気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

リングの裏側に愛を込めて。結婚指輪の刻印アイデア集

マリッジリングは結婚を決めた二人の愛の証。せっかくだから二人のイニシャルや、お気に入りの言葉を刻印して個性的な演出をしたいと考えているカップルも多いのではないでしょうか?そこで、刻印についての基礎知識とアイデアをご紹介します。

②shutterstock_351329888

【刻印を入れるときに気をつけること】
・文字数制限がある
リングの裏の限られたスペースに刻印するのですから、文字数制限がある場合がほとんど。デザインによっては刻印自体できないこともあるので、事前に確認を取っておきましょう。

・海外で指輪を購入した場合
海外で指輪だけ購入したというカップルは、専用の業者に依頼すると刻印だけしてもらえることもあります。しかし、地金が日本で流通していない特殊な物の場合、難しいこともあるので専門店で相談するのが良いようです。

【刻印の種類とアイデア】
「どんな刻印がいいか決められない!」という方のために、定番の刻印文字をご紹介。

・イニシャルと記念日
イニシャルを入れるのは定番のアイデア。「I & P」のように、お互いの名前のイニシャルを「&」や「×」「ハートマーク」などでつなぐのが人気です。花嫁の指輪には新郎の、新郎の指輪には花嫁のイニシャルを入れるのもいいですね。また、忘れないように記念日を一緒に刻印するのもオススメ。結婚記念日やプロポーズ記念日を入れるのが一般的です。

・英語のメッセージ
英語でメッセージを入れるのも人気です。「永遠の愛(forever love)」「真実の愛(true love)」など自分たちの愛を確かめあう一言を入れるのが定番。その他、お気に入りの歌詞や、映画のタイトルを入れるのもおしゃれですね。

・ラテン語など英語以外のメッセージ
パッと見ただけでは意味がわからない言語のメッセージを入れて、二人だけの秘密にするのも粋です。ラテン語では、「ふたりで一つ(utraque unum)」「私のすべての愛を込めて(Con Todo Me Amore)」など、情熱的なメッセージでも、さらっと刻めるのがいいですね。ドイツ語だと、「輝く(BRILLER)」。スペイン語で「絆(LAZO)」も短いながら、言葉の響きが美しく、二人がこれから歩く道を照らしてくれそうなメッセージです。

・モチーフや色石
お店によっては、文字だけではなく、ハートやクローバー、雪の結晶などのモチーフを入れることも可能です。また、刻印とは少し違いますが、裏面にふたりの誕生石など色石を入れるのも人気なのだとか。メッセージの一歩先を行く個性的なリングになりそうです。世界に一組だけのブライダルリング。どんな言葉を刻むのか二人で考える時間も素敵な思い出になります。

上記を参考に、一生の思い出になるようなメッセージを考えてみてくださいね。