気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

結婚指輪を準備するタイミングは?

結婚をした証として、ふたりで贈り合う結婚指輪。一体いつごろから準備すればいいのでしょうか?そのタイミングを考えてみました。

9_385056586

【結婚式の3カ月前には決めておけると】

結婚式のセレモニーでは、教会式、神前式、人前式のどのスタイルでも結婚指輪の交換を行います。ですから、結婚指輪は結婚式に合わせて準備するのが一般的。とはいえ、結婚指輪はショップに出掛けてパッと選び、そのまま持って帰るというわけにはいかないものなのです。

結婚指輪はふたりの結婚を記念する大切な品ですし、ずっと長く身に着けて愛用するもの。だから、じっくりと比較検討して、ふたりで納得いくものを選ふのがお勧めです。また、結婚式が近づくといろいろな準備で忙しくなるので、3カ月前には決めておけるといいでしょう。

また、結婚指輪の裏側には刻印を入れます。ふたりのイニシャルや結婚式の日付などが一般的ですが、刻印をするのにも時間が掛かります。よほど日程が迫っている場合には、とりあえず刻印なしで結婚式を行い、結婚式後に改めて刻印を入れるという方法もありますが、せっかくですから刻印のある指輪でセレモニーを行いたいものですね。

【婚姻届提出と結婚式が離れている場合は?】

最近は婚姻届を提出する日と結婚式が離れているケースも多いよう。婚姻届を提出してから結婚式まで間があいてしまう場合は、結婚指輪はどうすればいいのでしょうか?

婚姻届を提出した日から夫婦として生活し始めるというのであれば、提出日に合わせて結婚指輪を用意するのがいいかもしれません。一方、結婚式が夫婦としてのスタートとふたりで考えるのなら、結婚式に合わせて用意するのでいいでしょう。

婚姻届を提出する日にはふたりで別のプレゼントを交換し合い、結婚式で結婚指輪を交換するという方法も素敵ですね。婚姻届の提出日と結婚式、どちらがふたりの夫婦としてのスタートの日とするのかを考え、納得できるタイミングで結婚指輪を用意してください。