれば、無料で対応してくれる場合もありますが、複雑なデザイン、フォントなど刻印の内容によっては追加料金がかかることもあります。刻印を注文する場合は、事前に希望のデザインを明確にしてから相談するようにしましょう。

・お直しのことも考える
年齢を重ねるにつれて結婚指輪のサイズが合わなくなった場合、お直しが必要になるケースもあります。その際、結婚指輪の内側いっぱいに刻印がされているとお直しの際に文字が途切れてしまう可能性があります。一度刻印を消して、サイズ調整後に新たに刻印をしなければならなくなる場合もあるため、お直しをしても途切れない程度の無理のない文字数を考えておきましょう。

・海外で指輪を購入した場合
海外で指輪だけ購入したというカップルは、専用の業者に依頼すると刻印だけしてもらえることもあります。しかし、地金が日本で流通していない特殊な物の場合、難しいこともあるので専門店で相談するのが良いようです。

【刻印の種類とアイデア】

「どんな刻印がいいか決められない!」という方のために、定番の刻印文字をご紹介。

・オーソドックスに名前を入れる
定番ながら人気なのが、2人の名前の刻印です。ただ名前を刻印するだけでなく、「Yuta & Aya」などと間に記号を入れるのも人気です。間の記号にはハートマークや星のマーク、音符マークなどもぴったりでしょう。あえて名前をすべて大文字表記にするなど、好みに合わせて文字の大小を決めましょう。

・イニシャルと記念日
イニシャルを入れるのは定番のアイデア。「I & P」のように、お互いの名前のイニシャルを「&」や「×」「ハートマーク」などでつなぐのが人気です。花嫁の指輪には新郎の、新郎の指輪には花嫁のイニシャルを入れるのもいいですね。また、忘れないように記念日を一緒に刻印するのもオススメ。結婚記念日やプロポーズ記念日を入れるのが一般的です。

・英語のメッセージ
英語でメッセージを入れるのも人気です。「永遠の愛(forever love)」「真実の愛(true love)」など自分たちの愛を確かめあう一言を入れるのが定番。その他、お気に入りの歌詞や、映画のタイトルを入れるのもおしゃれですね。

・ラテン語など英語以外のメッセージ
パッと見ただけでは意味がわからない言語のメッセージを入れて、二人だけの秘密にするのも粋です。ラテン語では、「ふたりで一つ(utraque unum)」「私のすべての愛を込めて(Con Todo Me Amore)」など、情熱的なメッセージでも、さらっと刻めるのがいいですね。ドイツ語だと、「輝く(BRILLER)」。スペイン語で「絆(LAZO)」も短いながら、言葉の響きが美しく、二人がこれから歩く道を照らしてくれそうなメッセージです。

・モチーフや色石
お店によっては、文字だけではなく、ハートやクローバー、雪の結晶などのモチーフを入れることも可能です。また、刻印とは少し違いますが、裏面にふたりの誕生石など色石を入れるのも人気なのだとか。1月ならガーネット、2月ならアメシストなどと色鮮やかな色石が結婚指輪を鮮やかに彩ってくれます。また、誕生石のほかにも、想いを込めた「プロミスダイヤモンド」の埋め込みを行っている専門店もあります。

「2人の運命を大切にしたい」という想いを込めるならホワイト、「2人で愛あふれる時を刻みたい」という想いを込めるならピンク、などと2人の想いに合った石を選びましょう。メッセージの一歩先を行く個性的なリングになりそうです。世界に一組だけのブライダルリング。どんな言葉を刻むのか二人で考える時間も素敵な思い出になります。

・星座の刻印
特別な刻印をするなら、星座の記号もおすすめです。それぞれの星座の刻印を入れることで特別感も増し、「人とはちょっと違うデザインにしたい」という場合にもぴったりです。イニシャルと合わせて並べるなど、お気に入りのデザインをみつけてくださいね。

・文字フォントにこだわる
刻印することができるフォントはほぼ限られており、大きく分けると「ブロック体」と「筆記体」にわかれます。ブロック体の場合は「ゴシック」や「明朝体」、「丸ゴシック」などで、筆記体の場合は「スクリプト体」などから選べる専門店もあります。ショップによって刻印可能なフォントは異なるため、事前によく確認しておきましょう。

フォントにこだわるカップルであれば、刻印したいフォントを確定してからそのフォントを取り扱っている店舗を探すという方法もあります。読みやすい刻印をしたい場合はブロック体、見た目の好みが明確であれば筆記体が人気なようです。フォントによってデザインの雰囲気が変わるため、こだわりの字体で個性をだすのもいいでしょう。
上記を参考に、一生の思い出になるようなメッセージを考えてみてくださいね。