気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

結婚指輪の意味とは?マリッジリング?ウェディングリング?

日本では、結婚指輪のことを「marriage ring(マリッジリング)」と呼ぶことも珍しくはありません。「マリッジ」という言葉の響きが可愛らしいことから、「結婚指輪」よりも好んで使われることもあります。しかし、実は「marriage ring」という言葉は、海外では使われていません。では、海外において「結婚指輪」はどのような言葉で表現されているのでしょうか。結婚指輪に込められた意味と合わせてご紹介します。

結婚指輪の意味とは?マリッジリング?ウェディングリング?

日本で生まれた言葉だった!「marriage ring(マリッジリング)」は和製英語

 
「結婚指輪」を英訳する場合は、「wedding band(ウェディングバンド)」、あるいは「wedding ring(ウェディングリング)」が正解です。前者はアメリカで、後者はヨーロッパで広く使われています。
「マリッジリング」は、いわゆる和製英語のひとつ。サラリーマン(英語では「office worker(オフィスワーカー)」)やノートパソコン(英語では「laptop(ラップトップ)」)といった言葉と同様に、日本人が英語と英語を組み合わせて作った造語なのです。
 

意味が異なる!「marriage(マリッジ)」と「wedding(ウェディング)」について

 
日本人の感覚では、「marriageとwedding、どちらでもいいのでは?」と思ってしまうかもしれません。しかし、英語圏のネイティブスピーカーに「marriage ring」と言った場合、意味は伝わるかもしれませんが、少し奇妙に思われる可能性があります。というのも「marriage ring」と「wedding ring」には、微妙な意味の違いがあるためです。
 
辞書で調べてみると「marriage」は「結婚」「婚礼」「縁組み」「夫婦関係」「結婚生活」という意味を持ち「背景の暗示や感情的な含みのない一般的な語」とされています。
一方「wedding」は、「強い感情的な含みがあり、結婚式とそれに伴う祝宴を指す言葉」であるとともに、「結婚する」「嫁ぐ」「夫や妻にする」という意味の動詞「wed」の進行形として派生した言葉とされています(参照:ランダムハウス英和大辞典)。
 
つまり、「親密な固い絆を結ぶ記念」という意味を込めたい場合は、「wedding」が最適だといえます。海外の人からすれば、「marriage ring」は「婚礼用指輪」「縁組用指輪」といった堅苦しい、事務的な言葉に聞こえてしまうのかもしれません。
 

やっぱり「wedding(ウェディング)」がベター!結婚指輪の歴史と込められた意味

 

結婚指輪の歴史と込められた意味を踏まえても「wedding」がベターといえます。
 
「結婚指輪はなぜ身に着けるの? 結婚指輪のルーツ」でもご紹介していますが、結婚指輪が欧州で一般層にまで広まったのは、中世時代、9〜13世紀頃とされています。9世紀に当時のローマ教皇が結婚指輪を結婚の証明として用いたという伝承があり、11世紀の書物にも「結婚式で指輪交換をした」という記録が残っています。
 
この歴史を見ても、やはり結婚指輪は「親密な固い絆を結んだ証」としての意味合いが強いと考えられます。これは現代においても変わっておらず、今なお結婚指輪は「永遠の愛を誓った証」として親しまれており、そこには夫婦になったふたりが肩を並べて共に人生を歩むという意味が込められています。
 
こうした風潮から考えても、海外の方々の感覚からすると能動的な“愛の証”としての指輪は「ウェディングリング(バンド)」というほうが感覚的にぴったりくるのかもしれません。
 
なお、日本に結婚指輪の文化が伝わったのは、西洋の文化が流入した19〜20世紀頃といわれています。大正時代になると一般層にも認知が広がり、結婚式で結婚指輪を贈り合う儀式を取り入れる夫婦も出てきたそうです。もしかすると、日本では馴染みのある「マリッジリング」という言葉は、この頃にできたのかもしれませんね。
 

着ける指は?婚約指輪とは何が違うの?結婚指輪の豆知識

 

