気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

結婚指輪の支払いは誰がするの?

男性から女性に贈る婚約指輪は、男性が購入します。では、お互いに交換し合う結婚指輪の支払いは誰がするのでしょうか?  この記事では結婚指輪の費用や支払いについて考えてみます。

3_270638108

【結婚指輪の費用相場は?】
結婚指輪の費用はふたりで15万〜30万円が相場といわれています。結婚指輪はふたりで同じデザインにしてもいいですし、全く異なるデザインにするのもOK。また、各ブランドでは基本的には男女セットでのデザインを作っていますので、それを選ぶのもいいでしょう。
男女の指輪の価格については、同素材、同デザインの場合は男性の指輪の方が高くなることが多いようです。これは一般的に男性の方が指が太く、使用する金属の量が多くなるため。一方、男性が何の装飾もないシンプルな指輪、女性が宝石などをあしらった華やかな指輪にすると、女性の方が高くなることがあります。

【お互いに贈り合うものだから支払いもそれぞれ】
結婚指輪は結婚を誓う際にお互いに贈り合うものです。ですから、お互いに相手の指輪を買うというスタイルを取る人が多いようです。ただ、お互いの指輪の価格に開きがあると、不公平感が生じるのでは?と気にする人もいるでしょう。気になる場合は、安い金額を負担する人の方が、相手にちょっとしたプレゼントを用意したり、結婚指輪が完成したときの記念のディナーをご馳走したりしてもいいかもしれません。

【結婚費用の一部とみなすという考え方も】
結婚指輪は結婚に際して必要となるものなので、結婚費用の一部とみなすという考え方もできます。新生活や結婚式の費用について、合計額をふたりで折半するという取り決めをしているのであれば、結婚指輪も結婚費用の中に組み入れて、最終的に折半するという形をとるのもありでしょう。
また、費用分担を項目ごとに分けるという方法も。新生活の家具は男性、家電は女性、結婚指輪は男性……というようにふたりで決めて負担するのであれば、それでも構いません。

要は、ふたりで納得できるような負担の方法があれば、どんなスタイルでも問題ないということです。ただ、ジュエリーショップで支払う際に、「あれ、どっちが払うの?」となるとスマートではないので、事前に話し合って決めておくことをオススメします。