気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

婚約指輪と結婚指輪の違いは?意味や価格を解説

結婚に際して婚約指輪と結婚指輪が必要と言われていますが、2つにはどういう違いがあるのでしょうか。今回は、婚約指輪と結婚指輪のそれぞれが持つ役割、意味合い、価格相場を解説します。違いを知ることで、婚約指輪と結婚指輪への理解を深め、納得して指輪選びを行う参考にしてみてください。

婚約指輪と結婚指輪のどちらも結婚の際に用意する指輪だと知ってはいるものの、実は違いがよくわからないという男性は少なくありません。婚約指輪と結婚指輪の両方は必要ないのではと疑問に思う人もいるのではないでしょうか。2つの指輪にはそれぞれどのような役割と意味合いが込められていて、価格の相場はどのくらいなのでしょうか。婚約指輪と結婚指輪の違いや基本知識を知ることで理解を深めて、納得できる指輪選びを行いましょう。

婚約指輪の基礎知識

婚約指輪は、婚約した証として男性が女性に贈る指輪です。古代ローマ時代には既に存在していたと言われているほど深い歴史があります。
婚約指輪という名前から「婚約期間にだけ着ける指輪」と認識されがちですがそのような決まりはなく、結婚後も婚約指輪を積極的に着用するという女性も増えています。ダイヤモンドがあしらわれた華やかなデザインが多いため、価格は一般的に結婚指輪よりも高額です。

婚約指輪の持つ意味合い

婚約、つまりは結婚を約束した証が、婚約指輪です。古代ローマ時代には妻を買った契約の印として女性の父親に渡されていたこともある婚約指輪ですが、今では「生涯をともにすること」を誓う愛の印となっています。
途切れることのない円を描く指輪と、ダイヤモンドが放つ美しい輝きに人々は遥か昔から永遠を誓ってきたのです。

婚約指輪はいつ贈る?

婚約指輪というと、プロポーズ時に「結婚してください!」と箱を開けてサプライズで贈るイメージが強いのではないでしょうか。確かに「箱パカプロポーズ」に憧れる女性も多いのですが、婚約指輪という特別な指輪だからこそデザインなどにこだわって好みにピッタリの指輪を自分で選びたいというのも女性の本音です。サイズの問題もあるため、プロポーズ後に2人で選ぶというカップルもたくさんいます。
婚約指輪ですので、入籍前に贈ることを心掛けてください。

婚約指輪はめったに着けないって本当?

「婚約期間にだけ着ける指輪」「パーティなどの華やかな場にしか着けて行けないから、めったに出番がない」などと言われてしまう婚約指輪ですが、そんなことはありません。結婚後も婚約指輪を身に着けて日常使いする人も増えています。
日常使いを推奨しているブランドの婚約指輪や、綺麗に重ね着けできるようにデザインされた婚約指輪と結婚指輪のセットリングならば、華やか過ぎて悪目立ちすることもなく日常使いを楽しめます。

婚約指輪の価格相場はどれくらい?

婚約指輪の価格相場は世代によってかなり異なります。最新の「ゼクシィ結婚トレンド調査2018首都圏」調べによると、妻の年齢が24歳以下の世代の平均価格は約26万円、25~29歳で約42万円、30~34歳は約43万円、35歳以上は約46万円でした。
昔は「お給料の3ヶ月分」と言われていた婚約指輪でしたが、今はお給料の1ヶ月分程度を目安にすればよいようですので、自分たちの予算に合わせた指輪選びを楽しみましょう。

結婚指輪の基礎知識

結婚指輪は、結婚の証として2人で選んで購入する指輪です。結婚式の指輪交換の際は、結婚指輪を使用することが多いです。
女性の分だけでなく男性の分も用意しますが、必ずしも完全なおそろいである必要はありません。男女ともに日常的に着けることが前提とされているためシンプルなデザインのものが多く、価格相場も婚約指輪よりリーズナブルです。
材質はプラチナやゴールドが定番となっています。

結婚指輪の持つ意味合い

結婚指輪は2人で選んで購入する結婚の証です。古代エジプトでは結婚のことを象形文字の「円」で描いており、結婚の儀でも結婚指輪が使われていたとする説があります。紀元前3000年という遥か前から指輪と結婚は密接な関係にあったのです。現在も結婚式の指輪交換で使われることが多く、結婚後は男女ともに日常的に身に着けることで周囲に既婚者であることを知らせる印にもなっています。

結婚指輪は新郎新婦でまったくのおそろいにすべき?

