気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

婚約指輪を買うお金がないと嘆くあなたに

金銭的な余裕がない場合、婚約指輪の購入に踏み切れないという男性も少なくありません。 しかし、婚約指輪にはさまざまな種類のものが揃えられているため、限られた予算内でも婚約指輪を購入することは可能です。 手の届きやすい価格の婚約指輪にはどのような特徴があるかを知り、婚約指輪の購入を前向きに考えていきましょう。

婚約指輪を買うお金がないと嘆くあなたに

「給料の3ヵ月分」といわれることもある婚約指輪は、金銭的な余裕がない男性にとっては手を出しにくいかもしれません。
最近では婚約指輪なしのカップルも増えてきたものの、婚約指輪の有無がその後の結婚生活の満足度にもつながるという興味深い調査も発表されています。

そこで今回は、十分なお金がなくても婚約指輪を手に入れる方法についてご紹介します。

参考:「I-PRIMO プロポーズ意識調査 2019年度調査」

婚約指輪の相場

婚約指輪の相場

「婚約指輪を買うお金がない!」と嘆いている男性の中には、「給料の3ヵ月分も指輪に使えない」「金銭的に無理」などと考えている人も少なくありません。
しかし、現実には婚約指輪の平均相場は「約37万円」と給料の3ヵ月分よりも低く、「給料の3ヵ月分」と思っていた人にとっては、想像していたよりも手の届きやすい価格帯といえるのではないでしょうか。

参考:【2019年10月最新版】みんなはどれぐらい?婚約指輪・結婚指輪の平均的な値段(相場)

約37万円という平均相場はあくまでも平均値なので、ジュエリーショップには平均相場よりも低い価格の婚約指輪がたくさん揃えられています。

結婚指輪の平均相場は2人分で約25万と婚約指輪とくらべて手が届きやすい傾向にあり、ダイヤモンドの付いていないシンプルなデザインが多いという特徴があります。

お金がなくても婚約指輪を贈れる!

婚約指輪の平均相場は約37万円でしたが、実際には10万円以下の婚約指輪も充実しています。
「お金がないから婚約指輪を購入できない」と考えている場合は、さまざまなテクニックを駆使することで購入につなげることも十分に可能です。
ここでは、限られた予算内で婚約指輪を購入する方法について詳しくご紹介します。

小さなダイヤモンド

婚約指輪といえばダイヤモンドをあしらった華やかなデザインが特徴的で、約半数の人が「0.2~0.4カラット」の大きさのダイヤモンドを選んでいます。(参考:婚約指輪のダイヤ、平均の大きさは?1カラット、0.5カラット、0.3カラット?

ダイヤモンドが大きくなればなるほど価格も上がっていくため、予算内で購入できるダイヤモンドのカラットをお店の人に相談してみるのもいいでしょう。

ダイヤモンドのクオリティーを落とす

婚約指輪の値段を決めるのはカラット数だけではなく、ダイヤモンドの「グレード」や「カット方法」によっても大きな差が生まれます。
ダイヤモンドの価値を決める基準のことを「4C」といい、ダイヤモンドの「カラット」「カラー」「カット」「クラリティ」を示しています。

予算に限りがある場合は、これら4Cのクオリティーを落とすことで手の届きやすい価格帯に押さえることも可能です。
ダイヤモンドのカラーはグレードが高くなるほど透明度を増し、カット方法はダイヤモンドの輝きに強い影響を及ぼします。

透明度を表すクラリティはダイヤモンドの中に傷や内包物がないかどうかを示しています。
婚約指輪を購入する人の中には「せっかく購入するなら最上級のグレードのものを」と考えるケースもありますが、素人目線ではあまり差がわからないという人も少なくありませんので、ある程度クオリティーを落としてみるのもおすすめです。

セール期間中を利用する

ジュエリーショップによっては「連休期間中セール」「年末年始大セール」「店終い特別セール」といった催しを開催している場合もあるため、セール期間は通常価格では手の届かなそうな婚約指輪を購入できるチャンスです。
セール期間を見逃さないように、気になるショップのホームページは定期的にチェックしておくといいでしょう。

ローンで購入する

婚約指輪の支払い方法は人それぞれですが、一括で支払うことができない場合はローンを利用して購入するという方法もあります。
婚約指輪の相場価格が日本よりも高いアメリカでは、ブライダルローンを組んで大きなダイヤモンドが付いた婚約指輪を購入する男性も多くいます。

ジュエリーショップによっては無金利でローンを組んでくれるところもあるので、一度問い合わせてみるといいかもしれません。

婚約指輪の有無が結婚生活に影響する?

婚約指輪の有無が結婚生活に影響する?

I-PRIMOの調査「プロポーズ意識調査 2019年度調査」によると、婚約指輪を贈った(もらった)という夫婦は、そうではない夫婦よりも結婚生活における満足度が高いという事実が明らかになりました。

「お金がない」「女性からいらないといわれた」など、婚約指輪を贈らない理由はさまざまですが、婚約指輪を贈るというのは「男性の意思表示や覚悟」の証にもなります。

結婚生活の中には、幸せなときもあれば辛いときもあるものです。夫婦喧嘩をしてしまった場合でも、男性の愛情が込められた婚約指輪を眺めることで、初心を思い返すことができる日もあるでしょう。

婚約当初「婚約指輪はいらない」と思っていても、数年経ってから「安くてもいいから婚約指輪をもらっておけばよかった」という気持ちが強くなる可能性もあります。
結婚指輪がないからといって必ず離婚につながるわけではありませんが、女性の本心を見極め婚約記念品を贈ることで、より女性を喜ばせることができるでしょう。結婚生活において、男性の「相手を喜ばせたい」という思いやりある気持ちは、なによりも大切です。

婚約指輪が離婚率上昇につながるかどうかについて、詳しく知りたい人はこちらからご覧ください。
「婚約指輪なしだと離婚率は上がる?相手の女性のことをよく考えよう」

まとめ

婚約指輪は結婚の証として男性から女性へ贈る指輪なので、結婚指輪よりも強い「男性の決意」が感じられます。婚約指輪なしのカップルも珍しくありませんが、さまざまな調査結果からも婚約指輪があった方がいいと考えることもできます。I-PRIMOでは、さまざまな価格帯の婚約指輪を取り扱っています。ダイヤモンドの大きさが控えめなタイプもあるので、予算に合わせ選んでみてください。