気になる!結婚事情

プロポーズや婚約指輪の意義、結婚指輪の選び方、結婚式までの準備など、結婚にまつわるいろいろについて解説します。

いつまでもキレイに!結婚指輪の傷を防ぐには?

大切な結婚指輪、肌身離さず身につけておきたい気持ちがある一方で、傷をつけたくないという女性は多いですよね。結婚指輪の傷をできるだけ防ぐための方法についてお伝えします。

夫婦の証とも言える結婚指輪。
「気に入ったものを選んで肌身離さず身につけておきたいけど、傷がついてしまうのが心配……」という女性は多いですね。いくら毎日身につけるものだからといって、すぐに傷だらけになってしまってはちょっと悲しいですよね。買ったばかりのピカピカの状態をできるだけ長く保っていくためのコツをご紹介します。
28
【傷つきにくい素材の結婚指輪を選ぶ】
これから結婚指輪を選ぶのであれば、「傷つきにくさ」を重視して素材を選ぶという方法があります。結婚指輪の素材として人気のプラチナやゴールドは、本来とてもやわらかい金属。このため、結婚指輪として加工する際には、他の金属を配合することで強度を高めるのが一般的です。プラチナの場合は、パラジウムなどが配合されます。結婚指輪には主に純度95%のPt950か、純度90%のPt900が使われます。プラチナの純度が高いほど柔らかく、傷がつきやすいということを頭に入れておくと良いでしょう。ゴールドの場合、純度100%の24Kは傷つきやすいため、結婚指輪には一般的に18Kや14Kが用いられます。ゴールドも純度が高いほど傷つきやすくなりますが、一方で配合される金属の割合が多いと変色しやすくなることもあるので注意したいですね。傷つきにくさという観点で選ぶのであれば、チタンやステンレスなどの強度のある素材を選ぶのもおすすめです。ただし、硬い金属には加工の難しいものも多いため、将来、サイズ直しなどの対応ができないものもあるのであらかじめ確認しておきましょう。
29

【指輪が傷つきやすい場面を知っておく】
どんなタイミングで傷がつくかは予測しづらいものですが、特に傷がつきやすい行動や場面があるのも事実です。そうした場面を知っておくことも、指輪の傷をできるだけ防ぐことにつながります。

・調理や配膳などの時
鍋や食器など、硬いものを持って動かすことが多い調理・配膳時は、指輪に細かい傷がついてしまいやすいです。衛生面のことなども考慮して、キッチンで作業する時には指輪をはずす習慣をつけるのもありかもしれませんね。
・スポーツ、アウトドアなどの時
ボールやラケットを握ったり、腕に衝撃が加わったりすることの多いスポーツは、指輪の変形の原因になることがあります。また、砂や岩などに触れる機会の多いアウトドアでは細かい傷がつきやすいということも覚えておきましょう。
・スキンケアやメイクの時
こちらは傷というよりも、汚れやくもりの原因になりがちです。化粧品に含まれる油分が付着することで輝きがくもりやすくなります。
・温泉に入る時
温泉でアクセサリーが変色してしまった!というのはよく聞く話です。温泉に含まれる硫黄などの成分と金属が化学反応を起こしてしまうためです。特にシルバーや、銅を含むピンクゴールドなどは変色しやすいので注意しましょう。プラチナやゴールドは変色に強いですが、強度を出すために配合されている金属が反応して変色することもあるため、はずしておく方が良いでしょう。

傷を避けるために指輪をこまめにはずす場合は、なくしてしまわないように注意することも大切です。普段から、はずした時の置き場所をしっかりと決めておくようにしたいですね。どんなに気をつけていても、毎日身につけていれば傷はついていくものです。だけど、傷に無頓着でいる場合と、できるだけ傷つかないように気を使っていた場合では、やはり時間が経つにつれて輝きに差が出てくるものです。できる範囲で、結婚指輪を傷から守って大切にしていきたいですね。