結婚指輪はよく「ペア」と言われますが、必ずしも男女で完全なおそろいである必要はありません。女性の指輪にだけ石をあしらったり、同じデザインでも色違いにしたりといったアレンジを楽しんでいるカップルはたくさんいます。
日常的に身に着けることの多い結婚指輪だからこそ「完全なおそろい」に縛られずに、着用感にもデザインにもこだわった新郎新婦ともに納得のいく素敵な結婚指輪を探しましょう。

結婚指輪はいつ必要になる?

結婚式をするのであれば、挙式の際の指輪交換で結婚指輪が必要になります。事前に前撮りをするという場合は、前撮りの撮影日までに結婚指輪を用意しておいた方がよいでしょう。
ただし、結婚式の直前はやることがたくさんあって慌ただしくなります。指輪の準備に手が回らず、「結婚式までに指輪が間に合わなかった!」「お店に取りに行くのを忘れていて、式の当日に取りに行った」なんてことになりかねません。
結婚式の半年前程度を目安にして、結婚指輪選びをすると余裕を持って動くことができます。

結婚指輪の価格相場はどれくらい?

ゼクシィ結婚トレンド調査2018首都圏」調べによると、結婚指輪の平均購入価格は男女2人分で約25万円でした。男性より女性の結婚指輪の方が平均価格は高めです。
一般的に男性の方がサイズなどが大きいため、まったく同じデザインにするのであれば金属を多く使用する男性用の方が値段は高くなるはずです。それにも関わらず女性用の購入価格の方が高い傾向にあるのは、女性の結婚指輪には小さめの石やメレダイヤなどをあしらうことが多いからでしょう。

婚約指輪と結婚指輪、両方必要?

婚約指輪と結婚指輪、両方必要?

婚約指輪や結婚指輪にあまり思い入れがない男性の場合、「婚約指輪と結婚指輪のどちらも必要なの?片方でもよいのでは?」というのが本音ではないでしょうか。しかし、この2つの指輪はそれぞれ異なった意味合いや役割を持っています。男性が女性に永遠の愛を誓う婚約指輪と、2人が夫婦として生涯寄り添っていくという誓いの証である結婚指輪、できればどちらもそろえたいところです。
結婚となると色々と物入りですので、無理のない範囲で購入を検討してみてください。

数字で見る婚約指輪と結婚指輪

実際に、日本ではどれくらいの人が婚約指輪と結婚指輪を購入しているのかを数字で見てみましょう。
ゼクシィ結婚トレンド調査2018首都圏」調べによると、結婚に際して婚約記念品があったと言う人は約74%で、そのうち約91%が婚約記念品が婚約指輪だったと回答しています。結婚指輪を購入した人の割合は更に多く、約98%でした。結婚をするカップルの半数以上が婚約指輪を、ほとんどのカップルが結婚指輪を購入しています。
つまり、結婚をするカップルの半数以上が婚約指輪と結婚指輪を両方購入しているということです。

女性の本音はどっち?

婚約指輪を贈られる側の女性はどう思っているのでしょうか。
同調査によると、約50%の女性が婚約指輪について「昔から憧れていた」と回答しています。婚約指輪はいらないと言う女性も一定数存在しますが、その中にはこれからの生活のことを考え、高価なものを買ってもらうのは相手に申し訳ないからという理由で「(欲しいけれど)いらない」と言っている女性もいるようです。
彼女が「婚約指輪はいらない」と言ってきた場合も、言葉をうのみにせず本音がどこにあるのかをよく聞いてあげてください。

まとめ

婚約指輪と結婚指輪にはそれぞれ異なった役割と意味合いがあります。2人がこれからともに歩んでいく人生を、婚約指輪と結婚指輪それぞれの輝きで彩ってみてはいかがでしょうか。
I-PRIMOでは、約70万組のカップルにご成約いただいた実績と総合力で一生ものの婚約指輪と結婚指輪選びをサポートします。是非ご活用ください。

I-PRIMOの婚約指輪一覧はこちら

I-PRIMOの結婚指輪一覧はこちら