花嫁のジンクス

花嫁の幸せにまつわる、素敵な言い伝えや由来をご紹介します。幸せが永遠に続くことを願って古くから伝わってきた、ジンクスやおまじないを取り入れてみましょう。

花嫁のしあわせのジンクス(第二回)

花嫁のしあわせにまつわる、素敵な言い伝えや由来をご紹介します。第二回は、結婚式でお馴染みの各セレモニー。そのひとつひとつのジンクスについてご紹介します。

しあわせのジンクスとセレモニー
『ブーケトス』や『ファーストバイト』など、結婚式ではすっかりお馴染みとなっているセレモニーですが、実は、そのひとつひとつに素敵なジンクスがあるのをご存知ですか?結婚式のジンクスはとてもたくさんありますが、どれも結婚するおふたりのしあわせを願った素敵なものばかりです。是非、パーティに取り入れてみてくださいね。

ウエディングケーキ

ウエディングケーキには「人生が豊かに繁栄しますように」というジンクスがあります。結婚すると、嫁ぎ先の食事を用意するようになる花嫁は、結婚式に自分が作ったケーキを持っていき、上手にお料理ができることを見せたことが由来のひとつだと言われています。昔、砂糖は貴重なものだったので、甘いケーキを出すことで豊かさと繁栄の願いを込めていた、とも言われています。

ファーストバイト
はじめての食事を、お互いに食べさせあって分かち合う、という意味であるファーストバイト。花婿から花嫁へは、「一生食べることに関する苦労はさせない」という意味で、花嫁から花婿へは、「いつも美味しいものを食べさせます」という意味が込められています。

ブーケトス
花嫁が後ろ向きになって、未婚の女性たちに背中越しにブーケを投げます。ブーケを受け取った女性は次にしあわせな花嫁になれる、というジンクスがあります。

ブーケプルズ
ブーケトスと似たような演出で、ブーケプルズというものがあります。高く持ち上げたブーケに数本のリボンをつけて、それを未婚の女性に引いてもらうもので、そのうちの1つだけに、花嫁が持っているウエディングブーケがついています。これも、ブーケトスと同じく受け取った女性が次にしあわせな花嫁になれるという、幸せのおすそわけの儀式です。

ガータートス
ブーケトスの男性版だと言われている、この儀式。花婿が花嫁の左足からガーターをはずし後ろ向きになって、独身男性たちにガーターを投げるといったものです。この儀式の由来も、「幸せにあやかろうとした友人が、花嫁の持ち物を記念品や証明品として貰おうとしたこと」がはじまりだったとされています。なお、花嫁の右足に残ったガーターリングは取っておき、子どもが生まれた際にヘアバンドとして使用すると幸福になると言われています。

フラワーシャワー
挙式の後、教会の外に出てくる際やヴァージンロードを退場する際に、花嫁と花婿にむけて列席者が花びらを蒔いて祝福するセレモニーです。花の香りによって清め、幸せを妬む悪魔からふたりを守る意味があるとされています。

ライスシャワー
フラワーシャワーのお米版です。「豊潤な恵みと子孫繁栄の象徴」とされる米は、花嫁花婿のこれからの人生が豊かさにあふれ、子宝に恵まれることを願った欧米の伝統的な風習です。

この他にも、ヨーロッパには、花嫁のしあわせにまつわる素敵な言い伝えや由来がたくさんあります。
結婚式の演出やゲストのおもてなしに、取り入れてみるのはいかがでしょうか。