運命のリング

季節や星座などテーマごと婚約指輪、結婚指輪をご紹介します。デザインで迷ったときは、気に入ったストーリーから選んでみてはいかがでしょうか?運命のリングに出会えますように。

エンゲージリングの意味は?由来やマリッジリングとの違いを理解しよう

エンゲージリングの意味や由来について、意外と詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。エンゲージリングとは日本語で婚約指輪という意味で、左手の薬指に着けるのが一般的です。この「左手の薬指に着ける」というのにも、実は古代からの由来があるのをご存知でしょうか? 今回は、エンゲージリングの歴史や必要性について詳しくご紹介します。また、エンゲージリングと混同しやすいのがマリッジリングです。それぞれの違いや、購入の順番、デザインの違いもあわせてご紹介します。

エンゲージリングの意味は?由来やマリッジリングとの違いを理解しよう

そもそもエンゲージリングってなに?

前述の通り、エンゲージリングは婚約指輪のことを指します。一般的なイメージとして、結婚を申し込む際にプロポーズの言葉に添えます。エンゲージリングにはさまざまな意味が込められており、「婚約の証」や「夫婦関係のシンボル」のために贈ることが多いようです。安い買い物ではないので、2人にとっての財産ともなります。

今ではプロポーズを演出する手段としてオーソドックスですが、その起源は古代エジプトまでに遡ります。

エンゲージリングの歴史

そもそも指輪が生まれ、交換されるようになったのは、太古のエジプトが始まりでした。象形文字が使用されていた当時、「結婚」という言葉は円のような形の文字で表されており、その円を模して交換されるようになったのが円形の指輪です。当時は金属は使われておらず麻を編んだだけの指輪でしたが、これを交換することにより永遠に途切れない、真実の愛を誓ったのです。

それに加え、古代ローマで重視されていた婚約の儀式の際に贈られるようになったのが「鉄の輪」です。これらが、エンゲージリングの由来と言われています。

なぜ左手の薬指に着けるの?

意外と知られていないのが「なぜ左手の薬指に着けるのか?」ということです。実は、これも古代エジプトにその起源があると言い伝えられています。当時、心臓から太い血管の繋がった左手の薬指には「愛のパワー」が流れているとされ、真実の愛を誓う際に指輪を左手の薬指に着けるようになったそうです。

その後、15世紀になると「永遠の愛」の意味を持つ宝石であるダイヤモンドの研磨技術が上がり、貴族階級の中ではダイヤモンドのついたエンゲージリングの交換や、左手の薬指に着ける習慣が一般的になりました。

エンゲージリングを着ける理由

エンゲージリングを着けることには、さまざまな理由が込められます。エンゲージリングを贈るべきかどうか迷っている方は、贈る意味について深く知れば決断がしやすいでしょう。

そもそも、入籍と違い「婚約」には法的なルールは存在しません。苗字が変わる訳でもなく、法的に夫婦と認められる訳でもないので、いわば「口約束」とも言えるのが婚約です。そこで、婚約の証として物品を贈るようになりました。その象徴ともいえるのが、エンゲージリングです。プロポーズをするにあたり、相手に安心感を与えるという意味でもエンゲージリングはとても大事な役割を果たします。

エンゲージリングは本当に必要?

エンゲージリングが必要かどうかはそれぞれのペアの考え方によって異なります。エンゲージリングは高品質なものであるほど安い買い物ではなくなりますが、お互いを生涯のパートナーだと深く認識するきっかけともなります。

プロポーズを受ける側も、「これほど自分のことを思ってくれているのか」と実感する一つの指標ともなるでしょう。

また、高品質なプラチナやダイヤモンドがあしらわれたエンゲージリングは、2人にとっての大事な資産となり、将来子どもが生まれた際には引き継ぐこともできます。

婚約において、エンゲージリングは必ずしも必要なものとは限りませんが、末長く続く2人の関係の為に重要な役割を果たしてくれるのです。

マリッジリングとの違いは?

マリッジリングとの違いは?

エンゲージリングは婚約指輪のことを指しますが、マリッジリングは結婚指輪のことを指します。前述した通り、プロポーズの際に贈るのがエンゲージリングで、結婚式の際に交換するのがマリッジリングです。

混同しやすいこの2種類の指輪のデザインの違いや、着けるタイミング、同時に着けるケースについてご紹介します。

着ける順番、タイミングは?

エンゲージリングはプロポーズの際に贈られる為、婚約した時から着けるのが一般的です。その後、結婚式当日にはマリッジリングをお互いの指に着けることとなるためエンゲージリングは右手の薬指に移動したり、マリッジリングに重ねて着けたりします。

結婚式後もエンゲージリング、マリッジリング共に日常的に着ける人が多いようです。

デザインはどのように違うの?

エンゲージリングにはダイヤモンドが留められていたり華やかな装飾がされていたりするものが多く、マリッジリングはシンプルなデザインが多くなっています。

「サプライズでプロポーズをしたい」という時には、相手のことを思い浮かべながらエンゲージリングを選ぶこととなりますが、デザインが豊富であればあるほどパートナーが気に入ってくれるかどうかと不安になり、どれを選べばいいのかわからなくなるかもしれません。贈ったあとに後悔しないよう、購入後にデザインやサイズの変更ができる販売店を選びましょう。

セットリングとは?

マリッジリングとエンゲージリングの両方を重ね着けできるようデザインされた指輪をセットリングといいます。それぞれ別々に購入するよりもデザインの美しさが際立つため、日常的にエンゲージリングを着けたい方に人気です。I-PRIMOではバランスのとれた美しいデザインのセットリングが豊富に取り揃えられています。エンゲージリング購入後のデザイン・サイズ変更サービスも行なっているため、エンゲージリング選びに迷っている方への救世主となるはずです。

まとめ

まとめ

エンゲージリングの歴史や贈る理由、マリッジリングとの違いをお伝えしてきました。購入を迷っている方も、2人の大事な約束の証として贈って損はないはずです。

単に高価なものを選ぶのではなく、マリッジリングとあわせてデザインにもこだわりましょう。一生のうちの大事なイベントですから、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら後悔のしないリング選びをしてくださいね。