気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

サイドストーンデザインの婚約指輪の魅力

婚約指輪にはさまざまな人気のデザインがあります。今回はその中のひとつである、サイドストーンデザインの婚約指輪の魅力についてご紹介していきます。

婚約指輪にはさまざまな人気のデザインがあります。さらに細やかなアレンジを含めるとその数は数え切れません。主に婚約指輪のデザインは4つに分類できますが、今回はサイドストーンデザインの魅力についてご紹介していきます。
61

【サイドストーンとは】
指輪のセンターストーンのアクセントとなるように、ダイヤモンドやその他の宝石をサイドにセットするデザインのことです。「メレ」とも言われています。主役のセンターストーンを引き立てるために、サイドに小さめなサイドストーンを散りばめたもの。センターストーンを囲むように配置されたものまでバラエティに富んだものがあります。シンプルながらも遊び心が効いたデザインにすることができ、サイドストーンの数や形のバリエーションを変えれば他の指輪との差別化ができます。オリジナリティを出したいという方にオススメですよ。

【サイドストーンの魅力!】
○主役のセンターストーンを引き立てる
メインのダイヤモンドが小さく豪華に見せたい……というときにサイドストーンが活躍します。メインのサイドに1つずつ配置するだけで、視覚的にセンターストーンのダイヤモンドが強調され豪華になります。

○ワガママを叶えてくれる
「ピンクダイヤモンドが欲しいけどブルーダイヤモンドも欲しい!」というようなリクエストにも応えることができるのです。センターストーンの左右に配置するので、違う種類の宝石を1つずつでも2つずつでも配置することが可能です。また、婚約指輪のファッション性を強くすることにもつながります。

○ファッション性を強め普段使いに
サイドストーンは上記で触れたように、ファッション性を強めることができます。そのため、婚約指輪っぽさがなく普段出かけるときにもさっと身につけていけて使いやすくなりますよ。また「The婚約指輪」というデザインに抵抗がある方や、派手なものが苦手な方にもオススメです。

○アームデザインを変えればさらに表情は豊かに
サイドストーンはどのように石を配置するのか、本体であるアームデザインを変えるのか、それらによって表情をより豊かに設計することができます。アームを曲線的なデザインにしたり、片側だけに曲線をつけサイドストーンを配置すれば個性が光るデザインにすることもできるでしょう。

今回は、サイドストーンの婚約指輪の魅力をご紹介しました。自分だけのデザインをつくることができるのが、サイドストーンの婚約指輪の魅力だと言えるでしょう。