気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

おめでた婚をした方向け!失敗しない結婚指輪の選び方

結婚指輪を購入後に後悔することがないように、きちんと指のサイズを測っておきたいものです。しかし、女性は妊娠期を迎えると指輪のサイズが変わってしまうことがあります。そこで、おめでた婚をされた方の失敗しない結婚指輪の選び方をご紹介。

結婚指輪を選ぶときに重要になるのが「指のサイズ」です。指のサイズがきちんと合っていないと、いくらデザインが気に入っていても毎日つけるのが億劫になってしまいます。購入後に後悔することがないように、事前に指のサイズを測っておきたいものです。しかし、女性は妊娠期を迎えると指輪のサイズが変わってしまうことがあります。そこで今回は、おめでた婚をされた方の結婚指輪の選び方をご紹介していきます。
90

【アフターサービスが充実したショップで選ぶ】
妊娠中の女性の身体は、刻々と変化していきます。お腹周りはもちろんのこと、体重や身体のさまざまな部分のサイズも変化するものです。個人差はありますが、むくみや体系の変化によって指輪にサイズも変わってしまうということを考えておく必要があります。妊娠中に結婚指輪を選ぶ場合は、結婚式当日のときに合うサイズでオーダーして、後日サイズ直しや交換を行ってもらうのをオススメします。オーダーする前に、このようなアフターサービスが充実しているショップを選ぶことがポイントです。また、サイズ直しができないリングや素材もあるので、必ず確認しておきましょう。

○アフターサービスでチェックすべきポイント
結婚指輪はとても高い買い物なので、購入後もしっかりとした保証のあるショップを選ぶのは基本です。その中でも確認するべきポイントは次のようになっています。
・サイズ直し、交換ができるか
・クリーニングサービスの有無
・修理しなくてはいけなくなったときの対応と費用
・保証書を紛失したときの対応
・廃盤になったデザインの対応
91

【産後に購入することも考える】
妊娠中に無理に指輪を購入して、産後になってサイズが合わなくなりつけなくなってしまったとなるのは避けたいですよね。そうなることを考えるなら、妊娠中は我慢して産後に結婚指輪を購入するのもひとつの方法です。しかし、妊娠中に結婚式を挙げるときや、入籍をしたタイミングで結婚指輪がないのがイヤだ、という場合はやはりサイズを直してもらう方法を選ぶのがいいでしょう。無理に指輪をはめたままにすると、外せなくなってしまうことも。このようなことも想定して、出産までは指輪を外しておくことをオススメします。

今回は、おめでた婚をされた方の結婚指輪の選び方をご紹介しました。大切な結婚指輪をサイズ違いでつけられないなんてことは、とてももったいないことです。思い出の品をずっと身につけておくためにも、ご紹介したことを参考にしてみてはいかがでしょうか。