気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

結婚指輪を男が着けないのはなし?女性だけ買うのはおかしい?

結婚指輪をペアで着けることに憧れを抱く女性は多いですよね。しかし、中には事情があって結婚指輪を着けられないという男性や「必要ない」と考える男性も少なからずいます。そのような場合、女性だけが購入するという方法をとっても良いものでしょうか。「それって非常識じゃない?」と悩んでいる方のために、今回は男性が「必要ない」と考えている理由や、女性だけが結婚指輪を購入することについてご紹介します。

結婚指輪を男が着けないのはなし?女性だけ買うのはおかしい?

男性に「結婚指輪は必要ない」と言われたら

男性に「結婚指輪は必要ない」と言われたら

幸せな結婚生活を象徴するような結婚指輪ですが、男性から「必要ない」と言われたらどうするでしょうか。女性としては憧れの対象であるものなのに、「必要ない」とする男性の意見はどういうものなのでしょう。

単なる好き嫌いである場合は話し合いで解決できるかもしれませんが、それ以外の特別な事情がある場合はどのような解決方法があるのか、ご紹介します。

男性が結婚指輪を着けない理由は?

結婚しているのに結婚指輪を着けない男性に、女性は良い気持ちがしないかもしれません。自分のパートナーであれば尚更結婚指輪は着けてもらいたいと考える女性は多いはずです。しかし、男性は女性が思っているよりももっとシンプルな理由で「結婚指輪は必要ない」と考えています。では、男性の考える「結婚指輪は要らない」理由とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

仕事の都合やアレルギーなど特別な事情がある

これは女性にもあり得ることですが、仕事の都合で結婚指輪を着けられないということが考えられます。そのような場合、仕事以外の時間帯にしか結婚指輪を着けることができず、1日の殆どの時間帯は着けられないということになります。

仕事の前後に着脱を繰り返すことになるため、紛失の恐れも出てきます。結婚指輪は高価なものですから、「殆ど着けられない」「失くすかもしれない」となると必要ないと考える男性も多いものです。

その他の特別な事情としては、金属アレルギーである場合が挙げられます。金属アレルギーの方でも着けられる結婚指輪があることを知らない男性も多くいるため、アレルギー対応の結婚指輪があることを伝え、2人で探してみることをおすすめします。

予算の関係、習慣など、男性の意思によるもの

女性であれば、日ごろから指輪、ピアス、ネックレスなど、アクセサリーを着けることが当たり前の方も多いでしょう。しかし、男性にとってはアクセサリーは非日常の品物です。結婚指輪を着けることに違和感を覚える方も少なくありません。ただでさえ違和感を覚えるものですから、結婚指輪のような高価なものを敢えて買ってまで着けるよりは、「自分の分は買わずに予算を抑えよう」と考える男性もいます。

若いカップルなどであれば単純に予算の問題で男性の分を省略しようと考えている可能性もあります。もし、どうしても男性に結婚指輪を着けて欲しいと考えているのであれば、2人でよく話し合うことが大切です。

女性だけが結婚指輪を購入することってあるの?

話し合いを行ってもなお男性が「必要ない」と言う場合、女性だけが結婚指輪を購入することはあるのでしょうか。「仕方がないので自分の分だけでも購入しよう」と検討している女性も、やはり周りから非常識に思われないかや、結婚式でのセレモニーについて不安になっているかもしれません。ここでは、一般的に「女性だけが結婚指輪を購入するケース」に問題はないのかについてや懸念点、メリットをご紹介します。

非常識に思われないか心配

結婚指輪はペアで購入が常識と考える方も多いかもしれませんが、事情がある場合には、女性だけが結婚指輪を購入することもあり得ます。「結婚指輪はペアでないと売れません」とするお店もありませんから、女性だけが購入することは可能です。

お店側もそういったケースを経験していますから、恥ずかしいと思う必要もありません。男性の分を購入しないと決めたのであれば、女性の分だけを選びに行っても全く問題ないため、お店の方に気軽に相談してみましょう。

セレモニーはどうするの?

結婚指輪を女性しか着けない場合、結婚式のセレモニーで指輪の交換をする際はどうするのが良いのでしょうか。こういった場合は、男性用に比較的手の届きやすいなシルバーリングを購入したり、式場に借りたりすることで対応することが可能です。

男性から女性へのみ指輪を贈るセレモニーを行うことも可能ですから、担当のウエディングプランナーの方に相談してみると良いでしょう。「女性しか結婚指輪を着けないことでセレモニーができなくなる」ということはありませんので、2人で様々な方法を探ってみましょう。

女性だけが購入するメリットは?

経済的な理由で男性が購入しないという場合を除けば、女性だけが購入する場合「男性の分の予算を女性の分に回せる」というメリットがあります。
予算に余裕ができれば選択の範囲も広がりますし、男性の好みに合わせてデザインを選ぶ必要がなくなります。

ペアで結婚指輪を探すとなると、ユニセックスなデザインやシンプルなデザインが多くなります。ですが女性のみの購入の場合、装飾が多めの華やかなデザインがお好きな方でも自分の好みに合わせたデザインの結婚指輪を選ぶことができます。
結婚の記念になる大切な指輪ですから、予算に余裕を持ちながら自分のお気に入りの結婚指輪を選べるということは非常に大きなメリットとなります。

まとめ

まとめ

今回は、女性だけが結婚指輪を購入することについてご紹介しました。男性に「結婚指輪は必要ない」と言われたとしても、本当はペアで着けたいと考えているのであれば2人でよく話し合った方が良いでしょう。

男性にどうしても結婚指輪を着けられない特別な事情がある場合には、女性だけが結婚指輪を購入することも可能ですので、非常識と考える必要はありません。お店の方や、ウエディングプランナーの方に気軽に相談してみると良いでしょう。

I-PRIMOでは男性にも着けていただきやすいデザインの指輪や、低アレルギー素材の結婚指輪も取り扱っています。金属アレルギーで結婚指輪を着けられないとお考えの場合は、是非一度ご相談ください。