では最後に、結婚指輪の豆知識を3つご紹介します。
 

結婚指輪の形について

結婚指輪が永遠の愛の証として扱われている理由には、その形も関係しています。
円は「終わりのないもの」であり、切れ目がないことから「永遠」を意味するともいわれています。また、四季のように何度も繰り返す自然を表す形ともされています。こうした点から、結婚指輪には「この愛がずっと続きますように」「この幸せが何度も訪れますように」という深い意味も込められているのです。
 

結婚指輪を着ける指について

言わずもがな、結婚指輪は左手の薬指に着けるのが一般的です。その理由は、薬指には傷や病気を治すほどの大きなパワーが秘められていると考えられているため。強力なパワーがあるからこそ、永遠の愛を誓ったお互いの心を繋ぐには最適だとして、結婚指輪を左手の薬指につけるようになったといわれています。
 
このほか、薬指には他の指に比べてあまり動かないという特徴も。ふたりの愛の証である婚約指輪に傷がつくのを防ぐという意味で、控えめな薬指に着けるのが一般的になったともいわれています。
 
なお、日本以外の地域では左手の薬指ではなく、右手の薬指に着けたり、足の指に着けたりすることもあるようです。
 

婚約指輪と結婚指輪の違いについて

婚約指輪と結婚指輪は、どちらも結婚に関するアイテムです。「ほとんど同じものでしょ?」「具体的に何が違うのかわからない」という方もいるかもしれませんが、これら2つはまったくの別物です。
 
婚約指輪は、婚約の証として主に男性から女性へ贈るもの。「結婚しよう」という2人の約束ごとを形にした特別感あふれる指輪といえます。一般的にはプロポーズの際に女性へ贈られますが、昨今はプロポーズ後にふたりで一緒に選ぶカップルも多いそうです。
そんな婚約指輪は女性の憧れであり、プロポーズの際にもらうことを待ち望んでいる方は少なくありません。そのため、なるべく女性好みのものを選んで、愛の言葉とともに贈ることが大切です。なお、ダイヤモンドがあしらわれた豪華なデザインのものが人気を高めています。
 
これに対し結婚指輪は、結婚した証として夫婦で身に着けるもの。結婚式の儀式のひとつである「指輪交換」の際に使われる指輪がそれです。基本的にはシーンを問わず常に身に着けるので、ふたりの繋がりを常に感じられるほか、「わたしは既婚者です」と周りにアピールすることもできます。
そんな結婚指輪は、比較的シンプルなデザインのものが多いので、ジュエリーに慣れていない男性も気軽に身に着けられます。
 
婚約指輪と結婚指輪には、こうした違いがあります。とはいえ、どちらも結婚に関連した指輪であることには変わりなく、それぞれに特別感があります。またどちらも一生ものなので、購入する際はこだわりを持って選ぶことが大切です。たとえば、婚約指輪であれば彼女の好みをあらかじめリサーチして、その好みに合ったものを選ぶのがおすすめ。結婚指輪であれば、夫婦で相談して互いに満足できるものを選ぶことが大切です。
 
そのときだけでなく永久的に身に着けるものだからこそ、その違いや込められた意味をしっかり把握して、思い入れのある指輪を選びましょう。
 

なるべく「wedding ring」を使おう!

 
日本ではすっかり定着している「marriage ring」。国内で使う分には全く問題ないですし、実際のところ「wedding ring」または「wedding band」というよりも伝わりやすいかもしれません。しかし、結婚指輪の歴史や込められた意味を踏まえると、「wedding ring」のほうが最適です。そのため、結婚指輪を別の言い方にするときはなるべく「wedding ring」を使うことをおすすめします。
 
なお、アイプリモでは作り手の想いが込められた高品質な結婚指輪を多数取り揃えています。「結婚指輪の購入を検討している」「これから結婚指輪を購入する」という方は、ぜひ合わせてご覧ください。きっと、ふたりにとって満足できる結婚指輪に出会えるはずです。
 
結婚指輪の一覧はこちら