気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

2013年クリスマス特別編 イブこそ絶好のチャンス!「しようよ、プロポーズ」

早いもので、今年もクリスマスシーズン到来。 パーティや忘年会の準備もいいけれど、 大切な「アレ」を、まさかお忘れではありませんか? 一年中でいちばんロマンティックな季節にぴったりの 「プロポーズ特集」、3回にわたってお届けします!

今年こそ、人生の思い出に残る
最高のプレゼントを愛するひとへ

日一日と寒さの増す今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしですか?
最愛のひとと、ふたりきりのあったかいイブを計画中のカップルも、さぞや多いのではないかしら。
で、どうなの? プロポーズのほうはもちろん、お済みですよね?

「うーん、実はまだ、はっきりとは」
「いわれてみれば、まだしてもらってない!」

あらら、やっぱり。
プロポーズの重要性は、このコラムでもお伝えしたとおり。
せっかくの結婚なのに「なんとなくそうなった」じゃあもったいないし、
なんだか締まらないでしょ。
ひとつの人生をふたりで歩いていく、
その重さと責任を受け止め、決意を新たにするためにも、
「結婚しよう」のひとことをおろそかにしちゃあいかんのですよ……!

と、ことほどかように大事なプロポーズですが、
まだという皆さん、あなた方はラッキーです!
だって折しも季節はクリスマス。
一年中でこの時季ほどプロポーズにぴったりのタイミングって、ないんだから。

さて、ここで以前ご紹介したアイプリモによるアンケート結果を今一度、
思い出していただきたい。
「プロポーズの理想的シチュエーションは?」との質問に対し、
多くの女性が「思い出の場所で」、「ホテルやレストランなどあらたまった場所」、
そして「エンゲージリング[婚約指輪]を渡されながら」と回答。

さらに既婚女性に対する「プロポーズされた際の心残りは?」という質問には、
なんと6割以上が「ちょっとした工夫やサプライズがなくて残念」との回答を寄せているのです。
そう、記憶に残るロマンティックなプロポーズを、誰もが求めているといえましょう。

そしてここから導かれる答えこそ、
「クリスマスのプロポーズは、最高のプレゼント」
考えてもみて。冬の夕暮れ、イルミネーションが星くずのようにきらめく街角は、
それでなくとも盛り上がってる最中のふたりにとってラブストーリーの舞台そのもの。
片寄せ合って歩くふたりの耳には、
どこからともなくあの定番ソング「クリスマス・イブ」の切ないメロディが聞こえて来るはず(断言)。
さあ、今なら、どうしても照れてしまったり、
勇気がなくて言えなかった「結婚してください」のセリフもすんなり言える。
ふたつとない絆を結び、ずっと添い遂げていく覚悟ができる……。
そんな気が、しませんか?

そしてふたりにとってクリスマスという日は、
「結婚を決めた日」として一生、忘れられない記念日になる。

毎年12月が訪れるたび、ロマンティックなあの記憶が甦り、幸せな気持ちに包まれる。
そういうのって、やっぱりいいな、と思いません?
そんな思い出を話してくれる友達がいたら、ホント、素直にうらやましいよね。

次回は、クリスマスのプロポーズをもっと素敵に、もっと記憶に残る宝物にするアイディアをご紹介。
お楽しみに!